シンガポールHSAが医薬品成分 (シルデナフィルなど) を含む製品に注意喚起 (130807)

画面を閉じる

 

 

発信者

海外/被害

本文

■タイトル
シンガポールHSAが医薬品成分 (シルデナフィルなど) を含む製品に注意喚起 (130807)

■注意喚起および勧告内容
2013年8月6日、シンガポールHSA (Health Science Authority) が医薬品成分 (シルデナフィルなど) を含む3製品 (下記の一覧参照) に注意喚起 (写真はシンガポールHSAのHPより加工転載) 。当該製品摂取との因果関係が疑われる健康被害が報告されている。

製品名写真検出された医薬品成分
Li Long Mei Guo Mo Bangシルデナフィル
Africa Black Antシルデナフィル
Ginseng Tu Chong Wan Lin Heongデキサメタゾン



■解説
報告された健康被害は以下の通り。

1.Li Long Mei Guo Mo Ban
・40代男性が当該製品を摂取したところ、心臓発作および脳卒中をおこして意識不明の状態であったところを発見されて入院した。現時点でも入院し、加療を続けている。なお、会話ができない状態であるため、当該製品の入手先は不明。

2.Africa Black Ant
・50代男性が露店で購入した当該製品を摂取したところ、胸痛および息切れが生じて医療機関を受診、現時点において完全には回復しておらず、加療が続けられている。
なお、当該製品は過去に英国MHRA、米国FDA、カナダ保健省から注意喚起されている (当サイトにも掲載済み) 。

3.Ginseng Tu Chong Wan Lin Heong
・30代女性が海外から入手した当該製品を、関節痛軽減を目的に約9ヶ月間摂取したところ、顔面のむくみ、腫れぼったい眼、体重増加が生じて医療機関を受診、ステロイド (デキサメタゾン) の過剰摂取によるクッシング症候群と診断された。

シンガポールHSAは、1.および2.の製品を使用している人はすぐに中止し、3.の製品を数週間使用していた人は離脱症状を防ぐために直ぐに医療機関を受診するように勧告。

■関連成分
シルデナフィル (sildenafil)

シルデナフィルのクエン酸塩 (クエン酸シルデナフィル) が医薬品バイアグラ錠の有効成分として承認。なお、承認されているクエン酸シルデナフィルの適応と主な副作用は、次のとおり。
【適応】勃起不全
【副作用】頭痛、ほてり、視覚障害等
【添付文書上の警告】高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素 (NO) 供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下げることがあるのでご注意下さい。

デキサメタゾン (dexamethasone)
抗炎症作用が強く、作用の持続時間もステロイドの中で最も長い薬物。抗炎症や免疫抑制に使用されるが、糖尿病やムーンフェースなどの副作用が起こる可能性がある。連用後、急に服用を中止すると重篤な離脱作用が起こることがあり、連用後の服用中止時には、徐々に減量するなど注意が必要な医薬品。

■関連情報
シンガポールHSAウェブページ (2013年8月6日、英語) →「HSA ALERTS PUBLIC TO SERIOUS ADVERSE REACTIONS CAUSED BY ILLEGAL HEALTH PRODUCTS」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」
当サイト内でのシルデナフィル検索結果→こちら、デキサメタゾン検索結果→こちら
当サイト内に掲載済みの当該製品関連情報
「英国MHRAが医薬品成分 (シルデナフィル) を含む製品に注意喚起 (110628)」
「米国FDAが医薬品成分 (シルデナフィルなど) を含む製品に注意喚起 (120409)」
「カナダ保健省が医薬品成分 (シルデナフィルなど) を含む製品に注意喚起 (120605)」



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.