健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

ロイシン [英]Leucine (Leu) [学名]

概要

ロイシンは、必須アミノ酸の一つで、1日の必要量がアミノ酸の中で最大である。ただし含有する食物も多いため、通常の食事では不足しにくい。イソロイシンバリンとともに、筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸 (分枝アミノ酸) (BCAA;branched chain amino acid) であり、筋肉のエネルギー代謝に深く関わっている。


●有効性
俗に、「筋肉をつくる」「疲労を抑える」と言われており、運動中の筋肉消耗の低減、慢性の肝性脳症、躁病、遅発性ジスキネジー (運動障害) 、食欲不振で有効性が示唆されている。また、脂肪燃焼を促すといわれているが、ダイエット効果に関しては信頼できる十分なデータが見当たらない。


●安全性
短期間で適切に摂取する場合は安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中の安全性については信頼できる十分なデータがないので、過剰摂取は避ける。



▼他の素材はこちら