健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ハトムギ [英]Coix seed、Job's Tears [学名]Coix lacryma-jobi L. var. ma-yuen (Roman.) Stapf

概要

ハトムギは中国、インドシナ地方の原産のイネ科の植物である。日本でも古くから栽培され、ハトムギ粒を焙煎したハトムギ茶を飲用してきた。なお、日本薬局方では、ハトムギの種子が生薬の (ヨクイニン) の原料とされ、漢方処方として解熱鎮痛消炎薬に使用されているが、食品のハトムギと混同しないよう、注意が必要である。また、ジュズダマ (Coix lacryma-jobi) はハトムギの同属植物であり、生薬のヨクイニンの代用として用いられていることがある。



●有効性
俗に、「滋養作用がある」「美容に役立つ」などと言われているが、食品として流通しているハトムギの人での有効性については信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
子宮収縮を促進する可能性があるため、妊娠中は摂取を避ける。また、授乳中の安全性は信頼できる十分な情報が見当たらないため摂取は避ける。



▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
・ハトムギ (ジュズダマ/ヨクイニン/ヨクベイ) 種子、種子エキス、種子油、葉:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当する。

■日本薬局方
・ヨクイニンが収載されている。

■食品添加物
・天然香料基原物質リスト
 ハトムギが収載されている。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・種子の成分は炭水化物50〜79%、タンパク質16〜19%、脂肪10%で、コイクセノリド、レオヌリシドA、コイクスピロラクタムA、B、C、コイクスラクタムなどを含む (103) 。

分析法

・ハトムギのぬかをUV検出器を装着したHPLCで分析した報告がある (PMID:21395288)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

RCT
・放射線治療を受ける乳がんの女性110名 (試験群73名、平均51.2±10.5歳、台湾) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ハトムギ外皮抽出物500 mg含有カプセル×4個/日を、放射線治療期間中 (5〜6週間) 摂取させたところ、治療による皮膚炎の重症度 (RTOG:腫瘍放射線治療グループ指標) の緩和が認められた (PMID:26495009)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

RCT
・成人女性44名 (日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ハトムギ抽出物末約1,500 mg/日 (試験群15名、平均39.4±10.7歳) もしくは1,000 mg/日 (試験群15名、平均40.1±11.2歳) を12週間摂取させたところ、右頬、左腕、前額部の肌検査のうち、1,500 mg群で左腕の皮脂量減少、1,000 mg群で右頬の弾力低下が認められた。一方、いずれの群ともに前額部の皮脂量および弾力、肌のメラニン値や水分値に影響は認められなかった (2017239188) 。
・顔に色素沈着を有する成人女性83名 (20〜80歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、ハトムギ全粒熱水抽出物2 g/日 (試験群29名) もしくは、4 g/日 (試験群26名) を8週間摂取させたところ、4 g群で色素沈着度と紅斑度の低下が認められた。一方、2 g群に影響は認められなかった (2019077722) 。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。



安全性

危険情報

<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

<被害事例>
・34歳女性 (日本) が、露光部位に掻痒性皮疹を生じ来院。日光性皮膚炎と診断されたが、セロリとハトムギ茶の併用を中止したところ、症状は軽快した。その後の誘発試験でセロリとハトムギ茶を摂取したところ、UVA照射による紅斑を生じたため、セロリとハトムギ茶による日光性皮膚炎と診断された。なお、セロリ、ハトムギ茶の単独摂取では光線過敏を生じなかった (1983223381) 。

