最新ニュース:詳細
画面を閉じる

 

 

タイトル

【素材情報データベース|更新】2022年1月掲載情報一覧 (更新中)

本文


トップページ最新ニュース> 現在のページ

2022年1月の素材情報の更新は下記の通りです。



●「コラーゲン 」安全性:危険情報 (220117)
・68歳男性 (日本) が、コラーゲン含有健康食品を普段から摂取していたところ (摂取量、期間不明) 、夕食後に低血糖を生じて緊急入院し、高インスリン血性低血糖、汎下垂体機能低下症が認められた。DLSTで摂取していた健康食品に陽性を示し、当該製品によるインスリン自己免疫症候群と診断された (2017322168) 。
(2017322168) 糖尿病. 2017;60(5):391.


●「コロハ、フェネグリーク、フェヌグリーク 」有効性:循環器・呼吸器 (220113)
・2019年6月までを対象に5つのデータベースで検索できた無作為化比較試験3報 (検索条件:期間≧2週間) について検討したメタ分析において、健康成人によるコロハの摂取は、体重、血中脂質 (TC (3報) 、HDL-C (3報) 、TG (3報)) との関連は認められなかった (PMID:32087319)
(PMID:32087319) J Ethnopharmacol. 2020 May 10;253:112538.


●「カゼインホスホペプチド (CPP) 」有効性:その他 (220112)
・健康な中学生1,749名 (試験群892名、平均12.7±0.36歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、CPP-ACP 54 mg含有無糖チューインガム10分間×3回/日を2年間摂取させたところ、CPP-ACP不含無糖チューインガムと比較し、第一小臼歯から第二大臼歯までの隣接面におけるう蝕の進行抑制が認められた (PMID:18446025)
(PMID:18446025) Caries Res. 2008;42(3):171-84.


●「カツオ (鰹) 」有効性:その他 (220111)
・肌荒れを自覚している健康な成人32名 (試験群16名、平均42.8±6.5歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、カツオエラスチン75 mg含有サプリメントを就寝前に8週間摂取させたところ、右頬の皮膚弾力性 (戻り率) 、血流、キメ個数、右足背部の皮膚水分量の増加、上背部の皮膚水分蒸散量の抑制、肌状態の主観評価32項目中3項目 (目元・口元のかさつき、全身の肌のかさつき、爪のつや・固さ) の改善が認められた。一方、角層細胞面積、重層剥離率に影響は認められなかった (2021196602) 。
(2021196602) 機能性食品と薬理栄養. 2021;14(5):269-283.


●「ゴマ」(220106)
・全体見直し。


●「ミドリムシ、ユーグレナ」(220106)
・全体見直し。


●「難消化性デキストリン」有効性:糖尿病・内分泌 (220106)
・健康な成人28名 (平均41.1±8.6歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ対照試験において、朝食にジャム (総炭水化物量10.4 g) とともにイソマルトデキストリン2.93 g含有パン1個と通常のパン1個を摂取させたところ、通常のパン2個 (総炭水化物量69.8 g) を摂取させた場合と比較し、糖代謝マーカー (食後120分までの血糖、Cmax、AUC) に影響は認められなかった (2020076091) 。
(2020076091) 診療と新薬. 2019;56(5):358-64.


●「カテキン」有効性:肥満 (220105)
・普通または過体重かつ総コレステロール値がやや高めの成人73名 (試験群38名、平均45.8±1.7歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、昼夕の食事の際にガレート型カテキン169.7 mg (総カテキン183.4 mg) 含有飲料×2本/日を12週間摂取させたところ、ガレート型カテキン2.8 mg (総カテキン7.2 mg) 含有プラセボ飲料と比較し、BMI、ウエスト周囲径に影響は認められなかった (2008058738) 。
(2008058738) 日本臨床栄養学会雑誌. 2007;29(2):72-80.


●「ブロンドサイリウム、サイリウム、プランタゴ・オバタ」有効性:循環器・呼吸器 (220104)
・高コレステロール血症の男性26名 (試験群13名、平均47.6歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、食前にサイリウム親水性ムシロイド3.4 g×3回/日を8週間摂取させたところ、血中脂質 (TC、LDL-C) の低下が認められた。一方、血中脂質 (HDL-C、TG、LDL-C/HDL-C比) に影響は認められなかった (PMID:3277558)
(PMID:3277558) Arch Inten Med. 1988;148(2):292-6.



<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>


© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.