健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ベニバナ 、コウカ、スエツムハナ、クレノアイ [英]Safflower、Safflor [学名]Carthamus tinctorius L.

概要

ベニバナ (紅花) はエジプト原産といわれ、世界各地で古くから染料や食用に栽培されてきた植物であり、ベニバナ (キク科) 主に種子油と花が注目され利用されている。ベニバナ種子油はリノール酸を豊富に含み、俗に、「循環器系疾患を予防する」と言われており、高コレステロール血症に対して有効性が示唆されている。花は婦人科系の不調に効果があるとされているが、科学的根拠に乏しい。安全性について、通常の食事に含まれる量のベニバナ種子油の摂取はおそらく安全である。花については月経刺激、子宮刺激作用があるため、妊娠中には使用すべきではない。授乳中は十分な情報がないため摂取を避ける。キク科の植物に過敏な人ではアレルギーを起こすことがある。花は血液凝固時間を延長することがあるため、出血性疾患または消化性潰瘍の場合は使用禁忌とされている。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・管状花、種子油は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:赤色素、黄色素は着色料である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・脂肪油、フラボノイドを含む。花は色素として紅色色素カルタミン (cartamin) 0.3〜0.6%、黄色色素サフラワーイエロー (safflower yellow) またはサフロミン (safflomin) 20〜30%を含む。種子油はリノール酸グリセリドを多量に含む。またリノレン酸を含む。
・薬用部分は花 (紅花<コウカ>) 乾燥させて用いる。6月から7月にかけて早朝に花を摘みとり、水洗いして黄色の色素を抜き、2〜3日発酵させてもみ、もち状になったものを適当な大きさにちぎり、ムシロにはさんでおく。エジプト原産とされ、各地で栽培される。高さ40 cm〜1.3 m。花期は6月〜7月 (29) 。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


・ベニバナ種子油は高コレステロール血症に対して有効性が示唆されている (94) 。ベニバナ油をサプリメントとして摂取していると、総コレステロールおよびLDLコレステロールが低下するが、トリグリセリドは低下せず、HDLコレステロールを増加させることもないという報告がある (94) 。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・マウス実験で鎮痛、鎮静 (ヘキソバルビタール睡眠時間延長) 作用を有する (24) 。
・ベニバナ煎液はマウス、ウサギ、モルモット、ネコ、イヌなどの子宮に対し、緊張性を高め律動性の収縮を示す。大量で自動運動能は増強され痙攣を起こすが、これは妊娠子宮で顕著に現れ、作用は持続的である (24) 。一方、動物種によって収縮作用はきわめて弱いとする報告もある (24) 。
・マウス実験で弱い筋弛緩作用を有する (24) 。
・ベニバナ黄色素は免疫抑制活性をもつ (23) 。ベニバナの多糖類は免疫増強効果がある (23) 。

安全性

危険情報

<一般>
・ベニバナ油の摂取はおそらく安全である (94) 。
・ベニバナの花の適切な摂取は安全性が示唆されている (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊産婦は使用を避ける (18) (20) (24) 。月経過多出血傾向のある人も使用を避ける (24) 。
・妊娠中は、ベニバナの花は堕胎薬や月経刺激、子宮刺激作用をもつためおそらく危険である (94) 。
・授乳中はベニバナの花の安全性は十分なデータがないため避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
被害事例
・痩身目的でベニバナ油を使用 (摂取量、期間の詳細不明) していた女性3名 (32歳、44歳、66歳、ブラジル) が急性肝障害のため肝移植を受け、このうち66歳の女性が手術後に死亡した。いずれもベニバナ油との関連が疑われた (PMID:29579831)

禁忌対象者

・出血性疾患、消化性潰瘍、凝血障害では使用禁忌 (94) 。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・抗血液凝固薬や抗凝固作用のあるハーブやサプリメントとの併用で出血傾向が高まる可能性がある (94) 。
・キク科の他の植物と交差アレルギーを起こす可能性がある (94) 。
・他の食品との相互作用、臨床検査値に対する影響は知られていない (94) 。

動物他での
毒性試験

・動物実験 (マウス) において、ベニバナ水抽出物を200 mg/kg、35日間摂取させたところ、精巣上皮における多核巨細胞の増加や、精細管径や精上皮厚の減少、精細胞の成熟停止が認められた (PMID:22395857)
・in vitro試験 (MTT試験、エームス試験) において、ベニバナのメタノール抽出物とクロロホルム抽出物には細胞毒性が、水抽出物には遺伝毒性が認められた (PMID:26281312)

AHPAクラス分類
及び勧告

・花:クラス2b 、2d (22) 。

危険情報、禁忌対象者 参照

総合評価

安全性

・ベニバナ種子油の摂取はおそらく安全である。
・ベニバナの花の適切な摂取は安全性が示唆されているが、妊娠中は堕胎作用や月経刺激、子宮刺激作用をもつためおそらく危険である。
・授乳中におけるベニバナの花の安全性については信頼できる十分なデータがないため避ける。
・出血性疾患、消化性潰瘍、凝血障害では使用禁忌。
・キク科の植物に過敏な人ではアレルギーを起こすことがある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ベニバナ種子油は高コレステロール血症に有効性が示唆されている。

参考文献

(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(18) 和漢薬百科図鑑/II 保育社 難波 恒雄 著
(20) ハーブ大百科 誠文堂新光社 デニ・バウン
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(30)「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(24) 漢方薬理学 南山堂 高木敬次郎ら 監修
(PMID:22395857) J Assist Reprod Genet. 2012 May;29(5):457-61.
(PMID:26281312) Turk J Med Sci. 2015;45(3):496-506.
(94) Natural Medicines
(PMID:29579831) Transplant Proc. 2018 Mar;50(2):476-477.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.