【注意喚起|国内】消費生活相談の受付状況と傾向 (7月) の結果を公表 (東京都)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
東京都が消費生活相談の受付状況と傾向 (7月) の結果を公表 (211012)


■注意喚起および勧告内容
2021年10月8日、東京都が消費生活相談の受付状況と傾向 (7月) において、「健康食品」の相談増加を公表。

■解説
これは東京都消費生活総合センターが受け付けた相談の分析結果の報告。2021年7月受付分 (全2016件) では、商品・役務別分類で「健康食品」 (62件) が第3位となり、6月と比較し47.6%増となった。ダイエットサプリメント等を定期購入と気づかずに購入してしまうトラブルが多く、「1回限りのお試し商品と思いダイエットサプリメントを購入したら、2回目の商品が届いた。定期購入とは知らず、解約したい」といった相談が寄せられた。

■関連情報
東京くらしWEB (2021年10月8日) →「消費生活相談の受付状況と傾向 (7月) 」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.