健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

グリシン、グリココル、アミノ酢酸 [英]Glycine、Glycocoll [学名]-

概要

グリシンはタンパク質を構成するアミノ酸のひとつで、生体内ではセリンより生合成され、生体内の重要な物質 (ポルフィリン、プリン、クレアチン、グルタチオン) の原料となっている。また、胆汁酸や芳香族カルボン酸のグリシン抱合に関与している。俗に、「記憶によい」「睡眠によい」などと言われている。ヒトでの有効性については、統合失調症、脳卒中に対し有効性が示唆されている。安全性については、適切に摂取すれば安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中については十分なデータがないため使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。
・指定添加物 (用途:調味料、強化剤) としての使用が認められている (78) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号GlyまたはG、C2H5NO2、分子量 (MW) 75.05。もっとも単純な形の天然アミノ酸で不斉炭素もないので光学異性体 (D、L体) もない。別名グリココルはその甘味に由来する (32) 。
・白色の結晶または結晶性の粉末で無臭、甘味がある。水またはギ酸に可溶 (102) 。

分析法

・イオン交換クロマトグラフィーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬で発色し、アミノ酸自動分析計 (波長440 nmまたは570 nm) により分析する方法が一般的である (101) 。
・グリシンを乾燥後ギ酸に溶かし酢酸を加えてから過塩素酸で滴定する電位差滴定法の他に、比色法、蛍光法などがある (102) 。

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・メタボリックシンドロームの成人52名 (試験群28名、平均47.46±8.18歳、メキシコ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較において、グリシン15 g/日を3ヶ月間摂取させたところ、SOD2遺伝子発現の減少、男性で収縮期血圧、HbA1Cの低下、HDL-Cの増加が、女性でLDL-Cの低下、HDL-Cの増加が認められたが、男性ではウエスト/ヒップ比の増加、TCの増加が、女性では血糖値の上昇が認められた (PMID:24144057)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・統合失調症患者に対し、標準治療とともに摂取した場合、陰性症状 (意欲低下や感情鈍麻など) が減少する可能性が示唆されている (94)。しかし、併用する薬剤によっては症状の悪化が示されており、陽性症状の改善は認められない (94) 。
・急性虚血性脳卒中発症から6時間以内に摂取させた場合、脳神経保護に有効性が示唆されている (94)。
RCT
・ 統合失調症の入院患者11名 (22〜60歳、イスラエル) を対象とした二重盲検無作為化クロスオーバープラセボ比較試験において、抗精神病薬 (パーキンソン症候群治療剤のトリヘキシフェニジルまたは抱水クロラール (催眠薬) ) とグリシン 0.8 g/kg/日、6週間併用したところ、陰性症状、抑うつ症状、認知症状に改善が認められた (PMID:8932891)
・治療抵抗性の統合失調症患者19名 (平均38.8±11.0歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、投薬されている抗精神病薬とグリシン0.8 g/kg/日、6週間併用したところ、錐体外路への影響やうつ症状の回復は認められなかった (PMID:9892253)
・ 統合失調症患者27名 (平均39±7歳、試験群14名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クロザピン (精神病治療薬) とグリシン 60 g/日、8週間併用したところ、陽性症状、陰性症状、認知機能に影響は認められなかった (PMID:10784481)
・ 頸動脈領域での急性虚血性脳卒中患者212名 (試験群135名、45〜75歳、ロシア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、グリシンを0.5〜2.0 g/日、5日間摂取させたところ、1.0 g/日摂取群でバーセルインデックス (神経学的状態の指標) の改善、脳卒中発症30日後死亡率の減少、1.0〜2.0 g/日摂取群でSSSとOSS (神経学的状態の指標) の改善、血中におけるNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体抗体力価の早期正常化、アスパラギン酸の減少、酸化関連マーカー (TBARS) の減少、重度脳卒中患者における血中グルタミン酸の減少、脳脊髄液中GABA (γ-アミノ酪酸) の増加がみられた (PMID:10629347)
・健康な成人16名 (平均23±4.1歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、グリシン0.8 kg/kg体重を単回摂取させたところ、脳波測定による90分後までの聴性誘発電位の音量依存 (LDAEP) (PMID:17646968) 、減少ミスマッチ陰性電位 (MMN) の1部分の振幅 (PMID:17952411) の減弱を誘発したが、その他の項目に影響は認められなかった。
・統合失調症または統合失調感情障害患者22名 (試験群12名、平均36.0±7.8歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、抗精神病薬治療とともに、グリシンを経時的に増量しながら6週間摂取させたところ (1週目:0.2 g/kg×1回/日、2週目:0.2 g/kg×2回/日、3週目以降:0.2 g/kg×3回/日) 、PANSS4項目中3項目の改善が認められた。一方、仕事と社会性の尺度 (WSAS) 、カルガリーうつ病評価尺度 (CDRS) 、ミスマッチ陰性電位 (MMN) に影響は認められなかった (PMID:28602646)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

