【注意喚起|海外】ビタミンDの過剰摂取につながるおそれがある製品の自主回収情報を公表 (カナダ保健省)

画面を閉じる

 

 

発信者

海外/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
カナダ保健省がビタミンDの過剰摂取につながるおそれがある製品の自主回収情報を公表 (210709)


クリックで画像拡大

■注意喚起および勧告内容
2021年7月6日、カナダ保健省 (Health Canada) がビタミンDの過剰摂取につながるおそれがある製品「Martin Clinic Liquid Vitamin D」 (NPN 80092359、右記写真:カナダ保健省ウェブページより加工転載) の自主回収情報を公表。

■解説
ビタミンDサプリメントとしてウェブサイトやクリニック、店舗で販売されていた当該製品は、摂取量に関する記載が不適切であり、製品の1日摂取許容量 (1日1滴) を超過して使用されることによって、過剰量のビタミンD摂取につながるおそれがあることが判明した。
また、12歳未満の小児は使用を避ける旨の記載が欠落していた。
さらに、当該製品にはビタミンK2が含まれていたが、抗凝固剤の服用者は医師に相談する必要がある旨が記載されていなかった。このため、全ロットを対象に、業者(Pur Naturals)による自主回収が実施されている。
カナダ保健省は、1日1滴を超える量の摂取および12歳未満の小児の摂取を避けるように、抗凝固薬の服薬者は使用を中止するよう勧告。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害については不明。
ビタミンD過剰摂取については、素材情報データベースビタミンD解説を参照。

■関連情報
カナダ保健省ウェブページ (2021年7月6日、英語) →「Martin Clinic Liquid Vitamin D recalled due to incorrect dosing and missing safety information on the label」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.