健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

クワ、マルベリー [英]Mulberry [学名]Morus alba

概要

クワは、東アジア原産のクワ科の落葉高木。果実や葉を食用とするほか、果実は着色に用いられる。クワの根皮は生薬の桑白皮として使用され、日本においても、根皮は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に分類されるため食品に用いることはできない。


●有効性
俗に、「血糖値の上昇を抑える」「ダイエットによい」などと言われているが、食品として流通しているクワの有効性については、情報の信頼性が高いとされる研究方法で検討した報告は見当たらない、もしくは十分ではない。


●安全性
葉の粉末や抽出物を適切に摂取する場合、安全性が示唆されているが、果実には信頼できる十分な情報が見当たらない。妊娠中・授乳中は安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため、サプリメントなど濃縮物の自己判断での摂取を控えること。2型糖尿病患者の摂取は注意が必要であるため、自己判断でのサプリメントの摂取は控えること。



同じクワ属の植物であるクロミグワの情報はこちらを参照

▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
・ソウハクヒ (クワ/マグワ) 根皮、1-デオキシノジリマイシン:「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に該当する。
・クワ (ソウジン/ソウヨウ/マグワ) 葉・花・実 (集合果):「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当する。
・マルベリー 小梢・葉:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当する。

■日本薬局方
・ソウハクヒ (桑白皮) が収載されている。

■食品添加物
・天然香料基原物質リスト
 クワ (マルベリー)が収載されている。
・一般飲食物添加物
 マルベリー色素 (アントシアニン/アントシアニン色素/果実色素/ベリー色素):着色料

成分の特性・品質

主な成分・性質

・葉にイミノシュガー (ファゴミン、DNJ) 、イノシトールなどを含む (PMID:23550565)
・フラボン、ベンゾフラン誘導体、アルカロイド等を含む (102) 。

分析法

・イミノシュガー、イノシトールなどをGC-MSで分析した報告がある (PMID:23550565)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

RCT:国内
・軽度便秘傾向の男性10名 (平均31.5±10.2歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ対照試験において、乾燥クワ葉5.3 g/日を2週間摂取させたところ、排便回数、排便日数、排便量に影響は認められなかった (2007288750) 。

糖尿病・
内分泌

RCT:国内
【機能性表示食品】 血糖値が高めの成人74名 (平均47.7±11.2歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ対照試験において、負荷食 (白飯、ふりかけ) とともにクワ葉抽出物500 mgを単回摂取させたところ、糖代謝マーカー (食後30分、60分後の血糖、血糖Cmax) の上昇抑制が認められた。一方、糖代謝マーカー (食後180分までの血糖AUC) に影響は認められなかった (2021042609) 。
【機能性表示食品】 血糖値が高めの成人60名 (日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、夕食とともにクワ葉抽出物250 mg/日 (20名、54.0±8.9歳) または500 mg/日 (20名、54.0±5.8歳) を12週間摂取させたところ、500 mg摂取群においてのみ、糖代謝マーカー (負荷食 (白飯、ふりかけ) 摂取30分、60分後の血糖) の上昇抑制が認められた。一方、いずれの群においても糖代謝マーカー (食後180分までの血糖AUC、空腹時血糖、HbA1c、HOMA-IR) に影響は認められなかった (2021087624) 。
【機能性表示食品】 健康な成人22名 (平均37.1±11.4歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ対照試験において、負荷食 (白飯) の5〜10分前にクワ葉粉末1 g (イミノシュガー2.416 mg含有) を摂取させたところ、糖代謝マーカー (食後30分、60分後の血糖、血糖AUC、Cmax) の上昇抑制が認められた (2021087630) 。
RCT:海外
・2型糖尿病患者24名 (試験群12名、平均57±5.5歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、クワ葉抽出物1,000 mg×3回/日を3ヶ月間摂取させたところ、HbA1cに影響は認められず、血中クレアチニンが上昇した (PMID:28619294)
・空腹時血糖値が高めの成人38名 (試験群19名、平均53.00±7.20歳、韓国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、クワ葉抽出物5 g/日を食事とともに4週間摂取させたところ、糖代謝マーカー (負荷食 (パン、ジャム) 摂取30分後の血糖、インスリン、Cペプチド、60分後の血糖、インスリン、およびインスリンAUC) 上昇の抑制が認められた。一方、血糖AUC、CペプチドAUCに影響は認められなかった (PMID:25343729)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

-



安全性

危険情報

<一般>
・根皮および1-デオキシノジリマイシンは、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分されるため、食品に使用することは認められていない。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

<被害事例:国内>
・アレルギー性鼻炎、肺炎の既往歴がある25歳女性 (日本) が痩身のためクワ葉由来デオキシノジリマイシンとキトサンを含む健康食品を不定期に摂取していたところ (摂取量不明) 、10日目頃から咳、16日目から呼吸困難、頭痛、痰、発熱を生じたため摂取を中止し、市販薬を服用したが改善せず受診。急性好酸球性肺炎と診断され、加療により改善した (PMID:16502864)

