最新ニュース:詳細
画面を閉じる

 

 

タイトル

【素材情報データベース|更新】2020年11月掲載情報一覧 (更新中)

本文

トップページ最新ニュース > 現在のページ


2020年11月の素材情報の更新は下記の通りです。

●「コレウス・フォルスコリー、カリウス・フォレスコリー、コレウス」安全性:医薬品等との相互作用 (201126)
・動物実験 (マウス) において、コレウス・フォルスコリー抽出物 (10%フォルスコリン含有) は肝臓および小腸のCYP1A1、CYP1A2、CYP1B1、CYP2E1遺伝子発現に影響を及ぼさなかったが、CYP2B10、CYP2C29、CYP3A11遺伝子発現およびCYP1A1、CYP1A2、CYP2C、CYP3A活性を誘導した (PMID:31902916)
(PMID:31902916) Biol Pharm Bull. 2020;43(1):116-123.


●「カカオ」「タマネギ」「ショウガ (生姜、生薑)」「ケイパー、ケッパー、セイヨウフウチョウボク」安全性:医薬品等との相互作用 (201125)
・妊婦 (年齢不明、イタリア) が、妊娠中の体重管理のためにポリフェノール豊富な地中海食 (主にカカオ豆含有シリアル、レッドオレンジ、オレンジジュース、春野菜、ソラマメ、ケイパー、タマネギ、ショウガを含む、摂取量不明) を妊娠期間中継続し、妊娠38週の帝王切開4日前から自己判断で鎮痛のためにパラセタモール (解熱鎮痛薬:CYP2E1 基質) 3,000 mg/日を服用したところ、出生した女児に収縮期心雑音、動脈管早期閉鎖、重度の心筋症、右心室機能不全、肺動脈狭窄、AST、トロポニン上昇、軽度の呼吸窮迫症候群が認められたが、加療により改善した (PMID:29343586)
(PMID:29343586) Pediatrics. 2018 Feb;141(2):e20163850.


●「フラクトオリゴ糖」(201124)
・全体見直し。


●「乳酸菌、ビフィズス菌など」有効性:循環器・呼吸器 (201124)
・高齢者施設に入居している健康な高齢者196名 (試験群100名、平均85.2±7.1歳、カナダ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、Lactobacillus rhamnosus GG 10 (10) cfu含有カプセルを2カプセル/日、6ヶ月間摂取させたところ、ウイルス性呼吸器感染症、インフルエンザ様症状の発症、抗菌薬の処方、呼吸器疾患による受診または救急搬送、下気道感染症または肺炎の発症、これによる入院または死亡、全死亡のリスクに影響は認められなかった (PMID:29741754)
(PMID:29741754) J Am Geriatr Soc. 2018 Jul;66(7):1346-1352.


●「カフェイン」「ガラナ」安全性:医薬品等との相互作用 (201119)
・抗リン脂質抗体症候群でワルファリン (抗凝固薬:CYP1A2、CYP2C9、CYP3A4基質) 20 mg/日を服用中の27歳女性 (ブラジル) が、2 L/日以上の高カフェインガラナ飲料を1週あたり6日間摂取したところ (期間不明) 、コントロール不良 (INR 1.3未満) の状態が続いた。ガラナ飲料の摂取中止によりワルファリン7.5 mg/日の服用でINRが目標範囲に達したが、ガラナ飲料再摂取5日後にINRは1.2まで低下した (PMID:21852006)
(PMID:21852006) Int J Cardiol. 2012 Apr 5;156(1):e4-5.


●「ニンニク、セイヨウニンニク、ガーリック、オオニンニク、ダイサン」有効性:循環器・呼吸器 (201118)
・糖尿病患者65名 (試験群36名、平均59.4±11.2歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、熟成ニンニク抽出物2,400 mg/日を1年間摂取させたところ、左心室心筋重量に影響は認められなかった (PMID:32010324)
(PMID:32010324) Exp Ther Med. 2020 Feb;19(2):1468-1471.


●「セイヨウオトギリソウ 、セントジョーンズワート、ヒペリクムソウ」安全性:医薬品等との相互作用 (201116)
・脂質異常症のためロスバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP2C9基質) 10 mg/日を服用しコントロール良好であった59歳男性 (アメリカ) が、不眠症のためにハーブサプリメント (セイヨウオトギリソウ300 mg+ローズマリー80 mg+スピルリナ40 mg含有) 2個/日を併用したところ、4ヶ月後の検査で総コレステロールおよびLDLコレステロールの著しい上昇が認められた。ハーブサプリメントの摂取中止により、4ヶ月で改善した (PMID:19185075)
(PMID:19185075) Am J Med. 2009 Feb;122(2):e1-2.


