米国FDAが細菌混入のおそれがある製品の自主回収情報を公表 (180829)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

■タイトル
米国FDAが細菌混入のおそれがある製品の自主回収情報を公表 (180829)

■注意喚起および勧告内容
2018年8月27日、米国FDA (U.S. Food and Drug Administration) が細菌混入のおそれがある製品の自主回収情報を公表。

■解説
これは、2018年8月22日に米国FDAが公表した情報 (詳細はこちら) の続報。King Bioが販売していた小児用ホメオパシー製品において細菌混入が判明したため、一部製品を対象とした自主回収が行われていたが、今般、自主回収の対象が同社の販売する全ての液体製品に拡大された。回収対象製品の一覧が同社のウェブページで公開されている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害については報告されていない。

■関連情報
米国FDAウェブページ (2018年8月27日、英語)
「King Bio Issues Voluntary Nationwide Recall of All Aqueous-Based Products for Human and Animal Use Due to Possible Microbial Contamination」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」
当サイトに掲載済みの当該製品関連情報
「米国FDAが細菌混入のおそれがある製品の自主回収情報を公表 (180823)」

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.