健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

カフェイン [英]Caffeine、methyltheobromine [学名]-

概要

カフェインは、コーヒー豆、カカオ種子、ガラナ種子、チャ (茶) 葉に含まれるアルカロイドで苦みをもつ。


●有効性
俗に、「記憶力を向上させる」「運動能力を向上させる」「疲労を回復させる」などと言われ、カフェインを配合したエナジードリンクや栄養ドリンクが利用されている。一方、医薬品としてのカフェインの効能は、ねむけ、倦怠感、血管拡張性及び脳圧亢進性頭痛 (片頭痛、高血圧性頭痛、カフェイン禁断性頭痛など) である。食品として流通しているカフェイン製品は一般的に品質・規格が明確でないため、医薬品と同等の有効性が期待できるとは限らない。


●安全性
成人が通常の食事に含まれる量を適切に摂取する場合はおそらく安全であるが、多量の摂取はおそらく危険である。また、カフェインに対する感受性は人によって大きく異なるため、感受性の高い人、小児、妊婦、授乳婦は特に摂取量に注意が必要である。食品に含まれるカフェインの過剰摂取による健康被害が多数報告されており、国内外の公的機関から注意喚起が出されている。



コラム (一般向け) :「エナジードリンクについて

▼他の素材はこちら