健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

ラフマ(羅布麻 )、コウマ、ヤンロン(燕龍) [英]Luobuma [学名]Apocynum venetum L.

概要

ラフマは、中国の吉林省以南から西モンゴルまで広域に自生するキョウチクトウ科の宿根草 (地上部は枯れて根や茎は残り、翌年に芽を出す多年草) であり、古くから葉が茶の代用として使われている。ラフマは繊維質に富み、麻のように用いられてきたことから紅麻 (こうま) 、野麻 (のま) 、沢漆麻 (たくしつま) など多くの異名がある。その茶はラフマ茶、燕龍(ヤンロン)茶とも呼ばれ、エキスの顆粒も登場している。俗に、「血圧を調節する」「カゼを予防する」「心身を落ち着かせる」などと言われているが、ヒトでの有効性については十分なデータが見当たらない。中華人民共和国薬典にラフマ茶が「肝臓を鎮め神経を落ち着かせる。熱を取り去り利尿作用がある」との記載があり、中国では高血圧治療薬として製造認可を受けているようであるが、これは品質が確かな医薬品としての評価と解釈するべきである。安全性については参考となる十分なデータが見当たらないが、ラフマ葉の製剤を使用した場合に、腹部不快感、吐き気、下痢などの悪影響が見られたとの報告がある。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。