健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

セイヨウカノコソウ、バレリアン [英]Valerian [学名]Valeriana officinalis L.、Valeriana officinalis var. latifolia、Valeriana wallichii

概要

セイヨウカノコソウ (バレリアン) はヨーロッパや北アジア原産の高さ20〜150 cmになる多年草で、白からピンクの香りのよい花をつける。ヨーロッパ、日本、ロシアなどでも栽培されている。日本で栽培されるカノコソウ (Valeriana officinalis var. latifolia) はヨーロッパ産の種とは異なり、主な成分の含有量も多少異なっている。俗に、「ストレスによい」「不眠によい」と言われ、古代ギリシャ時代から、根や茎が利用されて来た。不眠に対しては、一部でヒトでの有効性が示唆されているが、有効性がみられなかったとの報告もある。安全性については、短期間、適切に摂取すればおそらく安全であるが、妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・カノコソウ (別名セイヨウカノコソウ/キッソコン/ワレリア) の根と根茎は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・米国では「一般的に安全と認識される物質 (GRAS) 」に分類されている (94) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・根にはValepotriates、配糖体、精油 (1〜8%) 、アルカロイド類、コリン、タンニンなどを含む (18) (94) (23) 。精油には、bornyl isovalerate、ピネン、berneol 、campheneなどのテルペノイド、吉草酸、イソ吉草酸、バレレン酸などを含む (18) (23) 。日本産カノコソウ (Valeriana officinalis var. latifolia) には特有成分kessylalcoholを含むものがある (18) 。

分析法

・根あるいは市販セイヨウカノコソウ製品中のバレレン酸 (valerenic acids) やValepotriatesをHPLCにより分析した報告がある (PMID:11817170) (PMID:11449465)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当らない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当らない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当らない。

生殖・泌尿器

メタ分析
・2015年3月までを対象に8つのデータベースで検索できた無作為化比較試験27報について検討したメタ分析において、ディル (1報) 、ウイキョウ (1報) 、コロハ (1報) 、ショウガ (3報) 、グアバ (1報) 、バレリアン (1報) 、カミツレ (1報) 、シナモン (1報) などのハーブの月経困難症の痛みに対する効果は、報告数が少なく試験の質が低いため、結論づけることができなかった (PMID:27000311)
RCT
・女子学生100名 (試験群49名、平均20.90±1.36歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ255 mg×3回/日を月経の始め3日間、2周期摂取させたところ、生理中の痛みの自覚症状が減少した (PMID:21959068)
・更年期女性68名 (試験群35名、平均51.2±2.6歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ255 mg×3回/日を8週間摂取させたところ、ホットフラッシュ症状の重さや頻度の低減が認められた (PMID:24250592)

脳・神経・
感覚器

<睡眠>
≪不眠に対して有効であったという報告≫
一般情報
・・コミッションE (ドイツの薬用植物評価委員会) はセイヨウカノコソウの精神不安や不眠に対する使用を承認している (58) 。
・セイヨウカノコソウは不眠に対して経口摂取で有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・2005年6月までを対象に5つのデータベースで検索できた無作為化比較試験6報について検討したメタ分析において、セイヨウカノコソウの摂取は、睡眠の質の改善と関連が認められた (PMID:17145239)
RCT
・健常成人40名 (平均28.32±5.59歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ (バレレン酸0.8%含有) 1,600 mgを単回摂取させたところ、単純視覚反応試験 (SVRT)、主観的眠気尺度、標準現場飲酒検査 (SFST) 行動スコアおよび運転シミュレーター性能パラメーターに影響は与えなかった (PMID:27110643)
・不眠症の閉経後女性100名 (試験群50名、平均52.6±3.3歳、イラン) を対象とした三重盲検無作為化プラセボ比較試験において、バレリアン (セイヨウカノコソウ) 抽出物530 mg×2回/日を4週間摂取させたところ、睡眠の質の自己評価 (PSQI) の向上が認められた (PMID:21775910)
・健康な成人98名 (試験群66名、平均33.4±12.5歳、スイス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ抽出物120 mg + メリッサ抽出物80 mg含有タブレットを就寝30分前に3粒、30日間摂取させたところ、睡眠の質の自己評価が改善したが、健康観に影響は認められなかった (102) 。

