健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

メラトニン、松果体ホルモン [英]Melatonin [学名]-

概要

メラトニンは松果体で分泌されるホルモンであり、アミノ酸のトリプトファンからセロトニンを経由して合成される生理活性アミン誘導体である。メラトニンの合成は昼間 (明期) に抑制され、夜間 (暗期) は促進されるというように明暗サイクルと関連している。このことからメラトニンは、睡眠・覚醒周期などの生体の日内リズムや内分泌系を制御する働きをもつと考えられている。またメラトニンは視床下部でのゴナドトロピン放出ホルモンの分泌抑制を介して結果的に性腺刺激ホルモン合成を抑制し、生殖腺の機能や発育を抑制する。海外ではサプリメントとして市販されているが、日本では食品として製造、輸入、販売することは法律で認められていない。俗に、「眠りを助ける」「時差ボケによい」「若返り効果がある」「免疫力を高める」「ストレスを軽減させる」「抗がん作用がある」などと言われているが、睡眠障害などに対して有効性が示唆されているものの、医薬品に区分される成分であり、作用が強いため、医療従事者の管理下で使用する必要がある。安全性については、適切に短期間摂取した場合おそらく安全であるが、妊娠中の摂取は危険性が示唆されており、授乳中の摂取は十分な情報がないため避ける。また小児では生殖腺の発達に影響を及ぼす可能性があるため注意が必要である。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。