健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ノコギリヤシ、ソウパルメット、ノコギリパルメット [英]Saw palmetto、Sabal palm [学名]Serenoa serrulata (Michx.) G.Nichols、Serenoa serrulata (Michx.) Nutt. Ex Schult. Et Schult.、Serenoa repens (W.Bartram) Small.

概要

ノコギリヤシは、大西洋岸平野からメキシコ湾岸定置に分布する、常緑樹であり、中国語名は「棕櫚子」である。果実、種子、新芽が食用とされ、果汁を炭酸飲料として食してきた。薬用部位は果実で、泌尿器疾病や強壮、利尿に効果があるとされてきた。


●有効性
俗に、「泌尿器疾患に効果がある」「抜け毛に効果がある」「男性の性機能を改善する」などと言われているが、前立腺肥大症に対して効果がないことが示唆されており、その他の有効性においても信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
適切に使用する場合にはおそらく安全である。ただし、医薬品との相互作用が報告されており、また、抗アンドロゲン作用、抗エストロゲン作用があることから、妊娠中・授乳中は摂取を避けること。



▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
・果実:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当する。

■海外情報
・ドイツのコミッションE (ドイツの薬用植物の評価委員会) では、メディカルハーブに該当する。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・緑色精油、不揮発精油、ラウリン酸・リノール酸・オレイン酸などの脂肪酸類、ステロイドサポニン、樹脂、タンニン。成分は、遊離脂肪酸 (oleic acid、lauric acid、myristic acid、lonoleic acid、palmitic acid、stearic acid、caproic acid、caprylic acid、palmitoic acid、linoleic acid、arachidic acid) 、脂肪酸のステロールエステル (β-sitosterol、stigmasterol、campesterol) であり、流通品規格は脂肪酸含量85〜95%とされる (PMID:11744467)
・果実は144の水蒸気揮発性成分を含み、40.4%はラウリル酸であった(PMID:19140098)

分析法

・ノコギリヤシ中のアルコール、ステロール類を、ES-MS法にて分析した報告がある (PMID:9569764)
・果実から水蒸気蒸留によって得られた成分をGC-MS法によって分析した報告がある (PMID:19140098)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

一般情報
・経尿道的前立腺切除術の術後合併症の発症に有効性が示唆されている (94) 。
・前立腺肥大症に対して、効果がないことが示唆されている (94) 。
メタ分析
・2012年までを対象に11個のデータベースで検索できた無作為化プラセボ対照試験32報 (検索条件:期間≧4週間) について検討したメタ分析において、良性前立腺肥大症の男性によるノコギリヤシ果実の摂取は、夜間の頻尿の低下 (9報) 、患者の自己評価による症状の改善 (4報) に関連が認められたが、ばらつきが大きかった。一方、最大尿流量 (6報) 、米国泌尿器科学会の症状スコア (2報) 、医師による症状改善の評価 (2報) 、前立腺の大きさ (2報) に関連は認められなかった (PMID:23235581)
RCT
・良性前立腺肥大症の男性225人 (試験群112人、62.9±8.0歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ノコギリヤシ抽出物160 mg×2回/日を1年間摂取させたところ、米国泌尿器科学会症状スコア、最大尿流量率、前立腺の大きさ、排尿後の残尿量、QOL (BPH Impact Index、SF-36) 、性機能、血中前立腺特異抗体に影響は認められなかった (PMID:16467543)
・中等度から重度の良性前立腺過形成の男性225名 (50歳以上、試験群112名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ノコギリヤシ果実抽出物160 mg×2回/日を1年間摂取させたところ、性機能、血中前立腺特異抗原に影響は認められなかった (PMID:18534327)
・良性前立腺肥大症の男性357名 (試験群176名、平均61.25±8.72歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ノコギリヤシ果実抽出物320 mg/日、640 mg/日、960 mg/日を各24週間ずつ (全72週間) 摂取させたところ、米国泌尿器科学会症状スコア、前立腺症状評価 (BPH Impact Index、IPSS) 、夜間頻尿、最大尿流量率、排尿後残尿量、血中前立腺特異抗原 (PSA) 、性機能、尿失禁、睡眠の質に影響は認められなかった (PMID:21954478)
・良性前立腺肥大症の男性325名 (試験群159名、平均61.47±5.20歳、中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ノコギリヤシ抽出物320 mg/日を24週間摂取させたところ、摂取後24週間までの前立腺症状評価 (IPSS) スコア、最大尿流量の増加が認められた。一方、前立腺の大きさ、性機能評価に影響は認められず、排尿後尿残量の増加が認められた (PMID:30880074)
・良性前立腺肥大症の男性93名 (試験群46名、平均62.1±1.2歳、中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ノコギリヤシ抽出物320 mg/日を12週間摂取させたところ、前立腺症状評価 (IPSS) スコア、QOL、最大尿流量率、性機能評価に影響は認められなかった (PMID:12887481)
・健康な成人男性40名 (試験群20名、平均52.4±6.3歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ノコギリヤシ果実抽出物320 mg/日を12週間摂取させたところ、前立腺症状評価 (IPSS (総合スコア、QOLスコア)) 、尿失禁QOL (KHO) 、過活動膀胱評価 (OABSS) に影響は認められなかった (2019286849) 。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。



