【注意喚起|海外】テトラヒドロカンナビノール (THC) を含む製品の自主回収情報を公表 (アイルランド食品安全局)

画面を閉じる

 

 

発信者

海外/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
アイルランド食品安全局がテトラヒドロカンナビノール (THC) を含む製品の自主回収情報を公表 (210917)


■注意喚起および勧告内容
2021年9月15日、アイルランド食品安全局 (FSAI:Food Safety Authority of Ireland) が高濃度のテトラヒドロカンナビノール (THC) を含む3製品 (下記の一覧参照:写真はアイルランド食品安全局ウェブページより加工転載) の自主回収情報を公表。アイルランド食品安全局は当該製品を購入・使用しないように勧告。

ブランド名
製品名
(内容量)
写真
バッチ No.
賞味期限
Jacob Hooy2.75% CBD+
(10 mL)
060977-0302
2022年2月
GreenwayCBD Hemp Oil
(10 mL)
CB600012022年
12月12日
The Hemp CompanyCBD Oil Original
(10 mL)
10-10-1392021年4月

画像クリックで画像拡大

■解説
当該製品は、未承認の新規食品 (novel food) であり、欧州食品安全機関 (EFSA) が設定した急性参照用量 (ARfD、健康に悪影響を示さないと推定される一日当たりの摂取量) を超えるデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール (THC:大麻の主要成分で幻覚作用を有する) が含まれているため、当該バッチの製品を対象に、業者による自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害については不明。
なお、Jacob Hooyブランドの類似製品において、過去にもTHCの検出が報告されている (詳細はこちら) 。

日本ではTHCは大麻成分に該当し大麻取締法により、輸出入、所持、譲受・譲渡等は原則禁止されている。

■関連成分
テトラヒドロカンナビノール (tetrahydrocannabinol: THC)

インドアサの雌株の花穂から分泌される樹脂ハシシ中の成分。中枢神経に対して阿片と同様の麻薬中毒作用を示す (1) 。

参考文献:(1) 理化学辞典 (第5版) :岩波書店

■関連情報
FSAIウェブページ (2021年9月15日、英語) →「Recall of Various Unauthorised Novel CBD Food Supplements Due to the Presence of Unsafe Levels of delta‐9‐tetrahydrocannabinol (THC)」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.