消費者庁が景品表示法に違反する製品に注意喚起 (170309)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文

■タイトル
消費者庁が景品表示法に違反する製品に注意喚起 (170309)

■注意喚起および勧告内容
2017年3月9日、消費者庁が景品表示法に違反する製品「アスタキサンチン アイ&アイ」に注意喚起。当該製品を供給する株式会社だいにち堂に対して措置命令を行った。

■解説
株式会社だいにち堂は、当該製品を販売するにあたって、2016年6月27日〜30日までの間に日刊新聞紙に掲載した広告において、「あたかも、対象商品を摂取することにより、ボンヤリ・にごった感じの目の症状を改善する効果が得られるかのように示す表示」を行っていた。消費者庁が同社に対して表示の裏付けとなる資料の提示を求めたところ、提出された資料は合理的な根拠と認められず、景品表示法における優良誤認に該当すると判断された。
消費者庁は同社に対し、今後、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく、同様の表示を行わないように勧告するとともに、一般消費者に対して当該製品の表示が景品表示法に違反するものである旨を周知し、再発防止に努めるよう命令した。

■関連情報
消費者庁ウェブページ (2017年3月9日) →「株式会社だいにち堂に対する景品表示法に基づく措置命令について」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.