健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

S-アデノシルメチオニン [英]S-adenosylmethionine [学名]-

概要

S-アデノシルメチオニンは、活性メチオニンとも呼ばれ、肝臓などに存在するメチオニン活性化酵素の作用によりメチオニンから合成される。主に肝臓や脳に多く、核酸、リン脂質、ホルモンなどの合成に利用される。俗に、「肝機能を維持する」「うつによい」といわれており、うつや骨関節炎の症状緩和におそらく有効である。また、急性あるいは慢性の肝疾患、アルコールなどによる肝機能障害の症状緩和に有効性が示唆されている。しかしながら、これらを支持する研究は1980年代に実施された小規模の研究が多く、研究の質が低いとの指摘がある。安全性については、適切に用いる場合はおそらく安全であるが、妊娠中・授乳中については信頼できる十分なデータがないので過剰摂取は避ける。S-アデノシルメチオニンは不安定なことが知られており、原材料や製品の保存状態によっては、期待する量が製品から摂取できない可能性がある。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略称SAMまたはSAMe、C15H23N6O5S、分子量 (MW) 399.45。活性メチオニン。
・S-アデノシルメチオニンは不安定で、それが利用上の障害となっている(文献:dietary supplement toxicology and clinical pharmacology p231-334、2003)。市場のダイエタリーサプリメント中のS-アデノシルメチオニンの含有量を調べたところ、表示よりも含有量の少ない製品の存在が示されている。また、S-アデノシルメチオニンが不安定なことから、表示量よりも多い量が製品に添加されていた実態も示されている (PMID:24488716) 。酵母の粗精製品中のS-アデノシルメチオニンは、37℃15日の保存で25%にまで低下し (PMID:12399019) 、清酒酵母由来のS-アデノシルメチオニンが25℃、0.5ヶ月の保存で65.7%に低下したとの報告がある (PMID:17151469) 。これらの結果から、原材料の違いや製品の製造・流通環境、利用者の製品購入後の保存状況によっては、S-アデノシルメチオニンが分解して、製品に表示されている量が摂取できない可能性がある。
・S-アデノシルメチオニンを蓄積する酵母があり (PMID:26496619)(PMID:16010571) 、それらがサプリメントの原材料として利用されている。

分析法

・紫外可視検出器 (検出波長254、257 nm) を装着したHPLCにより分析されている (PMID:8395220) (PMID:12180685) (101) 。
・エピマー (活性型、非活性型)がNMR測定装置により分析されている (PMID:7756849)
・市販サプリメント中のS-アデノシルメチオニンの分析法として、UV検出器 (254 nm) を装着したHPLC法がある (PMID:24488716)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

一般情報
・急性あるいは慢性の肝疾患、または妊娠に伴う肝内胆汁うっ滞に対して、経口摂取で有効性が示唆されている。複数の臨床試験の結果、短期間のS-アデノシルメチオニン (SAMe) による治療は、掻痒・疲労感・アルカリホスファターゼ値・ビリルビン値を低減する効果において、プラセボよりも優れていた (PMID:2081476) (PMID:9865018) (PMID:2188871) (PMID:2083923)
・薬品やアルコール、鉛中毒による慢性肝疾患の症状軽減に、経口摂取で有効性が示唆されている。複数の臨床試験の結果、肝機能が正常化し、ビリルビン値が減るなど改善がみられた。しかしほとんどの試験は規模が小さく、期間も短かった (PMID:10406187) (PMID:2081485) (PMID:2680435) (PMID:7811344) (PMID:9865018)
RCT
・C型肝炎による肝硬変患者110名 (試験群57名、平均58.47±4.88歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、S-アデノシルメチオニン800 mg/日を4週間、1,600 mg/日を4週間、2,400 mg/日を16週間の合計24週間摂取させたところ、血清中の腫瘍 (AFP、AFP-L3、DCP) 、酸化ストレス (MDA、4-HNE) 、肝機能 (ビリルビン、アルブミン) 、肝損傷 (ALT、AST) マーカー値、C型肝炎ウイルスレベル、生活の質に影響は認められなかった (PMID:26130251)

