健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

サーデンペプチド、サーディンペプチド [英]Sardine peptide [学名]-

概要

サーデンペプチド (イワシペプチド) は、イワシの筋肉タンパク質をアルカリプロテアーゼで処理し、アンギオテンシン変換酵素 (ACE) 阻害作用の強いペプチド分画をカラム処理によって分離調製したものである。その分画はアミノ酸が2〜10個程度つながったオリゴペプチドから構成されており、その中で高濃度に存在しているVal-Try (バリルチロシン) が主要なACE阻害成分とされている。バリルチロシンは消化管プロテアーゼの作用を受けにくいが、降圧作用に対する寄与率はペプチド分画中の5%程度と報告されている。


●有効性
俗に、「血圧の上昇を抑える」などと言われるが、人においては信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性については、信頼できる十分な情報が見当たらない。



▼他の素材はこちら