健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ケシ [英]Opium poppy、Garden poppy、Opium、Poppy seed [学名]Papaver somniferum

概要

ケシはケシ科の二年生草本。発芽防止処理をした種子がケシの実 (ポピーシード) と呼ばれ、菓子類のトッピングや料理の風味づけに用いられる。発芽防止処理した種子・種子油を除く全草は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に分類されるため食品に用いることはできない。なお、あへん法により、けしの液汁が凝固したもの及びこれに加工を施したもの (医薬品として加工を施したものを除く。) は「あへん」、けしの麻薬を抽出することができる部分 (種子を除く。) は「けしがら」と定義され、あへん又はけしがらの吸食は禁止されている。


●有効性
俗に、「食欲不振に良い」「疲労回復に良い」などと言われているが、食品として摂取した場合について、情報の信頼性が高いとされる研究方法で検討した報告は見当たらない。


●安全性
種子をスパイスや香料として通常の食事に含まれる量摂取する場合、おそらく安全である。種子を使用した茶を摂取する場合は、危険性が示唆されている。種子の摂取により、依存性や中毒症状を生じる可能性がある。極めて多量の摂取により、腸閉塞を生じるおそれがある。妊娠中、授乳中の摂取は、適量を摂取する場合、おそらく安全であるが、多量に摂取する場合は、信頼できる十分な情報が見当たらないため、サプリメントなど濃縮物の自己判断での摂取を控えること。



▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
・ケシ 発芽防止処理した種子・種子油を除く全草:「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に該当する。
・ケシ 発芽防止処理した種子・種子油:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当する。

■日本薬局方
・アヘン末、アヘン散、アヘンチンキが収載されている。

■あへん法
・ケシの栽培、あへん (ケシの液汁が凝固したものおよびこれに加工を施したもの) の採取、あへんおよびけしがら (ケシの麻薬を抽出することができる部分) の吸食、所持、譲渡および輸出入等が規制されている。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・アヘンアルカロイド (モルヒネ、コデイン、テバイン、パパベリン、ノスカピン等) を含む (PMID:32625895) 。アヘンアルカロイドは種子莢中の液汁 (ラテックス) に多く含まれ、熟成した種子にはあまり含まれない。ただし、不適切な処理による種子の液汁接触、種子以外の部位の混入または虫害等によって種子に液汁が浸透する場合がある。種子表面のアルカロイド量は洗浄、熱処理等によって大幅に減少する (PMID:32625895) (102) 。

分析法

・種子中のアヘンアルカロイドをLC-MS/MSで分析した報告がある (PMID:29037712)
・種子を使用した茶 (ポピーシードティー) 中のアヘンアルカロイドをLC-MS/MSで分析した報告がある (PMID: 28973785)
・磁性カーボンナノチューブ分散固相抽出法と組み合わせたGC-MSにより、ポピーシードティー中のアヘンアルカロイドを分析した報告がある (PMID:34688186)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価