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・うつに対しておそらく有効である。経口摂取で主なうつ症状が軽減すると思われる。摂取期間42日までの複数の臨床試験の結果、S-アデノシルメチオニン (SAMe) の経口摂取の効果はプラセボよりも優れており、三環系抗うつ薬と同等である可能性があった(PMID:7941964) (PMID:7941961) (PMID:8441793) (PMID:2183633) (PMID:2113347) (PMID:2680435) (PMID:12418499) 。しかしいずれの試験も規模が小さいこと、試験期間が短い (PMID:7941964) (PMID:2680435) ことなどから、SAMe経口摂取の効果を明確にするためには、優れたデザインの大規模な試験が必要である (94) 。
メタ分析
・2016年2月までを対象に1つのデータベース (CCMDDTR) で検索できた無作為化プラセボ比較試験2報について検討したメタ分析において、大うつ病患者によるS-アデノシルメチオニンの摂取は、抑うつ症状との関連は認められなかった (PMID:27727432)
RCT
・セロトニン再取り込み阻害剤 (SRI) 非応答者のうつ病患者46名 (試験群27名、平均54.3±13.5歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験の2次解析において、SRIの服用と共にS-アデノシルメチオニン800 mg/日を6週間摂取させたところ、認知・身体機能評価 (CPFQ) の情報を思い出す能力 (ability to recall information) 1項目でのみ改善が認められたが、他の6項目に影響は認められなかった (PMID:21911258)
その他
・予備的な知見によると、成人の注意欠陥多動性障害 (ADHD) の症状を軽減する可能性がある (PMID:2236465)。この効果については、さらなる科学的根拠の蓄積が必要である (94) 。

免疫・がん・
炎症

<炎症>
一般情報
・骨関節炎の症状緩和に経口摂取でおそらく有効である。複数の臨床試験の結果、骨関節炎の症状緩和に対して、S-アデノシルメチオニン (SAMe) の効果はプラセボよりも優れており、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)と同等であった (94) 。SAMeはNSAIDsよりも副作用が少なく、痛みの軽減、機能の改善では同等の効果があった (PMID:8064733) (PMID:2674027) (PMID:3318444) (PMID:3318446) (PMID:3318445) (PMID:3318443) (PMID:3318456) (PMID:3318455) (PMID:3888864) (PMID:12019049) (PMID:15102339) 。有意な効果が現れるまでに要する日数は、NSAIDsが15日であるのに対してSAMeは30日である。
・線維筋痛症の治療に経口摂取は有効性が示唆されている。2つの臨床試験の結果、プラセボに比較して線維筋痛症の症状を有意に改善した (94) (PMID:3318438) (PMID:1925418)
・10日間の短期観察期間ではあるが、プラセボと比較して線維筋痛症の症状は有意に改善しなかった (PMID:9225876)
メタ分析
・2008年8月までを対象に5つのデータベースで検索できた無作為化比較試験4報について検討したメタ分析において、S-アデノシルメチオニンの変形性関節症患者の関節の痛みや機能に対する関連は、試験方法の質が低く小規模であることから結論づけることができなかった。安全性については憂慮すべき重大な有害事象は認められなかった (PMID:19821403)
RCT
・膝関節に違和感を持つ健常成人男女36名 (平均50.1±5.5歳、試験群18名、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、酵母由来のS-アデノシルメチオニン40 mg×2回/日(朝夕の空腹時)を4週間摂取させたところ、アンケート調査により評価した日常生活における膝関節の違和感および所定の運動負荷の自覚症状に対する改善が認められた (2015386128) 。この試験で投与されたS-アデノシルメチオニンの摂取量は、他の多くの報告 (800 mgから1,200 mg/日) の1/10以下であった。
・膝関節症を有する患者134名 (韓国) を対象とした無作為化比較試験において、S-アデノシルメチオニン1,200 mg/日 (女性56名、男性11名、平均63.9±8.2歳) またはナブメトン (持続性抗炎症・鎮痛剤) 1,000 mg/日を8週間投与したところ、痛みの緩和および忍容性に影響は認められなかった (PMID:20110025)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

RCT
・禁煙を希望する喫煙者120名 (平均40.0±14.0歳、試験群80名、アメリカ) を対象とした盲検無作為化プラセボ比較試験において、禁煙プログラムとともに、S-アデノシルメチオニン1,600 mg/日または800 mg/日を8週間摂取させたところ、禁煙率や禁断症状に影響は認められず、1,600 mg/日摂取群で胃腸障害が多かった (PMID:22901308)





