健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

シソ (紫蘇) [英]Perilla、beefsteak plant [学名]Perilla frutescens (L.) Britton var crispa (Thnb.) W. Deane (シソ) 、 Perilla frutescens (L.) Britton var acuta Kudo (シソ) 、 Perilla frutescens (L.) Britton var frutescens (エゴマ) 、 Perilla frutescens (L.) Britton var japonica Hara (エゴマ) 、 Perilla frutescens var acuta f.viridis (青シソ) など

概要

シソは、中国原産のシソ科の一年草。葉は薬味など広く調理に用いられ、全草が食用に利用されている。エゴマはシソと同種に分類される変種であり、葉、種子が食用されるほか、油料 (エゴマ油) の原料となる。


●有効性
俗に、「アレルギー症状を軽減させる」「免疫力を高める」などと言われているが、人においては信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
葉、茎、種子を適切に摂取する場合は安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中は信頼できる十分な情報が見当たらないため、自己判断でのサプリメントなど濃縮物の摂取を控えること。



▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
・シソ (エゴマ/シソ油) 枝先、種子、種子油、葉:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に該当する。

■日本薬局方
・ソヨウが収載されている。

■食品添加物
・既存添加物
 シソ抽出物 (シソエキス):製造用剤
 香辛料抽出物 (スパイス抽出物/香辛料/スパイス):苦味料等
・天然香料基原物質リスト
 シソが収載されている。
・一般飲食物添加物 
 シソ色素 (アントシアニン/アントシアニン色素/野菜色素):着色料
 シソジュース

成分の特性・品質

主な成分・性質

・葉、種子は、多種類のフラボン (アピゲニン (apigenin) (94)、ルテオリン (luteolin) (94) 、シソニン (shisonin) など) を含む (94) 。
・種子油は、α-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸を含む (94) 。
・葉、茎にも少量の揮発性油が含まれる (94) 。
・葉、茎、種子は、フェノール化合物 (ロスマリン酸、カフェイン酸、フェルラ酸など) 、少量のトリテルペン、トコフェロール、フィトステロールを含む (94) 。

分析法

・ロスマリン酸をHPLP-Cにより分析した報告がある (PMID:31848798)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

RCT
・スギ花粉症患者32名 (試験群21名、平均28.8±11.6歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、青シソ葉抽出物15 mg+青シソ種子抽出物30 mg+甜茶抽出物195 mg/日を、スギ花粉飛来の1ヶ月前より約2ヶ月間摂取させたところ、花粉症重症度指標 (問診所見) 4項目中2項目 (下鼻甲介粘膜の腫脹、鼻腔内水性分泌量) の低減が認められた。一方、眼と鼻の症状の重症度、鼻汁好酸球数、症状の自己評価に影響は認められなかった (2002099133) 。
・スギ花粉に対する軽度アレルギー性鼻炎患者29名 (日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ対照試験において、シソ抽出物 (ロスマリン酸200 mg/日、10名、平均33.1±6.3歳、もしくは、50 mg/日、9名、平均32.2±6.6歳) をスギ花粉飛来時に21日間摂取させたところ、200 mg群で症状スコア7項目中2項目 (鼻の痒み、目の痒み) の改善、50 mg群で7項目中2項目 (流涙、目の痒み) の改善が認められた。一方、鼻腔洗浄液中の炎症性細胞数、鼻腔洗浄液中もしくは血中の炎症マーカーに影響は認められなかった (PMID:14988517)





試験管内・
動物他での
評価

-



安全性

危険情報

<一般>
・葉、茎、種子を適切に摂取する場合、安全性が示唆されている (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については、信頼できる十分な情報が見当たらないため、自己判断でのサプリメントなど濃縮物の摂取を控えること (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<病者>
・保存期慢性腎不全患者18名 (試験群8名、平均57.5歳、日本) を対象にした試験において、エゴマ油 (α-リノレン酸62.2%含有) を6ヶ月〜2年3ヶ月間、家庭での調理時に使用させて外食を控えさせたところ、クレアチニン値が10 mg/dLになってから透析開始までの期間 (腎不全が悪化する期間) が短縮され、腎不全の悪化を促進する可能性が示唆された (2002248760) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・シソ油を投与:マウス経口 2.77 g/kg (91) 。
2.LDLo (最小致死量)
・シソ油を投与:ラット経口 5 g/kg (91) 。
3.TDLo (最小中毒量)
・Perilla frutescens var. crispa未精製多糖類を投与: (間欠的) マウス経口8 g/kg/8日 (91) 。
・シソ油を投与:ラット経口 (継続的) 560 g/kg/32週、マウス経口 (継続的) 210 mg/kg/35日、(間欠的) 63 mg/kg/21日 (91) 。
・Perilla frutescens (linn.) Britt.葉水抽出物を投与:ラット経口 (間欠的) 5 g/kg/5日 (91) 。
・Perilla frutescens (linn.) Britt.抽出物を投与:ラット経口 150 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・葉、茎、種子を適切に摂取する場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中の安全性については、信頼できる十分な情報が見当たらないため、自己判断での摂取は控えること。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・信頼できる十分な情報は見当たらない。

参考文献

(2002248760) 腎不全. 2000; 12(1):41-5
(2002099133) 日本臨床栄養学会雑誌. 2001; 23(3):5-14
(101) 学名でひく食薬区分リスト 健康食品・医薬品に区分される成分 薬事日報堂 佐竹元吉 監修
(102) 基原植物事典 中央法規
(94) Natural medicine
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(PMID:14988517) Exp Biol Med (Maywood). 2004 Mar;229(3):247-54.
(PMID:31848798) J Nat Med. 2020 Mar;74(2):341-352.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.