東京都が平成30年度健康食品試買調査結果を公表 (190328)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文

■タイトル
東京都が平成30年度健康食品試買調査結果を公表 (190328)

■内容
2019年3月26日、東京都が平成30年度健康食品試買調査結果を公表。

■解説
東京都が2018年5月から2019年3月に購入した健康食品を対象に調査を行ったところ、店舗 (都内の健康食品売場等) で購入した44品目中29品目、インターネット等の通信販売で購入した86品目中79品目に不適正な表示・広告がみられた。東京都は、不適正な表示・広告を行った事業者に改善等を指導するとともに、都民に対して、誇大あるいは科学的根拠が不十分な表示・広告に注意するように、医療機関に通院している場合は健康食品の利用について必ず医師や薬剤師に相談するように注意喚起。
また、このうち9製品から医薬品成分 (ATP、シルデナフィル、タダラフィルなど) が検出され、すでに注意喚起情報が出されている (詳細は東京都健康安全研究センターウェブページを参照) 。

■関連情報
東京都ウェブページ (2019年3月26日) →「健康食品の不適正な表示・広告にご注意! 平成30年度健康食品試買調査結果」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.