安全性

危険情報

<一般>
・適切に摂取する場合、おそらく安全である (94) 。
・摂取により、吐き気、嘔吐、便秘、下痢、腹部不快感、腹痛などの胃腸症状、めまい、不眠、疲労、頭痛、筋肉痛、高血圧症などが報告されている (22)(94) 。
<妊婦・授乳婦>
・抗アンドロゲン作用、抗エストロゲン作用があり、おそらく危険であるため、摂取を避けること (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<病者>
・過度の出血を引き起こす可能性があるため、外科的手術の2週間前までに摂取を中止した方がよい (94) 。
<その他>
・ノコギリヤシとの因果関係は不明であるが、良性前立腺肥大の患者を対象にノコギリヤシ160 mg含む製品を1〜2回/日、3ヶ月間摂取させたところ、脳出血、めまい、息切れ、呼吸困難、不眠、疲労などの有害事象が報告されている (102) (PMID:10915398)
・前立腺がん患者70名を対象とした前向き試験において、ノコギリヤシなど7種のハーブを含む製剤を9カプセル/日投与したところ、アレルギー症状 (口蓋の腫脹や息切れなど) 、血栓塞栓症、腎不全など有害事象が認められた (PMID:11054432)
<被害事例>
・15年以上前にアルコール依存症だった55歳白人男性が、前立腺肥大のため約4年間断続的にノコギリヤシを摂取したところ (摂取量不明) 、急性肝炎および膵炎を生じた。摂取中止により回復したが、再度、摂取したところ肝炎と膵炎を発症したため、ノコギリヤシ摂取との関連性が強く疑われた (PMID:16800417)
・2型糖尿病、高血圧、脂質異常症などのため、アスピリン (抗血小板薬) 、パントプラゾール (消化性潰瘍治療薬) 、ラミプリル (ACE阻害薬) 、シンバスタチン (脂質異常症治療薬) 、エゼチミブ (脂質異常症治療薬) 、グリブリド (糖尿病治療薬) 、メトホルミン (糖尿病治療薬) を服用中の65歳男性 (アメリカ) が、排尿困難の改善のためにノコギリヤシ抽出物160 mg×2回/日、1週間摂取したところ、嘔吐を伴う上腹部痛を訴え、摂取したノコギリヤシによる急性膵炎と診断された (PMID:20531057)
・58歳男性 (イタリア) が良性前立腺肥大の改善を目的に、市販のノコギリヤシサプリメントを3カプセル/日 (乾燥抽出物900 mg含有) 、ベリーパウダーを660 mg/日、1週間摂取したところ、右季肋部の激しい痛みと無力症を発症し、急性肝機能障害と診断された (PMID:20573093)
・慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症、高血圧、高尿酸血症で通院中の82歳男性 (日本) が、ノコギリヤシ、ペポカボチャ、マカ、イチョウ葉、ローズのサプリメントを1日摂取したところ (摂取量不明) 、発熱、急性腎不全、横紋筋融解症を発症し、DLSTでノコギリヤシ製品のみ陽性を示したことから、ノコギリヤシ製品による横紋筋融解症と診断された (PMID:22768426)
・前立腺肥大と胃食道性逆流症の既往歴があり、ランソプラゾール (消化性潰瘍治療薬) とマルチビタミン、ノコギリヤシを3年間、併用 (摂取量不明) していた61歳男性 (アメリカ) が、心窩部痛と吐き気を生じ、急性膵炎と診断された (PMID:21867545)
・11歳女児 (イタリア) が、休止期脱毛症のために皮膚科医に処方されたノコギリヤシサプリメントを1粒/日、3ヶ月間摂取し、数日間摂取を中断した後、摂取を再開したところ、2ヶ月目から1日に数回のホットフラッシュを生じたが、摂取中止によりホットフラッシュは治まった。摂取中止の45日後に初潮が来たが、頻発、過多月経であったことから受診。因果関係評価 (Naranjo) はスコア6 (probable) であったため、摂取したノコギリヤシがホットフラッシュの原因と考えられた (PMID:23027164)
・10歳女児 (イタリア) が、多毛症のために皮膚科医に処方されたノコギリヤシサプリメントを320 mg/日、3ヶ月間摂取したところ、ホットフラッシュ、急激な体重増加を生じた。摂取中止によりホットフラッシュは治まったが、再摂取したところ4日間で再発した。摂取開始4ヶ月後 (摂取中止25日後) に初潮が来たが、頻発、過多月経であった。因果関係評価 (Naranjo) はスコア6 (probable) であったため、摂取したノコギリヤシがホットフラッシュの原因と考えられた (PMID:26043832)