安全性

危険情報

<一般>
・発芽防止処理した種子・種子油を除く全草は、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分されるため、食品に使用することは認められていない。
・種子をスパイスや香料として通常の食事に含まれる量摂取する場合、おそらく安全である (94) 。
・通常の食事に含まれる量のケシの実を摂取した場合、EFSA (欧州食品安全機関) が設定したモルヒネの急性参照用量を超えることはない (PMID:33195013)
・種子の摂取によりアレルギー反応 (蕁麻疹、嘔吐、口腔粘膜の腫脹、呼吸困難) や依存性、中毒症状を生じる可能性がある。また、多量摂取により、呼吸数の低下、肺水腫、急性呼吸窮迫症候群、誤嚥性肺炎、腸閉塞を生じる可能性がある (94) 。
・種子を使用した茶 (ポピーシードティー) を摂取する場合は、危険性が示唆されている (94) 。ポピーシードティーに用いられる種子の洗浄が不十分である場合、種子莢由来のアヘンアルカロイドが混入している可能性がある。
・米国で2000〜2018年に自発報告されたケシに関する有害事象報告611件のうち13歳以上を対象とした412件において、ケシ摂取との因果関連が疑われる重篤な有害事象は26件 (うち死亡8件) であった (PMID:33435745)
<妊婦・授乳婦>
・種子を、スパイスや香料として通常の食事に含まれる量摂取する場合、おそらく安全である。多量に摂取する場合は、信頼できる十分な情報が見当たらないため、サプリメントなど濃縮物の自己判断での摂取を控えること (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報は見当たらない。
<その他>
・ケシに対するアレルギー患者は、交差反応性により、ヘーゼルナッツ、ライ麦、キウイ、ゴマ、またはソバにアレルギー反応を生じる可能性がある (94) 。
<被害事例:海外>
・うつ病、慢性疼痛のため、セルトラリン、ミルタザピンを服用中の21歳男性 (イギリス) が、背部痛の緩和のため、インターネットで入手したレシピで作成した自家製のポピーシードティーを多量摂取していたところ (摂取量不明) 、吐き気、嘔吐、呼吸困難、チアノーゼを生じ、意識消失のため救急搬送された。徐脈、呼吸低下、昏睡、縮瞳が認められ、その後、呼吸性・代謝性アシドーシス、重度の心室機能障害、心原性ショック、血中トロポニンおよびクレアチニン上昇を呈したが、ナロキソンの投与を含む加療により改善し、退院した (PMID:34458851)
・ビタミンサプリメントを使用中の妊婦 (年齢不明、アメリカ) が、つわりによる吐き気軽減のために自家製のポピーシードティー (ケシの実約32.8 g+チアシード約15.5 g+紅茶キノコ473 mL/日) を5〜6日/週、7ヶ月間摂取し続けたところ (妊娠期間中の推定総モルヒネ摂取量1.21〜1.45 g) 、出生した男児が呻吟、多呼吸を生じ、出生4日目に易刺激性、甲高い啼泣、神経過敏、発熱が認められた。Finnegan score (新生児薬物離脱症候群評価スコア) が治療開始基準を超えたため、モルヒネ投与による加療により改善した (PMID:32629445)
・24歳男性 (アメリカ) が、自家製のポピーシードティーを摂取し (摂取量、期間不明) 、誤嚥性肺炎により死亡した。剖検で血中からモルヒネ、コデインが検出され、モルヒネ中毒と診断された (PMID:28973785)
・21歳男性 (アメリカ) が、自家製のポピーシードティーを日常的に摂取していたが、通常より多量に摂取したところ (摂取量の詳細不明) 、肺水腫、急性肺炎により死亡した。剖検で血中からモルヒネ、コデインが検出され、モルヒネ中毒と診断された (PMID:28973785)
・てんかん、ベンゾジアゼピン依存症の既往歴がある54歳女性 (アメリカ) が、インターネット上の情報を基に、気分改善のために生のケシの実を連日摂取していたところ (摂取量、期間不明) 、1〜2日間続く激しい嘔吐の後、意識消失の状態で発見されて救急搬送され、死亡が確認された。盲腸から結腸にかけてケシの実の残渣が認められ、ケシの実の摂取による腸閉塞と診断された。継続的な嘔吐と閉塞物による水分吸収を原因とする電解質不均衡で不整脈を生じたものと推測された (PMID:28543087)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

1.LD (致死量)
・抽出物を投与:マウス腹腔内>1 g/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・種子をスパイスや香料として通常の食事に含まれる量摂取する場合、おそらく安全である。種子を使用した茶を摂取する場合は、危険性が示唆されている。
・種子の摂取により、アレルギー反応 (蕁麻疹、嘔吐、口腔粘膜の腫脹、呼吸困難) や依存性、中毒症状を生じる可能性がある。多量摂取により、呼吸数の低下、肺水腫、急性呼吸窮迫症候群、誤嚥性肺炎、腸閉塞を生じるおそれがある。
・妊娠中、授乳中の摂取は、適量を摂取する場合、おそらく安全であるが、多量に摂取する場合は、信頼できる十分な情報が見当たらないため、サプリメントなど濃縮物の自己判断での摂取を控えること。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・食品として摂取した場合について、情報の信頼性が高いとされる研究方法で検討した報告は見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック第2版東京堂出版林真一郎ら監訳
(94) Natural Medicines
(101) 健康・機能性食品の基原植物事典 中央法規
(102) COMMISSION RECOMMENDATION of 10 September 2014 on good practices to prevent and to reduce the presence of opium alkaloids in poppy seeds and poppy seed products
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(PMID:32625895) EFSA J. 2018 May 16;16(5):e05243
(PMID:34458851) Anaesth Rep. 2021 Aug 21;9(2):e12130.
(PMID:32629445) Neonatology. 2020;117(4):529-531.
(PMID:28543087) J Forensic Sci. 2018 Mar;63(2):614-618.
(PMID:28973785) J Forensic Sci. 2018 Jul;63(4):1229-1235.
(PMID:33435745) Clin Toxicol (Phila). 2021 Aug;59(8):746-755.
(PMID:29037712) Food Chem. 2018 Mar 1;242:443-450.
(PMID:34688186) Forensic Sci Int. 2021 Dec;329:111052.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.