●「青汁」安全性:医薬品等との相互作用 (201112)
・青汁に含まれる金属カチオンはフルオロキノロン類 (抗菌薬) とキレートを形成するため、フルオロキノロン類 (抗菌薬) の消化管吸収を阻害する可能性がある (2007331809) 。
(2007331809) 医療薬学.2007;33(6):534-539.


●「ブドウ」安全性:医薬品等との相互作用 (201111)
・44歳女性 (ドイツ) が、レーズン100〜150 g/日を含む食事を1年以上、日常的に摂取していたところ、重度の鉄欠乏性貧血を生じ、鉄剤の服用により3ヶ月で回復した。その後もレーズン摂取を継続したところ、9ヶ月後に倦怠感、頭痛、舌の灼熱感、運動耐性低下、顔面蒼白、萎縮性舌炎を生じ、ヘモグロビン、MCV、MCHの低下が認められ、長期にわたる鉄欠乏性貧血が疑われた。レーズンの摂取を中止した場合、経口鉄吸収試験では異常を認めず、再摂取により血清鉄、網状赤血球数の減少が認められたことから、レーズンの摂取を完全に中止したところ3週間後に回復した (PMID:24262730)
(PMID:24262730) Am J Med. 2013 Dec;126(12):e1-2.


●「ビタミンC (アスコルビン酸)」有効性:免疫・がん・炎症 (201109)
・2018年3月までを対象に6つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ対照試験9報について検討したメタ分析において、ビタミンCサプリメント摂取は、風邪の罹患期間 (7報) 、在宅隔離期間 (3報)、鼻づまり・鼻水症状 (3報) 、咽頭痛 (2報) 、四肢・筋肉の痛み (2報) との関連は認められなかった (PMID:30069463)
・2018年3月までを対象に6つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ対照試験9報について検討したメタ分析において、風邪症状発症後のビタミンCサプリメント摂取は、風邪の罹患期間 (5報) 、鼻づまり・鼻水症状 (2報) との関連は認められなかった (PMID:30069463)
(PMID:30069463) Biomed Res Int. 2018 Jul 5;2018:1837634.


●「チャ (茶)」「カテキン」安全性:医薬品等との相互作用 (201105)
・健康な成人11名 (20〜63歳、日本) を対象としたオープンラベルクロスオーバー無作為化比較試験において、緑茶150 mL (EGCG 100 mg/dL含有) をナドロール (β遮断薬) 30 mgと同時または服用1時間前に単回摂取させたところ、いずれのタイミングにおいてもナドロールのTmax(中央値)、腎クリアランス、薬効 (心拍数、血圧) に影響を及ぼさなかったが、血中濃度 (Cmax、AUC)および尿中排泄率が低下した (PMID:32320490)
(PMID:32320490) Br J Clin Pharmacol. 2020 Apr 22;86(11):2314-2318.


●「ハイビスカス、ロゼル、ローゼル、ロゼルソウ」安全性:医薬品等との相互作用 (201104)
・非小細胞肺癌のためにエルロチニブ (抗がん剤:CYP3A4、CYP1A2基質) を5年間服用中の女性 (年齢不明、フランス) が、ハイビスカス花の茶を日常的に摂取していたところ (摂取量、期間不明) 、重度の皮膚障害を認めたが、ハイビスカス花の茶の摂取中止と加療により改善した (PMID:28434514)
(PMID:28434514) J Thorac Oncol. 2017 May;12(5):e47-e48.


●「n-3系不飽和脂肪酸」有効性:脳・神経・感覚器 (201101)
・2011年9月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験12報について検討したメタ分析において、n-3系不飽和脂肪酸摂取は、認知機能の変化との関連は認められなかった。サブグループ解析では、n-3系不飽和脂肪酸摂取が低用量 (1.73 g/日以下) の場合、認知機能低下の抑制が認められた。一方、1.73 g/日を超えて摂取した場合、認知機能の変化との関連は認められなかった (PMID:25278774)
(PMID:25278774) Int J Gen Med. 2014 Sep 19;7:463-73.




<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>


© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.