・動脈硬化症で血栓予防のためアスピリン (抗血小板薬) を服用中の77歳男性 (日本) が、頻尿改善のため、ノコギリヤシを摂取していたところ (摂取量、期間不明) 、肩、臀部痛が持続し、リウマチ性多発筋痛症が疑われた。軽度の肝機能障害も認められたが、ノコギリヤシの摂取中止と加療により改善した (2016400256) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト症例>
・53歳男性がノコギリヤシを摂取していたところ (詳細は不明) 、術中に多量出血 (2000 cc) し、手術を早急に終了した (PMID:11489067)
・高血圧、糖尿病、気管支喘息、前立腺肥大の既往歴があり、ジゴキシン (強心薬:P糖タンパク質基質) 、エナラプリル (ACE阻害薬) 、グリピジド、フロセミド (利尿薬:CYP3A4基質) 、ドキサゾシン (アドレナリン受容体拮抗薬) 、ロバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP3A4、BCRP基質) 、アスピリン (抗血小板薬) 、クロピドグレル (抗血小板薬:CYP1A2、CYP2B6、CYP2C19、CYP3A4、P糖タンパク質基質) を服用中の79歳男性 (プエルトリコ) が4年間160 mg×2/日摂取していたノコギリヤシサプリメントを1000 mg×2/日に増量し3週間摂取したところ、血尿と凝血異常 (プロトロンビン時間、部分トロンボプラスチン時間の延長、INR上昇) を呈し、ノコギリヤシの摂取中止により回復した (PMID:20120986)
<ヒト試験>
・健康な成人12名 (平均25±3.0歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル無作為化前後比較試験において、ノコギリヤシ160 mg×2回/日、28日間の摂取は、CYP1A2、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4活性に影響を及ぼさなかった (PMID:15536458)
・健康な成人12名 (平均27.6±6.7歳、アメリカ) を対象とした前後比較試験において、ノコギリヤシ抽出物320 mg/日を15日間摂取させ、15日目にデキストロメシオールファン (鎮咳薬:CYP2D6基質) 30 mg、アルプラゾラム (抗不安薬:CYP3A4基質) 2 mgを同時に摂取させたところ、CYP2D6、CYP3A4活性、アルプラゾラムの血中濃度 (Cmax、AUC) 、T max、クリアランス、排出半減期に影響を及ぼさなかった (PMID:14663456)
<動物・試験管内>
・in vitro試験 (スーパーソーム、ヒト肝ミクロソーム) において、ノコギリヤシはCYP2C9活性を阻害した (PMID:24730468)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、ノコギリヤシ抽出物はCYP2C8活性を阻害した (PMID:25430798)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、ノコギリヤシの水抽出物はCYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4活性に影響を与えなかった。メタノール抽出物はCYP1A2、CYP2A6、CYP2D6活性に影響を与えなかったが、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2C19、CYP2E1、CYP3A4活性を阻害した (PMID:20218935)
・in vitro試験(ヒト肝ミクロソーム) において、ノコギリヤシのエタノール抽出物はUGT1A1の活性を阻害した (PMID:20666626)
<理論的に考えられる相互作用>
・経口避妊薬やエストロゲンとの併用で、効果を妨げる可能性がある (101) (94) 。
・抗血液凝固薬や抗血小板薬、血小板凝集に作用するハーブやサプリメントとの併用は、出血のリスクを高める可能性がある。(94) 。