<被害事例:海外>
【果実が関連したアレルギーの被害事例】

・喘息、イネ科およびオリーブ花粉症の12歳女児 (イタリア) が、クワ果実を摂取した数分後 (摂取量不明) の口唇および咽頭の浮腫、掻痒発症を2回経験。生イチジクの摂取によってもアレルギー症状 (呼吸困難、窒息感、口唇、舌、咽頭の腫脹、掻痒) を生じ、クワとイチジクの交差反応によるアレルギーと診断された (PMID:14692435)
・慢性アレルギー性鼻炎の既往歴があり、複数回の生イチジク摂取後のアレルギー発症経験がある47歳男性 (イタリア) が、クワ果実、クロミグワ果実を摂取した際にも全身性掻痒、急性じんましん、激しい腹痛を生じて、クワとイチジクの交差反応によるアレルギーと診断された (PMID:14692435)
・花粉による鼻炎、喘息があり、バラ科果物による口腔アレルギー症候群発症の経験がある46歳女性 (スペイン) が、クワ葉に近づいた際に喘息症状を複数回経験し、クワ果実を摂取したところ (摂取量不明) 、アナフィラキシー症状を呈した (PMID:9404572)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<動物・試験管内>
・動物実験 (ラット) において、クワ果実抽出物は、シクロスポリン (免疫抑制剤:CYP3A4、P糖タンパク質基質) の平均滞留時間に影響を及ぼさなかったが、血中濃度 (AUC、Cmax) を低下させた (PMID:23590720)
・in vitro試験 (ヒト結腸腺がん細胞) において、クワ果実抽出物は、CYP3A4活性を抑制し、P糖タンパク質活性を誘導した。一方、クワ果実抽出物の代謝物はCYP3A4活性を誘導した (PMID:23590720)
・in vitro試験 (ヒト胎児腎細胞) において、クワ葉抽出物は、OATP2B1活性を阻害した (PMID:16415120)

動物他での
毒性試験

1. LD50 (半数致死量)
・根皮水またはエタノール抽出物を投与:マウス経口10 g/kg (22) 。
・葉水抽出物を投与:マウス経口5 g/kg以上、ラット経口5 g/kg以上 (22) 。
2. TDLo (最小中毒量)
・根皮70%エタノール抽出物を投与:マウス経口 (間欠的) 600 mg/kg/3日 (炎症) (91) 。
・根皮水抽出物を投与:マウス経口 (間欠的) 8.4 g/kg/6週間 (免疫、炎症) (91) 。
・葉エタノール抽出物を投与:マウス経口75 mg/kg,、(間欠的) 2 g/kg/4日 (栄養代謝) 、(間欠的) 32 g/kg/32日 (肝臓) (91) 。
・果実エタノール抽出物 (多糖画分) を投与:ラット経口 (間欠的) 2.8 g/kg/1週間、19.6 g/kg/7週 (内分泌) (91) 。
・凍結乾燥果実を投与:ラット経口 (連続的) 84 g/kg/4週、168 g/kg/4週 (肝臓、代謝、血液組成、酵素阻害・誘導) (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・葉、果実、根皮、小枝:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・葉粉末や抽出物は、適切に摂取する場合、安全性が示唆されている。
・果実には信頼できる十分な情報が見当たらない。
・妊娠中および授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため、サプリメントなど濃縮物の自己判断での摂取を控えること。
・2型糖尿病患者の摂取は注意が必要であるため、自己判断でのサプリメントの摂取を控えること。
・根皮および1-デオキシノジリマイシンは、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分されるため、食品に使用することは認められていない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・情報の信頼性が高いとされる研究方法で検討した報告は見当たらない、もしくは十分ではない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(24) 漢方薬理学 南山堂 高木敬次郎ら 監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) 中薬通報. 1987;12(6):57.
(102) 日本薬理学雑誌. 1960;56:704.
(PMID:12236672) J Agric Food Chem. 50(20): 5513-5519, 2002.
(PMID:16729670) Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 2006; 47(2): 85-8.
(PMID:23590720) J Agric Food Chem. 2013 May 8;61(18):4464-9.
(PMID:16415120) Drug Metab Dispos. 2006 Apr;34(4):577-82.
(2007288750) 健康・栄養食品研究. 2006;9(3-4):29-3.
(PMID:25343729) J Med Food. 2015 Mar;18(3):306-13.
(PMID:14692435) Ann Allergy Asthma Immunol. 2003 Nov;91(5):493-5.
(PMID:9404572) Allergy. 1997 Nov;52(11):1144-5.
(PMID:28282296) J Complement Integr Med. 2017 Mar 1;14(1).
(PMID:16502864) 日本呼吸器学会雑誌. 2006;44(1):34-8.
(2021042609) 薬理と治療. 2020;48(4):633-41.
(2021087624) 薬理と治療. 2020;48(5):801-10.
(2021087630) 薬理と治療. 2020;48(5):859-65.
(PMID:23550565) J Agric Food Chem. 2013 May 15;61(19):4539-45.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.