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・適切に用いれば、経口摂取、静注、筋注でおそらく安全である。22,000人におよぶ複数の臨床試験では、数日から2年間の摂取で重篤な有害事象は報告されていない (94) (PMID:2680435) (PMID:7527320) (PMID:7941964) (PMID:3050630) (PMID:3318448) (PMID:3318455) (PMID:2081476) (PMID:15537554)
・経口摂取による有害事象は、腹部膨満、嘔吐、下痢、頭痛、吐き気、便秘、口渇、頭痛、軽度の不眠、食欲不振、発汗、めまい、神経過敏が報告されており (PMID:12420702) (PMID:15537554)、これらは高用量で出やすい (PMID:2680435)
・国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分される (30) ため、食品に使用することは認められていない。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中は、必要性がリスクよりも明らかに高い時だけに使用するべきである。また、高用量や長期間、あるいは第3期以外における使用については十分なデータがない (94) 。
・授乳中の安全性については信頼できるデータが十分ないので、使用は避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・うつ病患者では不安が、躁うつ病患者では軽躁が起きることがある (PMID:2680435) 。自殺観念を伴う躁状態が1例報告されている (PMID:15537554)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・慢性疲労症候群、多嚢胞性卵巣症候群の既往歴があり、うつ病のためエスシタロプラム (抗うつ薬:CYP2C19、CYP2D6、CYP3A4基質) を服用中の37歳女性 (オーストラリア) が、栄養療法のために主治医の管理下でS-アデノシルメチオニンの摂取を開始して1〜2週間後より被害妄想を生じたが併用を継続。7ヶ月後に幻聴を生じ、これを鎮めるためアルコールを摂取したところ、幻聴、幻覚、被害妄想が悪化した。選択的セロトニン再取り込み阻害薬とS-アデノシルメチオニンの併用による気分障害と診断され、S-アデノシルメチオニンの摂取中止と医薬品の変更、加療により改善した (PMID:29950497)
<理論的に考えられる相互作用>
・抗うつ薬やセロトニン様作用のあるハーブやサプリメントとの併用でセロトニン様作用が強まることがある (PMID:8434674) (PMID:1289923) (PMID:2680435) (PMID:11781419) 。モノアミンオキシダーゼ(MAO)阻害剤との併用は、MAO阻害剤と抗うつ薬との併用時と同様に副作用が強まる恐れが考えられる (PMID:2113347) (PMID:7527320)
・双極性うつ病患者が使用すると、うつ状態から軽躁あるいは躁状態へ移行することがある (PMID:2673478)
・パーキンソン病の症状を悪化させる可能性が考えられるが、臨床では観察されていない (PMID:1359575)
・デキストロメトルファン (鎮咳薬:CYP2D6基質) 、メペリジン、ペンタゾシン、トラマドールとの併用で、セロトニン作用の増強やセロトニン症候群のリスク増加、コール・フレミング症候群のような脳血管収縮障害が起こる可能性がある (PMID:8434674) (PMID:1289923) (PMID:11781419)

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・S-アデノシルL-メチオニンの硫酸・トリル酸塩を投与:ラット経口3,320 mg/kg (雄) 、3,757 mg/kg (雌) 、静脈内1,035 mg/kg (雄) 、998 mg/kg (雌) (1989095526) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・適切に用いる場合、経口摂取、静注、筋注でおそらく安全である。
・妊婦・授乳婦は安全性について信頼できるデータが十分でないので使用を避ける。
・経口摂取による有害事象として、腹部膨満、嘔吐・吐き気、下痢、頭痛などがある。
・抗うつ剤やモノアミンオキシダーゼ(MAO)阻害剤との併用は、これら医薬品の副作用を増強することがある。
・国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分されるため、食品に使用することは認められていない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・経口摂取でうつ、骨関節炎の症状緩和におそらく有効である。
・経口摂取で急性あるいは慢性の肝疾患症状の軽減、肝内胆汁うっ滞、線維筋痛症の治療に有効性が示唆されている。

