特定保健用食品:商品詳細
画面を閉じる

商 品 詳 細

商品イメージ

食品名

小岩井生乳100%のむヨーグルト

形態:発酵乳

内容量:145 g

製造あるいは販売者

小岩井乳業株式会社

住所:東京都千代田区丸の内2丁目5番2号

電話番号:0120-171766

許可された実際の表示

許可された年月

生きたビフィズス菌 (ビフィドバクテリウム・ラクティスBB-12) の働きにより腸内の環境を改善し、おなかの調子を良好に保ちます。

2018年10月12日

適切な利用法

1日1本 (145 g) を目安にお飲みください。

利用上の注意事項

開封後はお早めにお飲みください。

関与成分についての解説

【関与成分および作用機序】
【成分の特性】
Bifidobacterium lactis BB-12株

【作用・効果および機序】
Bifidobacterium lactis BB-12株を含有するヨーグルトを摂取することで、糞便内細菌叢、便性、腸内環境の改善が示唆された (2005055081) 。

出典:
(2005055081) ミルクサイエンス. 2004:53(2);71-80.

【関与成分の分析方法】
発酵乳・乳酸菌飲料中のビフィズス菌の検出と菌数測定法に準じ、下記の操作を行う (1) 。
1. BCP (N) 寒天平板培地を作製し、希釈した検体を塗抹する。
2. 嫌気培養を行い生成コロニー数を計測する。

出典:
(1) はっ酵乳・乳酸菌飲料中のビフィズス菌の菌数測定方法. 2000, 一般社団法人全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会, 4-6.

安全性に関する評価

【ヒト試験】
Bifidobacterium lactis BB-12株を4×107 cfu/g含有するヨーグルト (BB-12ヨーグルト) の過剰量摂取時の安全性を明らかにするため、摂取試験を実施した。健常成人10名 (男性4名、女性6名、平均年齢39.9歳) に、BB-12ヨーグルトを1日450 gで14日間摂取させた。摂取期間中、異常所見は認められず、過剰量摂取時の安全性が確認された (2006078412) 。

出典:
(2006078412) ミルクサイエンス. 2004:53(3);133-140.

【動物・その他の試験】

有効性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
Bifidobacterium lactis BB-12株を4×107 cfu/g含有するヨーグルト (BB-12ヨーグルト) の便性および糞便内細菌叢の改善効果に対するBB-12ヨーグルト摂取量の影響を検討した。健常成人16名 (男性13名、女性3名、平均年齢39.8歳 ) を2群に分け、BB-12ヨーグルトを1日80 gまたは150 gを14日間摂取させた。150 g摂取群では排便量の増加が認められ、一方80 g摂取群および150 g摂取群では、糞便内細菌叢改善および糞便アンモニア含量の低下が見られた。これらから、1日80 gから150 gの間では、整腸効果は摂取量依存的に誘導されると考えられた (2006078412) 。

研究2:
Bifidobacterium lactis BB-12株を4×107 cfu/g含有するヨーグルト (BB-12ヨーグルト) の便性および糞便内細菌叢への効果を明らかにするために、プラセボ対照クロスオーバー試験を実施した。健常成人女性29名 (平均年齢22.0歳) を2群に分け、BB-12ヨーグルトまたはBifidobacterium lactis BB-12株を含まないヨーグルト (プラセボヨーグルト) を1日100 g、14日間摂取させた。便秘傾向者で、BB-12ヨーグルト摂取期でプラセボヨーグルト摂取期に比べて、排便日数が増加した。またBifidobacteriumの菌数および占有率の増加、Bacteroidaceaeの菌数および占有率の減少、Enterobacteriaceae占有率の減少、糞便形状の改善が見られた (2005055081) 。

出典:
(2006078412) ミルクサイエンス. 2004:53(3);133-140.
(2005055081) ミルクサイエンス. 2004:53(2);71-80.

【動物・その他の試験】

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.