【注意喚起|国内】カビを含むおそれがある製品の自主回収情報を掲載 (消費者庁)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
消費者庁がカビを含むおそれがある製品の自主回収情報を掲載 (210618)


クリックで画像拡大

■注意喚起および勧告内容
2021年6月16日、消費者庁がカビを含むおそれがある製品「ガラナパウダー」 (右記写真:消費者庁ウェブページより加工転載) の自主回収情報を掲載。

■解説
当該製品は東京都と神奈川県の店舗で販売されていたが、一部製品で変色およびカビのような物質が確認された。このため、食品衛生法違反のおそれがあるとして、2020年5月29日から2021年6月7日にかけ販売された、賞味期限が2021年12月31日の製品 (販売数量:13個) を対象に、業者 (ビオセボン・ジャポン株式会社) による自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害については不明。

■関連情報
消費者庁ウェブページ (2021年6月16日) →「ビオセボン・ジャポン「ガラナパウダー」 - 返金/回収」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.