禁忌対象者

・妊娠中は、医療従事者監督下以外での使用禁止 (22) 。

医薬品等との
相互作用

<動物・試験管内>
・in vitro試験 (ヒト胎児腎細胞) において、ハトムギの抽出物はOATP2B1活性に影響を及ぼさなかった (PMID:16415120)
・in vitro試験 (測定キット) において、ハトムギ抽出物はCYP3A4、CYP2D6活性に影響を及ぼさなかった。一方、CYP2C9活性をごくわずかに阻害したが、ロット間によりばらつきが認められた (2019077725) 。
・in vitro試験 (ラット肝ミクロソーム) において、ハトムギぬかのエタノール抽出物は、CYP1A2活性に影響を及ぼさなかったが、CYP1A1、CYP2C、CYP2D、CYP2E1、CYP3A活性を阻害した (PMID:21395288)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、ハトムギぬかのエタノール抽出物は、CYP1A2活性に影響を及ぼさなかったが、CYP2C、CYP2D、CYP2E1、CYP3A活性を阻害した (PMID:21395288)
・動物実験 (ラット) において、ハトムギぬかのエタノール抽出物の摂取は、肝臓CYP2B、CYP4A活性に影響を及ぼさなかったが、肝臓CYP1A1、CYP1A2、CYP2C6、CYP2C11、CYP2D1、CYP2E1、CYP3A1タンパク質発現を抑制し、肝臓CYP1A1、CYP2C、CYP2D、CYP3A活性を抑制、高用量の摂取では肝臓CYP1A2、CYP2E1活性も抑制した (PMID:21395288)
・動物実験 (ラット) において、ハトムギぬかのエタノール抽出物の摂取は、肺CYP1A2、CYP2B活性に影響を及ぼさなかったが、肺CYP1A1タンパク質発現および活性を抑制した (PMID:21395288)
・動物試験 (ラット) において、ハトムギふすま油の1時間前摂取は、静注投与したテオフィリン (喘息治療薬:CYP1A2基質) 、ジクロフェナク (解熱鎮痛薬:CYP2C9基質) 、デキストロメトルファン (鎮咳薬:CYP2D6基質) 、クロルゾキサゾン (筋弛緩薬:CYP2E1基質) 、ジルチアゼム (カルシウム拮抗薬:CYP3A4、P糖タンパク質基質) の血中濃度 (AUC) および半減期に影響を及ぼさなかった (PMID:31618937)
・動物試験 (ラット) において、ハトムギふすま油の1時間前摂取は、ジクロフェナク (解熱鎮痛薬:CYP2C9基質) の血中濃度 (AUC、Cmax) および半減期に影響を及ぼさなかったが、テオフィリン (喘息治療薬:CYP1A2基質) およびジルチアゼム (カルシウム拮抗薬:CYP3A4、P糖タンパク質基質) のAUC、Cmax、デキストロメトルファン (鎮咳薬:CYP2D6基質) のAUC、クロルゾキサゾン (筋弛緩薬:CYP2E1基質) のCmaxを増加させた (PMID:31618937)
・動物試験 (ラット) において、ハトムギふすま油の7日間事前摂取は、ジクロフェナク (解熱鎮痛薬:CYP2C9基質) 、デキストロメトルファン (鎮咳薬:CYP2D6基質) 、ジルチアゼム (カルシウム拮抗薬:CYP3A4、P糖タンパク質基質) の血中濃度 (AUC、Cmax) および半減期に影響を及ぼさなかったが、テオフィリン (喘息治療薬:CYP1A2基質) のAUCおよび半減期、クロルゾキサゾン (筋弛緩薬:CYP2E1基質) のAUC、Cmaxを増加させた (PMID:31618937)

動物他での
毒性試験

1.TDLo (最小中毒量)
・ハトムギ種実油を投与:ラット経口 (連続的) 151.2 g/kg/4週 (91) 。
・ハトムギ種粉末を投与:ヒト経口 (間欠的) 24 g/kg/4週、ラット経口 (連続的) 210 g/kg/5週 (91) 。
2.その他
・妊娠ラットに妊娠0日から出産まで連日、ハトムギ粉末 (Coix lacryma-jobi L.var.ma-yuen Stapf を焙煎後、ミルで粉砕したもの) を5%混餌したもの (ハトムギ粉末量として約3.5 g/kg/日) を投与したところ、妊娠動物および出生児に対してハトムギによる悪影響を示唆する変化は認められなかった (2007162186) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・種子:クラス2b (22) 。

総合評価

安全性

・ハトムギ根または種子抽出物をサプリメントとして摂取した場合の安全性については十分な情報が見当たらない。
・ハトムギを通常の食品として適切に摂取する場合には安全性が示唆されている。
・ハトムギ種子抽出物は子宮収縮を促進する可能性があるため、妊娠中は摂取を避ける。
・授乳中の安全性については十分な情報が見当たらないため、摂取を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・信頼できる十分な情報が見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添1、別添2、一部改正について)
(2007162186) 薬理と治療. 2007;35(1):67-70.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(PMID:26495009) Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:312072.
(PMID:16415120) Drug Metab Dispos. 2006 Apr;34(4):577-82.
(2019077725) 日本補完代替医療学会誌. 2018;15(2):109-112.
(101) 第十八改正日本薬局方解説書 廣川書店
(102) 学名でひく食薬区分リスト 薬事日報社 佐竹元吉 監修
(103) 健康・機能性食品の基原植物事典 中央法規
(104) 植物詳細 薬用植物総合情報データベース
(2017239188) 新薬と臨牀. 2017;66(6):771-81.
(2019077722) 日本補完代替医療学会誌. 2018;15(2):85-90.
(1983223381) 皮膚科紀要. 1983;78(1):71.
(PMID:21395288) J Agric Food Chem. 2011 Apr 27;59(8):4306-14.
(PMID:31618937) Nutrients. 2019 Oct 15;11(10):2473.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.