健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

キャベツ [英]Cabbage [学名]Brassica oleracea、Brassica oleracea var. capitata.

概要

キャベツは、ヨーロッパ北西部原産のアブラナ科の多年生草本。日本には明治初期に渡来し、食用とされている。


●有効性
俗に、「胃に良い」「便秘解消に良い」「がんを予防する」などと言われているが、人においては信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
安全性については、通常の食事に含まれる量を摂取する場合、おそらく安全である。妊娠中の安全性については十分な情報がないため、通常の食事以上の量の摂取は避ける。アブラナ科植物にアレルギーを持つ者は、交差反応性によりキャベツに対してもアレルギー症状を引き起こす可能性がある。



キャベツは同じアブラナ科のケールブロッコリーと起源が同じである。

▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」にも「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」にも該当しない。

■特定保健用食品
・ブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)を関与成分とし、「コレステロールが気になる方に適する」保健用途の表示ができる特定保健用食品が許可されている。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・グルコシノレート類 (101) (102) (PMID:22857862) 、アントシアニン類 (PMID:24128451) 、クロロゲン酸、カフェー酸、ゴイトリンなどを含む (94) 。

分析法

・キャベツに含まれるグルコシノレート類をLC-MSによって分析した報告がある (101) (PMID:22857862)

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・ブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)を関与成分とし、「コレステロールが気になる方に適する」保健用途の表示ができる特定保健用食品が許可されている。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

メタ分析
・2013年5月までを対象に5つのデータベースで検索できた観察研究6報 (コホート研究1報、症例対照研究5報) について検討したメタ分析において、キャベツの摂取は大腸腫瘍発生リスクと関連が認められなかった (PMID:24341734)
・2012年4月までを対象に1つのデータベースで検索できた観察研究9報 (コホート研究1報、症例対照研究8報) について検討したメタ分析において、キャベツの摂取は大腸がん発症リスクの低下と関連が認められたが、試験によるばらつきが大きかった (PMID:23211939)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。



安全性

危険情報

<一般>
・通常の食事に含まれる量を摂取する場合、おそらく安全である (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中の安全性については十分な情報がないため、過剰量やサプリメントなど濃縮物の摂取は避けたほうが良い (94) 。
・完全母乳育児を行う授乳婦272名 (アメリカ) を対象とした横断研究において、母親のキャベツ摂取量が多いと、乳児の疝痛症状が多く観察された (PMID:8537569)
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<病者>
・甲状腺機能低下症を悪化させる可能性があるため、患者は過剰量やサプリメントなど濃縮物の摂取を避けたほうがよい (94) 。
・血糖値に影響をおよぼす可能性があるため、外科的手術の2週間前までに摂取を中止した方がよい(94) 。
<その他>
・他のアブラナ科植物にアレルギーを持つ者は、交差反応性によりキャベツに対してもアレルギー症状を引き起こす可能性がある (94) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト試験>
・健康な男性10名 (アメリカ) を対象に、キャベツ100 g+芽キャベツ150 g×2回/日を含む食事を10日間摂取させ、摂取7日目にオキサゼパム45 mg、10日目にアセトアミノフェン (解熱鎮痛薬) 1,500 mgを投与したところ、コントロール食の摂取時と比較してオキサゼパム、アセトアミノフェン (解熱鎮痛薬) の代謝クリアランス率の上昇、血中濃度の低下が認められた (PMID:6692645)
<理論的に考えられる相互作用>
・グルクロン酸抱合により代謝される医薬品の代謝を促進し、効果を減弱させる可能性がある (94) 。
・糖尿病治療薬や血糖降下作用のあるハーブとの併用で、血糖降下を増強する可能性がある (94) 。
・CYP1A2活性を誘導し、代謝を促進する可能性がある (94) 。
・ビタミンKを含むため、多量に摂取すると抗凝固薬の効果を減弱させる可能性がある (94) 。
・キャベツはクロロゲン酸、カフェー酸、ゴイトリンなどを含むため、ヨウ素の吸収に影響を与える可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.TDLo (最小中毒量)
・種子エタノール抽出物を投与:ラット経口 50 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・通常の食事に含まれる量を摂取する場合、おそらく安全である。
・妊娠中、授乳中は通常の食事以上の量の摂取は避ける。
・特定保健用食品では個別に製品ごとの安全性が評価されている。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・特定保健用食品では個別に製品ごとの有効性が評価されているが、その他、人での有効性については信頼できる十分な情報が見当たらない。

参考文献

(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(94) Natural Medicines
(101) 日本食生活学会誌 2014 25(2) 121-130
(102) 食と緑の科学 2006 60 63-66
(PMID:22857862) J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 2012 Aug 15;903:171-6.
(PMID:24128451) Food Chem. 2014 Feb 15;145:77-85.
(PMID:6692645) Clin Pharmacol Ther. 1984 Feb;35(2):161-9.
(PMID:23211939) Ann Oncol. 2013 Apr;24(4):1079-87.
(PMID:23679348) Cancer Sci. 2013 Aug;104(8):1067-73.
(PMID:24341734) Nutr Cancer. 2014;66(1):128-39.
(PMID:8537569) J Am Diet Assoc. 1996 Jan;96(1):46-8.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.