シンガポールHSAが医薬品成分 (レボドパ) を含む製品の自主回収情報を公表 (181106)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

■タイトル
シンガポールHSAが医薬品成分 (レボドパ) を含む製品の自主回収情報を公表 (181106)

クリックで画像拡大

■注意喚起および勧告内容
2018年11月2日、シンガポールHSA (Health Sciences Authority) が医薬品成分 (レボドパ) を含む製品「HealthAid® MALE MAX」 (右記写真:シンガポールHSAウェブページより加工転載) の自主回収情報を公表。

■解説
HealthAid Ltdが製造し、シンガポールではUnited Italian Trading Corporation (Pte) Ltdが店舗で販売していた当該製品を検査したところ、医薬品成分であるレボドパが検出されたため、自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害については不明。

■関連情報
シンガポールHSAウェブページ (2018年11月2日、英語) →「HealthAid® MALE MAX」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.