健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

コーヒー [英]Coffee [学名]Coffea arabica L.

概要

コーヒーはエチオピアを原産とするアカネ科の植物で、アフリカおよび東南アジアからマレーシア熱帯地域に分布する。花期は周年で、白色の花をつけ、果実は緑色から熟すと濃赤色になる。成熟果実を採取して果肉を除き、種子の内皮、種皮を除いて焙煎し煮出したものを飲用する。主にカフェイン、ポリフェノール等を含み、10世紀頃からアラブ地方で薬用として用いられ、眠気覚まし等に利用されてきた。現代では嗜好飲料として世界中で飲用され、自律神経系への機能性や抗酸化能など様々な研究がされている。ヒトでの有効性については、直腸結腸がんに対して有効性が示唆されているものの、乳がんや消化管がんに対して効果がないことが示唆されている。また、コーヒーなどカフェインを含む飲料は、精神覚醒に対しておそらく有効であり、低血圧や胆のう疾患、糖尿病、パーキンソン病に対して有効性が示唆されている。安全性においては、適切に摂取する場合はおそらく安全であるが、カフェインを含むため過剰量の摂取は危険性が示唆されている。小児の摂取や妊娠中・授乳中の過剰量の摂取においても危険性が示唆されている。カフェインの情報はこちらを参照。その他詳細については、「すべての情報を表示」を参照。