≪不眠に対する効果は、限定的であったという報告≫
メタ分析
・2008年9月までを対象に4つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験18 報について検討したメタ分析において、不眠に対するセイヨウカノコソウの摂取は、睡眠の質の簡単な自己評価 (2択法) のみ向上させ、詳細な評価 (VAS法) や入眠時間には影響が認められなかった(PMID:20347389)
RCT
・睡眠に悩みがある成人34名 (平均28.7歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー試験において、セイヨウカノコソウエキス325 mgを含むサプリメントを毎日、3日間摂取させたところ、睡眠感スコアのうち総合的睡眠スコアが上がったが、眠気、睡眠維持、気がかり、寝つきスコアに影響は認められなかった (2004006075) 。
・不眠症の男女405名 (試験群202名、平均45.7歳、ノルウェー) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ抽出物600 mgを就寝直前に14日間摂取させたところ、睡眠の自己評価のうち、global self-assessment questionのみ改善がみられたが、その他睡眠の質や量に影響は認められなかった(PMID:17940604)
・不眠症の成人16名 (中央値49歳、ドイツ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ根抽出物600 mgを就寝1時間目に15日間摂取させたところ、徐波睡眠の割合が増加したが、睡眠効率に影響は認められなかった (PMID:10761819)

≪不眠に対して効果が認められなかったという報告≫
メタ分析
・2014年3月までを対象に17のデータベースで検索できた無作為化比較試験5報について検討したメタ分析において、セイヨウカノコソウの摂取は入眠時間 (4報) 、睡眠時間 (3報) 、睡眠効率 (4報) 、睡眠の質 (3報) に影響を与えなかった (PMID:25644982)
RCT
・不眠症の高齢女性16名 (平均69.4±8.1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ抽出物300 mgを就寝30分前に2週間摂取させたところ、入眠時間、睡眠の質の自己評価に効果は認められなかった (PMID:18482867)
・がん治療中の患者227名 (試験群102名、平均59.5±11.95歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ450 mgを就寝1時間前に8週間摂取させたところ、簡易倦怠感尺度 (BFI) 3項目中2項目と気分評価尺度 (POMS) 7項目中1項目の改善が認められたが、睡眠の質の評価尺度 (PSQI) に影響は認められなかった (PMID:21399726)
・慢性の不眠を訴える成人42名 (平均54±12歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ抽出物225 mg×2個を就寝30分前に1週間摂取させたところ、入眠時間や睡眠時間、睡眠の質などに影響は認められなかった(PMID:15022653)
・むずむず脚症候群の成人37名 (試験群17名、平均50.3±13.5歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ800 mg を就寝1時間前に8週間摂取させたところ、日中の眠気 (ESS) や、睡眠の評価 (PSQI) に影響は認められなかった(PMID:19284179)
・不安および不眠に悩む成人270名 (試験群135名、平均42.7±10歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ (バレレン酸3.2 mg×6/日含有) を28日間摂取させたところ、不安症状 (STAI) 、不眠症状 (ISI) 、入眠時間、夜間覚醒頻度に影響は認められなかった (PMID:16010204)

<その他>
RCT
・全般性不安障害の患者36名 (試験群12名、平均44.6±12.8歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウより抽出したValepotriatesを平均81.3 mg/日、12週間摂取させたところ、不安症状 (HAM-A、STAI-trait) の変化に影響は認められなかった (PMID:12410546)
・強迫性障害の患者31名 (試験群15名、平均31±2.13歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、通常の治療ともに、セイヨウカノコソウ抽出物を765 mg/日、8週間摂取させたところ、症状スコア (Y-BOCS) が低下した (PMID:22718671)
・健康な成人10名 (平均26.6歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ抽出物600 mg、1,200 mg、1,800 mgの単回摂取は、薬物濫用潜在性スコア (ARCI) や、無気力、めまい、夢想、眠気などの主観的な精神状況に影響を与えなかった (PMID:15159134)
・健康な高齢者14名 (平均71.6歳、カナダ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ400 mg、800 mg を単回摂取させたところ、8時間後までの鎮静作用、疲労、麻痺感などに影響は認められなかった (PMID:12826988)
・健康な成人24名 (平均23.48±5.3歳、イギリス) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウカノコソウ抽出物120 mg + メリッサ抽出物80 mg含有タブレットを3粒、6粒、9粒摂取させたところ、3粒、6粒摂取時でのみ、ストレス負荷試験の結果および試験による不安の評価の一部に改善が認められた (PMID:16444660)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当らない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当らない。

