健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

グルコシルセラミド [英]Glucosylceramide [学名]-

概要

グルコシルセラミドは、細胞膜の構成成分として分布するスフィンゴ糖脂質。スフィンゴ糖脂質は、分子内にスフィンゴイド塩基、脂肪酸、糖を含む化合物の総称で、構成しているスフィンゴイド塩基、脂肪酸、糖の組み合わせの違いにより、多くの分子種が存在している。糖としてグルコースが一つ結合したものがモノグルコシルセラミドである。動物のあらゆる組織中に存在し、 植物や真菌に含まれているスフィンゴ糖脂質は、多くがグルコシルセラミドである。コメ、トウモロコシ、麦類、豆類、こんにゃく、キノコ類、ビートなどの植物由来や酵母由来のグルコシルセラミドが、サプリメントの原材料に利用されているが、その化学的な構造は由来する原料によって異なる。俗に、「皮膚のバリア機能を保つ」「肌によい」などと言われているが、ヒトでの有効性・安全性については、信頼できる十分なデータが見当たらない。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。