健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

サラシア、サラシア・オブロンガ、サラシア・キネンシス、サラシア・レティキュラータ、コタラヒム、コタラヒムブツ [英]Chundan、Kathala Hibutu Tea、Ponkoranti、SO. [学名]Salacia oblonga、Salacia reticulata、Salacia chinensis

概要

サラシアは、インドやスリランカ、ミャンマー、タイなどに幅広く散在しているニシキギ科のつる性の低木で、Salacia oblonga、Salacia reticulata、Salacia chinensisなどがある。インドの伝統医学 (アーユルヴェーダ) で利用されてきたハーブのひとつである。サラシアで作られたカップの中に水を入れて成分を溶出させ、その水を薬草茶として摂取するなどの方法で利用されていたようである。しかし、一般に使用されるのは野生種であることが多いため、採取した時期や産地により含有されている成分や品質が異なる可能性が大きい。俗に、「血糖値を改善する」「体脂肪を低下させる」「免疫力を増強させる」「ダイエット効果がある」「腸内環境を改善する」などと言われているが、ヒトでの有効性については調べた文献中に信頼できるデータは見当たらない。安全性においては、適切に摂取する場合は安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中の使用については、信頼できる情報が十分ではないため避ける。また、サラシアは血糖値を低下させる可能性があり、糖尿病治療薬と併用すると相加作用により低血糖を起こす可能性があるため、注意が必要である。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。