発育・成長

調べた文献の中に見当らない。

肥満

調べた文献の中に見当らない。

その他

調べた文献の中に見当らない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当らない。

安全性

危険情報

<一般>
・短期間、適切に摂取すればおそらく安全である (94) 。臨床試験の結果28日までは安全であった (94) 。長期摂取の安全性については十分なデータがない (94) 。
・有害事象として、頭痛、消化器不調、興奮、落ち着きのなさ、心臓の障害、不眠、口渇、鮮明な夢、朝の眠気が起きることがある (94) 。
・過剰摂取は頭痛、動悸、麻痺を起こし、長期に摂取すると習慣的になることがある (20) 。過剰摂取していると、使用を中止した時にベンゾジアゼピン様の禁断症状が出ることがある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける (94) 。理論上、セイヨウカノコソウは妊娠中の女性において子宮収縮を起こす可能性があるため (101) 、妊娠中は使用禁忌とする情報もある (20) 。
<小児>
・適切に用いれば8週間まで安全性が示唆されている (94) 。
<その他>
・オミナエシ科植物にアレルギーのある人は、使用を避ける (94) 。
・高用量や長期間の摂取は、心臓や血圧に影響を与える可能性があるので、心臓疾患の人による使用には注意が必要である (94) 。
<被害事例>
セイヨウカノコソウを含む製品摂取による肝毒性が報告されているが、いずれもセイヨウカノコソウ摂取との因果関係は不明であり、他の植物が原因である可能性もある (94) 。肝機能不全の患者は使用してはならない (20) 。個々の症例は下記のとおり。
・27歳女性 (アメリカ) がセイヨウカノコソウ根抽出物300 mgを含むカプセルを2回/日、3ヶ月間服用したところ、上腹部痛と倦怠感を感じ、セイヨウカノコソウによる肝毒性と診断された (PMID:18431248)
・50歳白人女性 (ギリシャ) が、ハーブ茶 (セイヨウカノコソウ根抽出物5 mL含有) 3回/週を3週間、セイヨウカノコソウ錠 (乾燥セイヨウカノコソウ抽出物125 mg/錠含有) 10錠/日を2ヶ月間摂取したところ、無症状であったがAST値およびALT値が上昇し、セイヨウカノコソウ摂取による肝炎と診断された (PMID:19138557)
・13歳女子 (フランス) が、不安軽減や鎮静作用を期待してハーブ薬 (セイヨウカノコソウ、ニガハッカ、セイヨウサンザシ、チャボトケイソウ、コラノキ含有) を1錠×3回/日、数ヶ月間摂取したところ、肝細胞の90%以上が壊死して肝移植を受けた (PMID:9773106)
・インダパミドを数年間服用していた57歳女性 (イギリス) が、ストレス除去目的でスカルキャップやセイヨウカノコソウなどを含有するハーブ製品を約3週間摂取したところ (約30錠) 、黄疸や体調不良、褐色尿、白色便などの症状が出現し、摂取中止により改善した (PMID:2513032)
・48歳女性 (イギリス) がスカルキャップやセイヨウカノコソウなどを含有するハーブ製品を2錠/日、約2ヶ月間摂取したところ、黄疸や褐色尿、白色便などの症状が出現した (PMID:2513032)
・41歳女性 (イギリス) がスカルキャップやセイヨウカノコソウなどを含有するハーブ製品を約9ヶ月間摂取したところ、吐き気や黄疸、褐色尿、白色便を呈し、摂取中止により改善した (PMID:2513032)
・42歳女性 (イギリス) がスカルキャップやセイヨウカノコソウなどを含有するハーブ製品を3錠/日、約2週間摂取したところ、黄疸や吐き気、右季肋部痛を呈し、摂取中止により改善した (PMID:2513032)
・57歳男性 (オーストラリア) が風邪やインフルエンザ対策にセイヨウカノコソウ含有製品を2 g×3錠/日、3日間摂取したところ、継続する体調不良、食欲不振、無気力、暗色尿、腹部不快感、黄疸を生じ、セイヨウカノコソウによる肝毒性と診断され、加療により改善した (PMID:26813905)