動物他での
毒性試験

1.TDLo (最小中毒量)
・ノコギリヤシを投与:マウス経口 (間欠的) 900 mg/kg/9日 (91) 。
・ノコギリヤシ果実ヘキサン抽出物を投与:ラット経口 (間欠的) 127.96 mg/kg/2週 (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・果実:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・適切に摂取する場合おそらく安全である。
・妊娠中・授乳中の摂取については、性ホルモンに対する作用があり、おそらく危険であるため摂取を避けること。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・前立腺肥大症に効果がないことが示唆されている。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(101) Herbal Medicine: A Guide for Healthcare Professionals. London, UK: The Pharmaceutical Press, 1996.
(PMID:9569764) Anal Chem., 70: 1544-1554, 1998.
(PMID:11489067) J Intern Med. 2001;250(2):167-9.
(PMID:16467543) N Engl J Med. 2006 Feb 9;354(6):557-66.
(PMID:16800417) South Med J. 2006 Jun;99(6):611-2.
(102) Current Therapeutic Reserch,55(7):776-785,1994
(PMID:10915398) Adv Ther. 1999 Sep-Oct;16(5):231-41.
(PMID:11054432) J Clin Oncol. 2000 Nov 1;18(21):3595-603
(PMID:18534327) Complement Ther Med. 2008 Jun;16(3):147-54.
(PMID:19921983) Scand J Urol Nephrol. 2009;43(5):377-82.
(PMID:19140098) Planta Med. 2009 Feb;75(2):184-6.
(94) Natural Medicines
(PMID:20573093) Br J Clin Pharmacol. 2010 May;69(5):558-60.
(PMID:20120986) Bol Asoc Med P R. 2009 Jul-Sep;101(3):48-50.
(PMID:20531057) South Med J. 2010 Jul;103(7):683-5.
(PMID:21954478) JAMA. 2011 Sep 28;306(12):1344-51.
(PMID:22768426) J UOEH. 2012 Jun 1;34(2):193-9.
(PMID:23253958) J Urol. 2013 Feb;189(2):486-92.
(PMID:24730468) J Pharm Pharmacol. 2014 Sep;66(9):1339-46.
(PMID:21867545) J Med Case Rep. 2011 Aug 25;5:414.
(PMID:23027164) Pediatrics. 2012 Nov;130(5):e1374-6.
(PMID:25430798) Xenobiotica. 2015 May;45(5):406-12.
(PMID:26043832) Pharmacology. 2015;96(1-2):41-3.
(PMID:20218935) Xenobiotica. 2010 Apr;40(4):245-54
(PMID:20666626) Xenobiotica. 2010;40(10):663-669.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(103) 基原植物辞典
(104) 学名で引く食薬区分リスト
(2019286849) 応用薬理. 2019;95(5-6):101-111.
(PMID:23235581) Cochrane Database Syst Rev. 2012 Dec 12;12(12):CD001423.
(PMID:30880074) Urology. 2019 Jul;129:172-179.
(PMID:12887481) BJU Int. 2003 Aug;92(3):267-70.
(PMID:14663456) Clin Pharmacol Ther. 2003 Dec;74(6):536-42.
(PMID:15536458) Clin Pharmacol Ther. 2004 Nov;76(5):428-40.
(2016400256) 日本臨床免疫学会会誌. 2016;39(4):399.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.