健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

ルイボス [英]Rooibos、Red bush tea、 Kaffree tea [学名]Aspalathus linearis

概要

南アフリカの高地に自生する0.5〜2 mのマメ科の低木。10〜40 mmの針状の葉をもち、春から初夏に小さな黄色い花をつける。古くから南アフリカの先住民に発酵茶として利用されてきた。茶葉を発酵させて橙紅色になることから現地では「紅茶」と呼ばれ、植物自体の名前が「赤い (=ROY) 灌木 (=BOSS)」となったとされる。カフェインを含まないことが特色といわれている。俗に、「イライラを静める」「喘息、花粉症、アレルギー性皮膚炎によい」「美容によい」と言われているが、ヒトにおける安全性・有効性については、調べた文献中にデータが見当たらない。通常のお茶として摂取する場合は安全と思われるが、大量摂取ならびに妊娠中・授乳中の安全性に関してはデータが見当たらない。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。