健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

オウギ (黄耆) 、キバナオウギ (黄花黄耆) 、ナイモウオウギ (内蒙黄耆) [英]Milk vetch [学名]キバナオウギAstragalus membranaceus (Fisch.) Bunge. ナイモウオウギAstragalus mongholicus Bunge

概要

オウギは、中国の東北、華北地方および朝鮮半島に分布するマメ科の多年草。日本薬局方ではキバナオウギまたはナイモウオウギの根が生薬の黄耆 (オウギ) として利用されている。一方、健康食品の原材料としては葉・花・茎が利用される。

●有効性
俗に、「疲労によい」などと言われ、生薬の黄耆が強壮、止汗、利尿などに使用されるものの、食品として流通しているオウギのヒトでの有効性については信頼できる十分な情報が見当たらない。

●安全性
適切に摂取した場合、安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中の安全性については信頼できる十分な情報が見当たらないため、摂取を避ける。

詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

■食薬区分
・根:「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に該当する。
・茎、葉:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に該当する。

■日本薬局方
オウギが収載されている。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・フォルモノネチン (formononetin) などのイソフラボン誘導体やサポニン (アストラガロシド (asterogaloside) など) 、クマリンなどを含む (94) 。

分析法

・イソフラボノイドを紫外可視検出器 (検出波長280、260 nm) を装着したHPLCにて分析した報告がある (101) (102) 。
・カリコシンを紫外可視検出器 (検出波長260 nm) を装着したミセル動電クロマトグラフィーにて分析した報告がある (PMID:11019650)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

メタ分析
・2015年12月までを対象に6つのデータベースで検索できた無作為化比較試験13報について検討したメタ分析において、2型糖尿病患者によるゲンゲ属 (Astragalus) の水煎じ物の摂取は、空腹時血糖値 (4報) 、食後血糖値 (3報) 、空腹時インスリン濃度 (3報) 、HbA1c (2報) 、HOMA-IR (2報) の低下と関連が認められたが、HbA1c、HOMA-IRについては試験によるばらつきが大きかった (PMID:27269392)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・適切に摂取した場合、安全性が示唆されている (94) 。
・有害事象として、皮膚症状 (発疹、湿疹、蕁麻疹) 、肝臓および腎臓の嚢胞、免疫抑制を生じる可能性がある (94) 。
・根は、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分される (30) ため、食品に使用することは認められていない。
<妊婦・授乳婦>
・信頼できる十分な情報が見当たらないため、摂取を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<病者>
・免疫機能に影響をおよぼす可能性があるため、自己免疫疾患患者、免疫抑制治療中の患者は摂取を避ける (94) 。
<被害事例>
・大腸がんの腹膜転移があり、健康食品 (プロポリス、プルーン、ビタミンC、プロテイン、クロレラ、アガリクス、青汁、アロエ、松葉) とともに黄耆を含む11種類の生薬配合漢方薬を1ヶ月間摂取した57歳男性 (日本) が、腹部、口腔の皮疹を経験し、その後も摂取を継続していたところ全身に拡大したため医療機関を受診。漢方薬、健康食品の摂取中止により改善したが、自己判断で漢方薬を再開したところ、数時間後に紅斑が出現し、漢方薬中の黄耆による扁平苔癬型薬疹と診断された (2005018114) 。
・黄耆 (ナイモウオウギ根) を含む生薬を服用した261名中5名 (54〜82歳、日本) において、皮疹 (3名) 、掻痒感 (4名) 、好酸球増多、肝機能障害、気管支喘息 (各1名) が認められ、いずれも黄耆の中止により改善した (1999206268) 。
・38歳女性 (中国) がオウギ (部位不明) 茶を1ヶ月間摂取したところ (摂取量不明) 、腫瘍マーカー (CA19-9) の増加、腎臓と肝臓の嚢胞を生じた。オウギ茶の摂取中止により改善した。翌年、オウギ (部位不明) 粉末を1ヶ月間摂取したところ (摂取量不明) 、再びCA19-9の増加と腎臓、肝臓の嚢胞が認められ、オウギ粉末の摂取中止により改善した。Naranjo probability scale は9 (definite) であった (PMID:24806627)
・アトピー性皮膚炎の26歳女性 (日本) が、補中益気湯を摂取したところ、翌日より顔面の発赤腫脹、手指の腫脹を生じ中止により改善。その後、当帰飲子を摂取したところ、2日後より四肢の浮腫、皮疹の悪化、乏尿、好酸球増多を生じた。共通成分である甘草、当帰、黄耆のパッチテストの結果、黄耆を原因とする躍進と診断された (1999200917) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・シクロホスファミド (抗がん剤:CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP3A4基質)などの免疫抑制剤の作用を減弱させる可能性がある (94) 。
・リチウム (うつ病治療薬) と併用すると、オウギに含まれるasterogalosideの利尿作用によりリチウムの血中濃度が上昇する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.TDLo (最小中毒量)
・キバナオウギサポニン分画を投与:ラット経口50 mg/kg (91) 。
・キバナオウギ地下茎80%エタノール抽出物を投与:マウス経口50 mg/kg (91) 。
・キバナオウギ根抽出物を投与:マウス経口20 mg/kg、ヒト経口300 mg/kg (91) 。
・Astragaloside IVを投与:妊娠中ラット経口5 mg/kg、妊娠中ウサギ経口5 mg/kg (91) 。
2.その他
・in vitro試験 (哺乳類の培養細胞) において、オウギの水抽出物は染色体異常試験で陽性を示した (1996156498) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・ナイモウオウギ根:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・適切に摂取した場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中は、信頼できる十分な情報が見当たらないため摂取を避ける。
・根は、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分されるため、食品に使用することは認められていない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(101) 北海道立衛生研究所報. 1987; 37: 48-52.
(102) 東京都立衛生研究所研究年報. 1991; 42: 33-7.
(PMID:11019650) 薬学雑誌. 2000;120(9): 779-85.
(2005018114) 日本皮膚アレルギー学会雑誌. 2004; 12(1):30-4
(1999206268) 漢方と最新治療. 1999; 8(1):35-8
(1996156498) 衛生化学. 1995; 41(6):463-9
(PMID:24806627) J Clin Pharm Ther. 2014 Oct;39(5):561-3.
(94) Natural Medicines
(PMID:27269392) J Ethnopharmacol. 2016 Sep 15;191:206-15.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(1999200917) 和漢医薬学雑誌 1999 15(5) 460-461
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.