最新ニュース:詳細
画面を閉じる

 

 

タイトル

【新型コロナ】「感染症予防にプロバイオティクスが効く」等の情報に注意

本文

トップページ最新ニュース新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について (更新中) > 現在のページ




更新日:2021/7/21
プロバイオティクス (乳酸菌・ビフィズス菌など) が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に対しても効果があるようにうたう宣伝が見受けられますが、現時点ではそのような効果は確認されていません。

同じウイルス性感染症であるインフルエンザの予防に対する効果を検討した論文を検索したところ、予防効果を検討した論文は見つかりませんでした。健康な成人でプロバイオティクスの摂取により風邪やインフルエンザで見られる症状の累積罹患率 (注) や症状が出た日数の減少が認められた論文が2報見つかりましたが、成人を対象とした別の検討では、風邪の罹患や、風邪やインフルエンザで見られる症状の累積罹患率に影響は認められませんでした。

(注) この本文中における「累積罹患率 (るいせき りかんりつ) 」とは
一定期間あるグループで、風邪やインフルエンザの症状が確認された人の割合のこと

また、呼吸器感染症への効果でみると、呼吸器感染症の発症数の減少が認められた論文が3報見つかりましたが、幼児や高齢者で発症数に影響が認められなかったという論文が3報ありました。

プロバイオティクスの効果は、プロバイオティクスの種類や形体 (ヨーグルトや飲料など) 、摂取する人の年齢、体調、体質にも依存すると考えられます。

現時点では、インフルエンザやウイルス性呼吸器疾患などに対して「プロバイオティクスが効く」といえる十分な情報は見当たりません。新型コロナウイルス感染症に対して検討した論文も見当たりませんので、情報の拡大解釈にはご注意ください。

新型コロナウイルスに対しては、手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう。

新型コロナウイルス感染予防のために (厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kenkou-iryousoudan.html

素材情報データベースはこちら→乳酸菌、ビフィズス菌など


(参考文献)
高齢者において、特定の乳酸菌 (L. rhamnosus.) の摂取は、ウイルス性呼吸器感染症に影響は認められなかった。
(PMID:29741754) J Am Geriatr Soc. 2018 Jul;66(7):1346-1352.
健康な成人において、風邪やインフルエンザ様症状の累積罹患率は、特定のビフィズス菌 (B. bifidum) で減少が認められたが、乳酸菌 (L. helveticus) 、ビフィズス菌 (B. infantis) では影響が認められなかった。
(PMID:25604727) Br J Nutr. 2015 Feb 14;113(3):426-34.
健康な成人において、特定の乳酸菌 (L. lactis.) の摂取は、インフルエンザ様症状のうち咳や発熱症状の累積日数の減少に影響が認められたが、インフルエンザ様症状や風邪の発症数に影響は認められなかった。
(PMID:26234407) Br J Nutr. 2015 Sep 14;114(5):727-33.
健康な成人において、特定の乳酸菌 (L. lactis) の摂取は、風邪やインフルエンザ様症状の累積罹患率に影響は認められなかった。
・Journal of Functional Foods 2016;24:492-500
急性上気道感染症の発症数の減少との関連が認められた。
(PMID:25927096) Cochrane Database Syst Rev. 2015 Feb 3;(2):CD006895.
幼児において、特定の乳酸菌 (L. rhamnosus.) の摂取は、ウイルス性呼吸器感染症の発症数に影響は認められなかった。
(PMID:23794458) J Med Virol. 2013 Sep;85(9):1632-8.
子どもにおいて、呼吸器感染症の発症数の減少との関連が認められた。
(PMID:27495104) Eur J Pediatr. 2018 Jul;177(7):979-994.
特定の乳酸菌で呼吸器感染症の期間の短縮が認められたが、特定のビフィズス菌では認められなかった。
(PMID:29752587) Medicine (Baltimore). 2016 Aug;95(31):e4509.
通所高齢者において、特定の乳酸菌 (L.casei YIT 9029.)の摂取は、急性上気道感染症の発症者数に影響は認められなかった。
(PMID:23890374) Am J Infect Control. 2013 Dec;41(12):1231-5.
低栄養の幼児において、特定の乳酸菌 (L. casei YIT 9029) の摂取は、急性呼吸器感染症の発症率の減少が認められた。
(PMID:32981933) Eur J Clin Nutr. 2021 Mar;75(3):513-520.
健康な成人において、風邪の罹患者数や累積罹患率、重症度に影響は認められなかった。
(PMID:33296464) J Nutr. 2021 Jan 4;151(1):214-222.

「健康食品」の安全性・有効性情報→ 「トップページ
当サイト内「最新ニュース」→「新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について (更新中)




<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>


© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.