最新ニュース:詳細
画面を閉じる

 

 

タイトル

2012年2月更新の素材情報データベース II

本文

2012年2月25日〜29日の素材情報の更新は下記の通りです。

●「ウイキョウ (フェンネル) 」安全性:危険情報 (120229)
・ラミクタール300 mg/日の服用で症状の安定していたてんかん患者の38歳女性 (モロッコ) が、フェンネルオイル入りのケーキ5〜6個 (フェンネル含有量不明) を摂取し、2時間後にてんかん発作に伴う不随意性下痢を起こし、45分間意識不明になったという報告がある (PMID:21865126)
(PMID:21865126) Epileptic Disord. 2011 Sep;13(3):345-7.

●「カルシウム」「ビタミンD」有効性:骨・筋肉 (120228)
<骨に対する有効性が示唆された報告>
・思春期前の一卵性双生児の女児20組 (9〜13歳、試験群20名、オーストラリア) を対象とした無作為化プラセボ比較試験において、カルシウムを800 mg/日+ビタミンD3を400 IU/日、6ヶ月間摂取させたところ、脛骨および橈骨における骨密度、骨強度の増加が認められた (PMID:20544178)
(PMID:20544178) Osteoporos Int. 2011 Feb;22(2):489-98.

●「コーヒー」「チャ (茶)」有効性:免疫・がん・炎症 (120227
・14報の前向きコホート研究のデータを用いたプール分析において、コーヒー、茶、砂糖入り炭酸飲料の摂取は、前立腺がんの発症リスクに影響は与えなかったという報告がある (PMID:22194529)
(PMID:22194529) Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2012 Feb;21(2):305-18.

●「コーヒー」「チャ (茶)」有効性:免疫・がん・炎症 (120227)
・13報の前向きコホート研究のデータを用いたプール分析において、コーヒー、砂糖入り炭酸飲料の摂取は、結腸がんの発症リスクに影響は与えず、茶の多量摂取はリスクの増加と関連が認められたという報告がある (PMID:20453203)
(PMID:20453203) J Natl Cancer Inst. 2010 Jun 2;102(11):771-83.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.