【注意喚起|国内】若者の消費者トラブルに注意喚起 (国民生活センター)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
国民生活センターが、若者の消費者トラブルに注意喚起 (220304)


■注意喚起および勧告内容
2022年2月28日、国民生活センターが、若者の消費者トラブルに関する情報を公表し、注意喚起。

■解説
これは、成年年齢の引き下げにより、新たに成年になる18歳・19歳の方に向けた特に注意が必要な消費者トラブルに関する注意喚起のまとめ。
全国の消費生活センター等に寄せられる相談の傾向やこれまでの公表資料をもとにあげられた「18歳・19歳に気を付けてほしい消費者トラブル 最新10選」には、健康食品などの定期購入トラブルや、誇大広告を含むSNS関連のトラブルなどが含まれている。
国民生活センターは、トラブル別にアドバイスを示すとともに、新成人向けの啓発資料を作成して注意を呼び掛けている。

■関連情報
国民生活センターウェブページ (2022年2月28日) →「18歳から“大人” 18歳・19歳に気を付けてほしい消費者トラブル 最新10選」
PDF→「新成人の皆さんへ」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.