・冠動脈疾患、高血圧、うっ血性心疾患の既往歴のある58歳男性 (アメリカ) が、セイヨウカノコソウ根抽出物530 mg〜2 gを5回/日、数年間摂取しており、肺結節の開胸生検を受けるために摂取を中止したところ、施術後に心臓合併症と精神錯乱を呈した (PMID:9820254)
・48歳男性 (アメリカ) が、不安の軽減目的にセイヨウカノコソウ含有ハーブ飲料2種類を多飲し (Purple Stuff (R) 473 cc×5本、Marley’s Mellow Mood (R) 473 cc×2本) 、低ナトリウム血症を呈し、全身性硬直性間代性発作を起こした (PMID:23724351)
・18歳女性 (アメリカ) が、自殺目的に100%セイヨウカノコソウ粉末18.8〜23.5 g (摂取目安量の20倍量) を摂取し、30分後に、疲労、胸の圧迫、腹痛、手足の震え、朦朧状態を呈した (PMID:8540231)

禁忌対象者

・調べた文献の中に見当らない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・ロラゼパム2 mg/日を服用中の40歳男性 (スペイン) がセイヨウカノコソウの根茎乾燥抽出物350 mgとパッションフラワーの根茎および地上部380 mgを含む錠剤を併用したところ、手の振え、めまい、動悸、筋肉疲労を起こした (PMID:19441067)
・抑うつや片頭痛のある39歳女性 (アメリカ) が、セイヨウオトギリソウとセイヨウカノコソウのタブレットを6ヶ月間摂取し、下痢のために市販薬のロペラミドを服用したところ、精神錯乱、興奮、混乱状態を呈した (PMID:10402626)
・健康な51歳女性 (アメリカ) が、2年前から、1日にワイン1/3ガロン+バレリアン535 mg/粒×2〜4個+イチョウ葉 (摂取量不明) の摂取を習慣化しており、2週間前からワインの摂取を増量、ワイン1ガロン+ウォッカ (摂取量不明) +バレリアン535 mg/粒×4粒+イチョウ葉 (摂取量不明) を摂取したところ、24時間以内に失神を起こし、緊急搬送された。入院後、妄想、不機嫌、変わりやすい精神状態、言論の混乱がみられ、2日以上持続した (PMID:11876586)
・健康な成人12名 (平均24±3.0歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル試験において、セイヨウカノコソウ根抽出物125 mg×3回/日を28日間摂取させたところ、CYP3A4/5、CYP1A2、CYP2E1、CYP2D6のいずれの活性にも影響を与えなかった (PMID:15900287)
・健康な成人12名 (アメリカ) を対象としたオープンラベルクロスオーバー試験において、セイヨウカノコソウ根抽出物1,000 mg/日を14日間摂取させたところ、アルプラゾラム (CYP3A4基質) のCmaxを増加させたが、AUCに影響は与えず、デキストロメトルファン (CYP2D6基質) の代謝に影響は与えなかった (PMID:15328251)

