健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

オウカコウ、クソニンジン、ホソバニンジン [英]Annual Mugwort、Annual Wormwood、Chinese Wormwood、Sweet Wormwood、Sweet Annie [学名]Artemisia annua

概要

オウカコウは、本州から九州、アジアなどに広く分布し、荒地などに多く生育する一年草。 全体は大きな円錐状をしており、緑の細かい毛に覆われた鋸歯状の葉を持つ。全草に独特のにおいがあり、葉の形がニンジンに似ているため、クソニンジンとも呼ばれる。生薬名は「オウカコウ (黄花蒿)」。薬理作用のあるアルテミシニンが特に成熟花に含まれる。ヨモギ属のうち、Artemisia annuaだけが相当量のアルテミシニンを含む。伝統的中国医学では、悪寒や熱、マラリアなどの治療に用いられてきたが、日本では帯果・帯花枝葉が「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料)」に該当する。


●有効性
俗に、「マラリアに効く」「赤痢に効く」「食欲不振を改善する」「便秘を改善する」と言われているが、人に対しては信頼できる十分な情報が見当たらない。


●安全性
動物実験では催奇形性や胎児吸収などの報告があるため、妊婦が摂取することはおそらく危険である。ただし、WHOは、他に代替品がない場合にのみ、妊娠中期または後期でのアルテミシニンの半合成誘導体の使用を認めている。


▼他の素材はこちら



法規・制度

■食薬区分
帯果、帯花枝葉:「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に該当する。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・オウカコウはセスキテルペンラクトンであるアルテミシニン (artemisinin) 、デオキシアルテミシニン (deoxyartemisinin) 、quercetagetin、スコポレチン、精油、ビタミンAなどを含む。
・アルテスネート (artesunate) およびアーテメーター (artemether) はアルテミシニン由来の半合成誘導体であり、アルテミシニンおよびデオキシアルテミシニンなどとともにアルテミシニン類と呼ばれる (PMID:18373841)

分析法

・オウカコウ中のアルテミシニンンをHPLC (波長289 nm) で分析したという報告がある (PMID:14993622)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・限定的な研究では、オウカコウに含まれているアルテミシニンとquercetagetinにはP-388、A-549、HT-29、MCF-7、KBがん細胞に対して細胞毒性を持つ (PMID:8134418)


安全性

危険情報

<一般>
・適正に短期間摂取する場合は安全性が示唆されている (94) 。
・有害事象として、中枢神経系および心血管系に毒性を生じる可能性がある (94) 。
・オウカコウに含まれているアルテミシニンの半合成誘導体アーテメーター (artemether) の使用に伴い、低血糖症、心電図のQT間隔延長、腹痛、および注射部位疼痛を生じることがある (PMID:10354615)
・帯果・帯花枝葉は、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分される (30) ため、食品に使用することは認められていない。
<妊婦・授乳婦>
・妊婦が摂取することは、おそらく危険である (94) 。動物実験において、妊娠初期にアルテミシニンの半合成誘導体を投与すると、胎児吸収と催奇形性の可能性がある (94) 。妊娠中期または後期での安全性は不明だが、WHOは、他に代替品がない場合は、妊娠中期または後期でのアルテミシニンの半合成誘導体の使用を認めている (94) 。
・信頼できる情報が不十分なので、授乳婦は使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・オウカコウはキク科植物 (ブタクサ、キク属、マリーゴールド、ヒナギク、その他の多数のハーブ) に敏感なヒトにアレルギー反応を引き起こす可能性がある (94) 。
<被害事例>
・52歳男性 (アメリカ) がオウカコウの主成分であるアルテミシニンを200 mg×3回/日、10日間摂取したところ、腹痛、褐色尿、血清AST、ALT、ALP、ビリルビンの上昇が認められ、肝炎と診断された。摂取を中止したところ、2週間後に回復した (PMID:19680221)
・51歳男性 (スイス) が、旅先でのマラリア予防のためにオウカコウ粉末1.25 g/日を4週間摂取したところ、帰国3週間後に倦怠感、腹部不快感、黄色便、黄疸、黄疸尿が4日間続き受診。6週間の間に6〜8 kgの体重減少していた。検査にて肝機能マーカー (AST、ALT、ALP、γ-GTP、総ビリルビン、胆汁酸) の上昇が認められ、因果関係評価のRUCAMスコアが6 (probable) であったため、摂取していたオウカコウ粉末による重症急性胆汁うっ滞性肝炎と考えられ、加療にて改善した (PMID:31681778)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<動物・試験管内>
・in vitro試験 (Caco-2細胞) において、オウカコウ抽出物はCYP3A4、CYP1A1の活性を阻害した (PMID:23107701)
・in vitro試験 (ヒト酵素タンパク) において、オウカコウ水抽出物およびエタノール抽出物はCYP3A4活性を阻害した (PMID:28539725)
<理論的に考えられる相互作用>
・CYP2B6、CYP3A4によって代謝される医薬品の効果を減弱させる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1. LD50 (半数致死量)
・オウカコウ抽出物を投与:ラット経口5,556/kg(91)。
2. TDLo (最小中毒量)
・オウカコウ抽出物を投与:マウス経口 (断続的) 3,200/kg/4日(91)。

AHPAクラス分類
及び勧告

・地上部:クラス2b (22) 。

総合評価

安全性

・動物実験において、妊娠初期にアルテミシニンの半合成誘導体を投与すると、胎児吸収と催奇形性の可能性があるため、妊婦が摂取することは、おそらく危険である。
・信頼できる情報が不十分なので、授乳婦は使用を避ける。
・帯果・帯花枝葉は、国内では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分される (30) ため、食品に使用することは認められていない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・マラリア治療のために、オウカコウ抽出物であるアルテミシニンを適切に経口および注射投与する場合は、おそらく有効である。

参考文献

(20) ハーブ大百科 誠文堂新光社  デニ・バウン
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(PMID:8134418) Planta Med. 1994 Feb;60(1):54-7
(PMID:10354615) Trends Pharmacol Sci. 1999 May;20(5):199-205
(PMID:18373841) BMC Infect Dis. 2008 Mar 28;8:39.
(PMID:19680221) MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2009 Aug 14;58(31):854-6.
(PMID:23107701) Food Chem. 2012 Sep 15;134(2):864-71.
(94) Natural Medicines
(PMID:9132599) N Engl J Med. 1997 May 1;336(18):1328.
(PMID:28539725) Pharmacogn Mag. 2017 Apr-Jun;13(50):300-308.
(PMID:31681778) Front Med (Lausanne). 2019 Oct 11;6:221.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.