健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

プロバイオティクス [英]Probiotics、Probiotic、Probiotique [学名]-

概要

プロバイオティクスは、「適切な量を摂取したとき、宿主に健康上有益な作用をもたらす生きた微生物」であり、乳酸菌、ビフィズス菌などが該当するが、これらの生菌を含む食品 (発酵乳製品や植物性発酵食品など) も含めて、プロバイオティクスと呼ばれる。ただし、加熱処理により不活化した菌株においても有効性が検証されている。ここでは、これら微生物を複数組み合わせて、または総合的に評価した情報を取り扱う。乳酸菌ビフィズス菌サッカロマイセス ブラウディのそれぞれの素材は、個別のページを参照のこと。


●有効性
俗に、「整腸作用がある」「免疫力を高める」「風邪やインフルエンザ予防に良い」「アレルギー体質を改善する」などと言われているが、成人の便秘、下痢や旅行者下痢症予防、小児の中耳炎予防、呼吸器感染症の予防に有効性が示唆されている。一方、肥満、不安症、運動誘発性呼吸器感染症予防、加齢に伴う認知機能の低下に効果がないことが示唆されている。


●安全性
適切に摂取する場合おそらく安全である。妊娠中、授乳中に特定の乳酸菌またはビフィズス菌を短期間、適切に摂取する場合、安全性が示唆されているが、その他のプロバイオティクスの安全性は信頼できる十分な情報が見当たらないため、自己判断での濃縮物、サプリメントの摂取を控えること。免疫不全患者、腸疾患患者 (短腸症候群、潰瘍性大腸炎、腸閉塞など) 、心弁膜症患者の摂取は注意が必要であるため、自己判断でのサプリメントなど濃縮物の摂取を控えること。



▼他の素材はこちら