<試験管内・動物>
・動物実験 (ラット) において、セイヨウカノコソウ抽出物の経口摂取は、肝臓におけるCYP3A1遺伝子発現、および転写因子であるHNF-4α遺伝子発現を阻害した (PMID:25302309)
・動物実験 (マウス) およびin vitro 試験 (マウス、ヒト肝ミクロソーム) において、セイヨウカノコソウ抽出物はCYP1A1、CYP1A2、CYP2C9、CYP3A4のいずれの活性にも影響を与えなかった (PMID:23470874)
・動物実験 (ラット) において、セイヨウカノコソウとミダゾラム (催眠鎮静薬:CYP3A4基質) の併用投与は、イソフルラン (麻酔薬:CYP2E1基質) からの覚醒時間を延長した (PMID:18179003)
・in vitro試験 (ヒト肝細胞) において、セイヨウカノコソウ抽出物はCYP2D6とCYP3A4活性を誘導した (PMID:17214607)
・in vitro試験 (ヒト肝細胞) において、セイヨウカノコソウ抽出物はCYP2C19活性を誘導した (PMID:19371257)
・in vitro 試験において、セイヨウカノコソウ含有市販製品はCYP3A4、P糖タンパク質活性を阻害した (PMID:15367385)
・in vitro 試験において、セイヨウカノコソウ根抽出物およびバレレン酸はCYP3A4活性を阻害した (PMID:10969720)
・in vitro 試験において、セイヨウカノコソウ含有市販製品はCYP3A4、CYP2C19、CYP2D6活性をわずかに阻害した (PMID:15070158)
・in vitro試験 (スーパーソーム、ヒト肝ミクロソーム) において、セイヨウカノコソウはCYP2C9活性を阻害した (PMID:24730468)
・in vitro試験 (ヒトCYP3A4 タンパク、Caco-2細胞) において、セイヨウカノコソウ抽出物はCYP3A4、P-糖タンパク質の活性を阻害した (PMID:18331390)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、セイヨウカノコソウの水抽出物はCYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4活性に影響を与えなかった。メタノール抽出物はCYP2A6活性に影響を与えなかったが、CYP1A2、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4活性を阻害した (PMID:20218935)

<理論的に考えられる相互作用>
・鎮痛作用のあるハーブやサプリメント、医薬品 (ベンゾジアゼピン、中枢神経抑制薬など) 、アルコールとの併用で、それらの鎮痛作用および副作用を増強させる可能性がある (94) 。このため、外科手術を受ける患者は、施術2週間前には摂取を中止したほうがよい (94) 。

<その他>
・セイヨウカノコソウはCYP3A4活性を阻害する可能性があるといういくつかの報告があるため、これらの薬剤を利用している人は注意を要する (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・根抽出物を投与:ほ乳類動物経口2,250 mg/kg、モルモット経口50 mg/kg (91) 。
・精油を投与:マウス腹腔内15 g/kg (94) 。
・バレレン酸を投与:マウス腹腔内 300 mg/kg (94) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・根抽出物を投与:ヒト経口151.2 mg/kg/28日、ヒト (男性) 経口357.15 mg/kg/5日 (91) 。
・根・根茎・茎の水抽出物を投与:ヒト経口6.43 mg/kg、ヒト (女性) 経口64.8 mg/kg/8日 (91) 。
・根の水抽出物を投与:ヒト (女性) 経口15.2 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・根茎、根:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・短期間、適切に摂取すればおそらく安全であるが、妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。
・過剰摂取は頭痛、動悸、麻痺、筋肉の痙攣を起こし、長期に摂取すると習慣的になることがあるので避けるべきである。
・摂取後は眠気の心配があるので、車の運転や機械の操作は注意すべきである。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・コミッションE (ドイツの薬用植物評価委員会) はセイヨウカノコソウの精神不安や不眠に対する使用を承認している。
・不眠に対して有効性が示唆されているが、有効性が見られなかったとの報告もある。