参考文献

(101) Phytochem Anal. 1995; 6(1): 25-30.
(PMID:12180685) J AOAC Int. 2002; 85(4): 901-5.
(PMID:7756849) J AOAC Int. 1995; 78(2): 353-8.
(PMID:12418499) Am J Clin Nutr. 2002;76:1172S-6S.
(PMID:8441793) Psychother Psychosom. 1993;59:34-40.
(PMID:1289923) Psychiatry Res. 1992;44:257-62.
(PMID:9225876) Scand J Rheumatol. 1997;26:206-11.
(PMID:8434674) Am J Psychiatry. 1993 Mar;150(3):522.
(PMID:2680435) Drugs. 1989 Sep;38(3):389-416.
(PMID:11781419) Neurology. 2002 Jan 8;58(1):130-3.
(PMID:2113347) Acta Psychiatr Scand. 1990 May;81(5):432-6.
(PMID:7527320) Drugs. 1994 Aug;48(2):137-52.
(PMID:2673478) Br J Psychiatry. 1989 Jan;154:48-51.
(PMID:2188871) Gastroenterology. 1990 Jul;99(1):211-5.
(PMID:10406187) J Hepatol. 1999 Jun;30(6):1081-9.
(PMID:2081485) Drugs. 1990;40 Suppl 3:98-110.
(PMID:7811344) Alcohol Alcohol. 1994 Sep;29(5):597-604.
(PMID:9865018) Klin Med (Mosk). 1998;76(10):45-8.
(PMID:7941961) Acta Neurol Scand Suppl. 1994;154:15-8.
(PMID:2183633) Am J Psychiatry. 1990 May;147(5):591-5.
(PMID:2236465) Psychopharmacol Bull. 1990;26(2):249-53.
(PMID:2674027) Int J Clin Pharmacol Ther Toxicol. 1989 Jul;27(7):329-33.
(PMID:3318446) Am J Med. 1987 Nov 20;83(5A):84-8.
(PMID:3318445) Am J Med. 1987 Nov 20;83(5A):81-3.
(PMID:3318444) Am J Med. 1987 Nov 20;83(5A):78-80.
(PMID:3318443) Am J Med. 1987 Nov 20;83(5A):72-7.
(PMID:3318456) Am J Med. 1987 Nov 27;83(5B):66-70.
(PMID:3888864) Int J Clin Pharmacol Res. 1985;5(1):39-49.
(PMID:12019049) J Fam Pract. 2002 May;51(5):425-30.
(PMID:15102339) BMC Musculoskelet Disord. 2004 Feb 26;5(1):6.
(PMID:3318438) Am J Med. 1987 Nov 20;83(5A):107-10.
(PMID:1925418) Scand J Rheumatol. 1991;20(4):294-302.
(PMID:7941964) Acta Neurol Scand Suppl. 1994;154:7-14.
(PMID:3050630) Neurosci Biobehav Rev. 1988 Summer;12(2):139-41.
(PMID:3318448) Am J Med. 1987 Nov 20;83(5A):95-103.
(PMID:3318455) Am J Med. 1987 Nov 27;83(5B):60-5.
(PMID:2083923) Hepatogastroenterology. 1990 Dec;37 Suppl 2:122-5.
(PMID:12420702) Am J Clin Nutr. 2002 Nov;76(5):1158S-61S.
(PMID:15537554) Pharmacotherapy. 2004 Nov;24(11):1501-7.
(PMID:1359575) Pharmacol Biochem Behav. 1992 Oct;43(2):423-31
(PMID:2081476) Drugs. 1990;40 Suppl 3:111-23.
(PMID:8395220) J Pharm Biomed Anal. 1993 Apr-May;11(4-5):361-6.
(PMID:8064733) J Rheumatol. 1994 May;21(5):905-11.
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:21911258) J Affect Disord. 2012 Feb;136(3):1174-8.
(PMID:22901308) J Altern Complement Med. 2012 Sep;18(9):854-9.
(PMID:26130251) Cancer Prev Res (Phila). 2015 Sep;8(9):864-72
(94) Natural Medicines
(102) dietary supplement toxicology and clinical pharmacology 2003;231-334
(2015386128) 薬理と治療 43(4):549-59
(1989095526) 薬理と治療 1987 15(11):4471-9
(PMID:24488716) Planta Med. 2014 Feb;80(2-3):243-8.
(PMID:12399019) Biochim Biophys Acta. 2002 Nov 14;1573(2):105-8.
(PMID:17151469) Biosci Biotechnol Biochem. 2006 Dec;70(12):2982-9.
(PMID:26496619) Int Microbiol. 2015 Jun;18(2):117-25.
(PMID:16010571) Appl Microbiol Biotechnol. 2006 Feb;69(6):704-10.
(PMID:24488716) Planta Med. 2014 Feb;80(2-3):243-8.
(PMID:19821403) Cochrane Database Syst Rev. 2009 Oct 7;(4):CD007321.
(PMID:20110025) Clin Ther. 2009 Dec;31(12):2860-72
(PMID:8434674) Am J Psychiatry. 1993 Mar;150(3):522.
(PMID:1289923) Psychiatry Res. 1992 Dec;44(3):257-62.
(PMID:11781419) Neurology. 2002 Jan 8;58(1):130-3.
(PMID:27727432) Cochrane Database Syst Rev. 2016 Oct 10;10:CD011286.
(PMID:29950497) BMJ Case Rep. 2018 Jun 27;2018. pii: bcr-2018-224338.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.