健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

クロロフィル [英]Chlorophyll [学名]-

概要

クロロフィルは葉緑素とも呼ばれ、植物の葉にタンパク質と複合体を作って存在し、光合成において主たる役割を果たしている。クロロフィルと総称されるものの中にはクロロフィルa、b、c、dといった構造が異なる化合物が含まれる。クロロフィルa、bは緑色植物や緑藻、クロロフィルa、cは褐藻とケイ藻、クロロフィルa、dは紅藻に含まれている。天然のクロロフィルでは構造の中心にマグネシウムが配置している。このマグネシウムが銅に置換したものが銅クロロフィルであり、これをアルカリによって加水分解して水溶性にしたものが銅クロロフィリンナトリウムである。クロロフィリンは、クロロフィルをアルカリ処理して生成する緑色色素をさす。なお、一部のウェブサイトに、「クロロフィルがコレステロール値を下げ、血中脂質の正常化にはたらくことが、国立健康・栄養研究所の研究で実証されています」との記載がみられるが、引用したと想定される論文情報は1975年に実施された動物実験データであり、当研究所がヒトにおいてクロロフィルによる血清コレステロール値の低下作用を実証したという事実はない。


●有効性
俗に、「口臭」「便秘」「解毒」「創傷」によいなどと言われているが、人に対しては信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
適切に摂取する場合は、おそらく安全であるが、妊娠中・授乳中は信頼できる十分な情報が見当たらないため、使用を避ける。



▼他の素材はこちら