参考文献

(20) ハーブ大百科 誠文堂新光社 デニ・バウン
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(58) The Complete German Commission E Monographs
(PMID:11817170) Pharmazie. 2001  56(11):860-3.
(PMID:11449465) Fitoterapia. 2000 71(1):19-24.
(PMID:12410546) Phytother Res. 2002 Nov;16(7):650-4
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(101) Melanie Johns Cupp、 Toxicology and Phamacology of Herbal Products、2000、pp.53-66、Humana press
(2004006075) 新薬と臨床.2003;52(6):833-9
(PMID:18431248) J Clin Gastroenterol. 2008 Sep;42(8):961-2
(PMID:18482867) Sleep Med. 2009 Mar;10(3):319-28.
(PMID:17940604) PLoS ONE. 2007 Oct 17;2(10):e1040.
(PMID:19441067) Phytother Res. 2009 May 13. [Epub ahead of print]
(PMID:20347389) Sleep Med. 2010 Jun;11(6):505-11.
(PMID:19138557) Sleep Med. 2009 Sep;10(8):935. Epub 2009 Jan 9.
(PMID:21959068) Int J Gynaecol Obstet. 2011 Dec;115(3):285-8.
(PMID:21775910) Menopause. 2011 Sep;18(9):951-5.
(PMID:9773106) Therapie. 1998 53(1):82-3.
(PMID:17214607) Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2007 Jan;100(1):23-30.
(PMID:23470874) Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 2013;54(1):56-64.
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店  小林彰夫ら 監訳
(94) Natural Medicines
(102) Fitoterapia. 1999; 70(3): 221-8.
(PMID:23724351) Prim Care Companion CNS Disord. 2013;15(1). pii: PCC.12l01482.
(PMID:15900287) Clin Pharmacol Ther. 2005 May;77(5):415-26.
(PMID:10402626) Psychiatr Serv. 1999 Jul;50(7):969-70.
(PMID:2513032) BMJ. 1989 Nov 4;299(6708):1156-7.
(PMID:9820254) JAMA. 1998 Nov 11;280(18):1566-7.
(PMID:19371257) Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2009 Jul;105(1):58-63.
(PMID:15328251) Drug Metab Dispos. 2004 Dec;32(12):1333-6.
(PMID:15367385) J Pharm Pharm Sci. 2004 Aug 12;7(2):265-73.
(PMID:10969720) Phytomedicine. 2000 Jul;7(4):273-82.
(PMID:15159134) Pharmacol Biochem Behav. 2004 May;78(1):57-64.
(PMID:17145239) Am J Med. 2006 Dec;119(12):1005-12.
(PMID:21399726) J Support Oncol. 2011 Jan-Feb;9(1):24-31
(PMID:11876586) Am J Addict. 2002 Winter;11(1):75-7.
(PMID:15022653) Complement Ther Med. 2003 Dec;11(4):215-22.
(PMID:12826988) J Clin Psychopharmacol. 2003 Jun;23(3):260-8.
(PMID:15070158) Phytomedicine. 2004 Feb;11(2-3):98-104.
(PMID:16444660) Phytother Res. 2006 Feb;20(2):96-102.
(PMID:19284179) Altern Ther Health Med. 2009 Mar-Apr;15(2):22-8.
(PMID:22718671) J Complement Integr Med. 2011 Oct 11;8. pii: /j/jcim.2011.8.issue-1/1553-3840.
(PMID:10761819) Pharmacopsychiatry. 2000 Mar;33(2):47-53.
(PMID:16010204) Medicine (Baltimore). 2005 Jul;84(4):197-207.
(18) 和漢薬百科図鑑/II 保育社 難波 恒雄 著
(PMID:8540231) Vet Hum Toxicol. 1995 Aug;37(4):364-5.
(PMID:24250592) Iran J Pharm Res. 2013 Winter;12(1):217-22.
(PMID:24730468) J Pharm Pharmacol. 2014 Sep;66(9):1339-46.
(PMID:25302309) Biomed Res Int. 2014;2014:819093.
(PMID:18331390) Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2008 May;102(5):466-75.
(PMID:25644982) Sleep Med Rev. 2014 Dec 17;24C:1-12. [Epub ahead of print]
(PMID:27000311) Cochrane Database Syst Rev. 2016 Mar 22;3:CD002124.
(PMID:26813905) Intern Med J. 2016 Jan;46(1):118-9.
(PMID:20218935) Xenobiotica. 2010 Apr;40(4):245-54
(PMID:18179003) AANA J. 2007 Dec;75(6):431-5.
(PMID:27110643) Accid Anal Prev. 2016 Jul;92:240-4.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.