シンガポールHSAが基準値以上の重金属 (ヒ素) を含む製品に注意喚起 (141219)

画面を閉じる

 

 

発信者

海外/注意

本文

■タイトル
シンガポールHSAが基準値以上の重金属 (ヒ素) を含む製品に注意喚起 (141219)

■注意喚起および勧告内容
2014年12月18日、シンガポールHSA (Health Science Authority) が基準値以上の重金属 (ヒ素) を含む2製品 (下記の一覧参照) に注意喚起 (写真はシンガポールHSAのHPより加工転載) 。シンガポールHSAは当該製品を使用しないように、また、使用して体調に不安を感じている場合は医療機関を受診するように勧告。

製品名写真
Zhenzhu Shedan Chuanbeimo
Huatan Zhike Chongcao Zhenzhu Chuanbeimo


■解説
これは、シンガポールHSAの買い上げ調査によって判明した事例。当該製品は熱、発作、咳、嘔吐、痰などへの効果を謳って販売されていたが、分析したところ、バッチ No.T292の製品より基準値以上のヒ素を検出。業者による自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害は報告されていない。

■関連成分
ヒ素 (arsenic)

ヒ素の毒性としては吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などがあり、症状は通常、摂取数時間後に起こり、数日から数週間後に腎臓、肝臓、皮膚、心臓血管、神経系に影響を及ぼす可能性がある。

■関連情報
シンガポールHSAウェブページ
2014年12月18日 (英語) →「Batch T292 of Two Chinese Medicines Recalled for Containing Arsenic Which Exceeded Permissable Limits」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」
当サイト内でのヒ素検索結果→こちら



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.