健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

n-3系不飽和脂肪酸 [英]N-3 unsaturated fatty acid [学名]-

概要

n-3系不飽和脂肪酸とはω-3系とも呼ばれ、カルボキシル基 (-COOH) から見て最後に位置する二重結合が、分子の最後のメチル基 (CH3) 末端から3番目の炭素原子にある脂肪酸のことを表す。ヒトではn-3位の不飽和化酵素が存在しないためn-3系不飽和脂肪酸は生合成出来ない。必須脂肪酸であるα-リノレン酸を元に、EPA、DHAを生合成することができるが、広義ではDHA、EPAも必須脂肪酸に含まれる。α-リノレン酸およびDHAEPAの機能については各項目を参照。n-3系脂肪酸は青魚やクジラなど、海で生活する動物の脂肪に多く含まれる。脂質異常症や血栓症によいとされ、n-6系脂肪酸との比率が重要とも言われる。
(有効性)
俗に、「記憶力を高める」「アトピーやアレルギーなどによい」などと言われているが、ヒトにおいては信頼できる十分な情報が見当たらない。
(安全性)
通常食品中に含まれる量の摂取は安全と考えられるが、特別な効果を期待しての過剰摂取は避けるべきである。

詳細については、「すべての情報を表示」を参照。