RCT
・女性15名 (平均31.1歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、グリシンを3 g/日、4日間摂取させたところ、SAMの総合スコアおよび10項目中2項目、睡眠の質 (SMH) 14項目中1項目の改善が認められたが、睡眠時間やその他の項目に影響は認められなかった (110) 。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・通常食品に含まれる量を適切に摂取する場合、安全性が示唆されている (94) 。
・経口摂取でまれに、歐気嘔吐、上部消化管の不快感、軽い鎮静がみられることがあるが、摂取中止で急速にこれらの症状は解消する (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータが見当たらないため、サプリメントとしての使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して、信頼できる十分な情報が見当たらない。
<被害事例>
・健康な成人12名 (25〜38歳、日本) を対象とした非盲検試験において、グリシンを9 g/日、7日間摂取させたところ、就寝前摂取で軽度の軟便症状が2名に腹痛が1名にみられたが、試験終了後解消した (2006179979) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・統合失調症の患者に対し、クロザピン (精神病治療薬:CYP1A2、CYP3A4基質) との併用で症状が悪化することがある。クロザピン以外の非定型抗精神病薬との併用では症状悪化の報告はされていないが、非定型抗精神病薬との併用には注意すべきである (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・ラット経口7.93 g/kg、マウス経口4.92 g/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・ヒト経口800 mg/kg、ラット経口 (継続) 30 g/kg/10日、ラット経口 (間欠的) (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・通常食品に含まれる量を適切に摂取する場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータが見当たらないため、使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・統合失調症、脳卒中に対し有効性が示唆されている。

参考文献

(102) 第15改正日本薬局方
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」 (別添2、別添3、一部改正について)
(32) 生化学辞典 第4版 東京化学同人
(78) 改訂 食品添加物インデックス 和名・英名E No.検索便覧 中央法規 社団法人日本輸入食品安全推進協会
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(101) 日本食品成分表2015年版 (七訂) 分析マニュアル・解説 建帛社
(PMID:9892253) Arch Gen Psychiatry 1999 56(1) 29-36
(PMID:10784481) Am J Phychiatry 2000 157(5) 826-8
(PMID:8932891) Br J Psychiatry 1996 169(5) 610-7
(PMID:10629347) Cerebrovasc Dis 2000 10(1) 49-60
(PMID:17646968) Psychopharmacology (Berl) 2007 195(1) 85-93
(PMID:17952411) Psychopharmacology (Berl) 2008 196(3) 451-60
(2006179979) 生活衛生 2006 50(1) 27-32
(110) Sleep and Biological Rhythms 2006 4 75-7
(94) Natural Medicines
(PMID:24144057) Can J Physiol Pharmacol. 2013 Oct;91(10):855-60.
(PMID: 28602646) Schizophr Res. 2018 Jan;191:61-69.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.