健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

シナモン、ケイシ、ケイヒ [英]Cinnamon [学名]Cinnamomum cassia、Cinnamomum aromaticum 、Cinnamomum sieboldii、Cinnamomum verum、Cinnamomum zeylanicum

概要

シナモンは、クスノキ科の常緑樹である。主に、スリランカや南インドなど熱帯地方原産のセイロンニッケイ (Cinnamomum verumCinnamomum zeylanicum) 、中国やインドシナ原産のカシア (Cinnamomum cassiaCinnamomum aromaticum) 、ニッキ (Cinnamomum sieboldii) を示す。いずれも、樹皮をナイフではぎ取り、発酵・乾燥をして用いる。独特の甘味で清涼感のある強い芳香をもち、辛味があり、古くからスパイスのひとつとしても親しまれている。日本薬局方ではCinnamomum cassia Blumeの樹皮または周皮の一部を除いたものが生薬のケイヒ、Cinnamomum cassia Blumeの葉と小枝もしくは樹皮またはCinnamomum zeylanicum Neesの樹皮から得た精油がケイヒ油として利用されている。


●有効性
俗に、「糖尿病を改善する」「血行をよくする」「ダイエットによい」と言われているが、Cinnamomum cassiaにおいて糖尿病に対し有効性が示唆されているものの、その他、人での有効性については信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
Cinnamomic cassiaの適切な摂取はおそらく安全であるが、多量の長期間にわたる摂取は危険性が示唆されており、妊娠中・授乳中の大量摂取に関しては十分なデータが見当たらないため、使用を避ける。Cinnamomum verumCinnamomum sieboldiiなどをサプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報は見当たらない。


摂取してはいけない人 (禁忌)
シナモンもしくはペルーバルサムアレルギーの人のCinnamomum cassiaCinnamomum verum摂取



▼他の素材はこちら