健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ハッショウマメ (八升豆) 、ビロウドマメ、ムクナ [英]Cowhage、Velvet bean、Atmagupta、Cowitch、Dolichos pruriens [学名]Mucuna pruriens (L.) DC. Var. utilis (Wight) Burck

概要

ハッショウマメはマメ科に属する蔓性の一年草。名前の由来は、一説には、1本から8升もの豆が収穫できるからといわれている。俗に、「パーキンソン病によい」「痛みによい」と言われているが、ヒトでの有効性については調べた文献に十分なデータが見当たらない。安全性については、適切に摂取する場合には、安全性が示唆されているが、妊婦および授乳婦の安全性については信頼できる十分な情報が見当たらないため、使用を避ける。また、ハッショウマメの鞘の毛は強い刺激性があり、重篤な掻痒や灼熱感、紅斑、黄斑を生じる可能性があるため、ハッショウマメの鞘の毛を摂取することは危険性が示唆されている。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・ハッショウマメ (ビロウドマメ) 全草が「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当 (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・ハッショウマメはレボドパ (levodopa) 、prurieninin、ミネラル (カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、マンガン、亜鉛、銅など) を含む (94) 。
・ハッショウマメ種子は、レボドパ、5-Meo-DMT、N,N-DMT、ブフォテニンなどを含む (PMID:1978001)

分析法

・ハッショウマメ種子中のレボドパをHPTLC (高性能薄層クロマトグラフィー) にて分析した報告がある (PMID:18310948)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・ハッショウマメを適切に摂取する場合には安全性が示唆されている (94) 。
・ハッショウマメの鞘の毛は強い刺激性があり、重篤な掻痒や灼熱感、紅斑、黄斑を生じる可能性があるため、ハッショウマメの鞘の毛を摂取することは危険性が示唆されている (94) 。
・ハッショウマメ調製品摂取によって、頭痛、動悸、発汗、鼓腸、下痢、口渇、発疹、掻痒、尿の色調変化、錯乱、めまい、興奮、幻覚、パラノイヤ様妄想などが生じる可能性がある (94) 。
・ハッショウマメはレボドパを含むため、理論的には、レボドパ製剤に認められる有害作用 (肝酵素の上昇、呼吸困難、尿閉、体液の黒化、筋肉の痙攣、頭痛など) が生じる可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・ハッショウマメはプロラクチン分泌を阻害する可能性があるため、妊娠中・授乳中は使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・ハッショウマメに含まれるレボドパと特定の麻酔薬 (シクロプロパン、ハロゲン化炭化水素) を併用すると、不整脈が起こる可能性があるため、手術の2週間前にはハッショウマメの摂取を中止したほうがよい (94) 。
・ハッショウマメと糖尿病治療薬を併用すると、低血糖のリスクが増加する可能性がある (94) 。
・ハッショウマメと血糖値を低下させるハーブを併用すると、低血糖のリスクが増加する可能性がある (94) 。
・ハッショウマメと向精神薬を併用すると、向精神薬の効果が減弱する可能性がある (94) 。
・ハッショウマメとグアネチジンを併用すると、相加的な血圧低下作用を生じる可能性があるため、使用を避ける (94) 。
・ハッショウマメとメチルドーパを併用すると、相加的な血圧低下作用を生じる可能性がある。また、メチルドーパがハッショウマメに含まれるレボドパの末梢性脱カルボキシル化を阻害する可能性があり、中枢神経系に到達するレボドパ量増加による中毒を起こす可能性がある (94) 。
・高血圧性クリーゼ (高血圧性緊急症) を生じる可能性があるため、ハッショウマメと非選択的モノアミンオキシダーゼ阻害剤 (MAOI) を併用すべきではない (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・ハッショウマメ種子抽出物を投与:ラット腹腔内1 g/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・ハッショウマメ種子抽出物を投与:ラット経口100 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・根、種子:クラス2b (22) 。

総合評価

安全性

・適切に摂取する場合は安全性が示唆されている。
・ハッショウマメの鞘の毛を摂取することは危険性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中は使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に十分なデータが見当たらない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(PMID:1978001) Lancet. 1990 Nov 3;336(8723):1129.
(PMID:18310948) Chem Pharm Bull (Tokyo). 2008 Mar;56(3):357-9.
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(94) Natural Medicines

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.