【注意喚起|海外】細菌汚染のおそれがある製品の自主回収情報を公表 (米国FDA)

画面を閉じる

 

 

発信者

海外/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
米国FDAが細菌汚染のおそれがある製品の自主回収情報を公表 (220805)


■注意喚起および勧告内容
2022年7月29日、米国FDA (U.S. Food and Drug Administration) が細菌汚染のおそれがあるプロテイン飲料などの自主回収情報を公表。回収対象製品の一覧は、米国FDAウェブページ (2022年7月29日、英語) を参照。

■解説
当該製品は、商業用の無菌性に関する規格を満たしておらず、細菌 (Cronobacter sakazakiiなど) による汚染の可能性があることが判明したため、業者 (Lyons Magnus LLC) による自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害については報告されていない。

■関連情報
米国FDAウェブページ (2022年7月29日、英語) → 「Lyons Magnus Voluntarily Recalls 53 Nutritional and Beverage Products Due To The Potential For Microbial Contamination」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.