米国FDAが医薬品成分 (フルオキセチン) を含む製品に注意喚起 (131122)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

■タイトル
米国FDAが医薬品成分 (フルオキセチン) を含む製品に注意喚起 (131122)

■注意喚起および勧告内容
2013年11月14日、米国FDA (U.S. Food and Drug Administration) が医薬品成分 (フルオキセチン) を含む製品「Adipotrim XT」に注意喚起。米国FDAは当該製品を使用しないように、また、使用して体調に不安を感じている場合は医療機関を受診するように勧告。

■解説
当該製品は痩身効果を謳ったナチュラルハーブダイエタリーサプリメントとして販売されていたが、ロットNo. #052012より医薬品成分であるフルオキセチンを検出。これを受けて、当該ロットNo.で自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害は報告されていない。

■関連成分
フルオキセチン (fluoxetine)

海外では医薬品としての承認があるが、国内では未承認。うつ病やうつ症状に用いられる。副作用としては悪心・嘔吐、下痢、食欲不振、頭痛、睡眠障害等が報告されている。

■関連情報
米国FDAウェブページ (2013年11月14日、英語) →「Deseo Rebajar Inc. Issues Voluntary Puerto Rico Recall of Adipotrim XT Due to Underclared Fluoxetine」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」
当サイト内でのフルオキセチン検索結果→こちら

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.