健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

コレウス・フォルスコリ、コレウス [英]Coleus Forskohlii、Coleus [学名]Coleus Forskohlii、Coleus barbatus、Plectranthus Barbatus

概要

コレウス・フォルスコリ (コレウス、和名フォルスコールサヤバナ) はインド・ネパール・スリランカおよびタイなどの亜熱帯地域を原産とするシソ科の多年草茎は直立し、高さ30〜60 cmに生長する。葉は卵円型で縁に鋸歯がありショウノウに似た強い芳香をもち、枝先に長い花穂を出し淡紫色で小型の唇形花を多数つける。コレウス属のうちコレウス・フォルスコリだけがフォルスコリンを含み、特に根に多く含まれる。フォルスコリンはアデニル酸シクラーゼを活性化し、セカンドメッセンジャーであるサイクリックAMPを生成して薬理作用を発現することが知られている。コレウス・フォルスコリは、インドでは食用のほか、古くから民間療法で用いられてきた。俗に、「呼吸器によい」「血圧によい」「目によい」「ダイエットによい」などと言われているが、現時点におけるデータのほとんどは、医療目的でフォルスコリンを静注、吸入、点眼などの投与方法により検討したものである。ただし、日本では医薬品成分に該当しないため、医療目的で用いられることはない。また、ヒトでの有効性については信頼できる十分なデータは見当たらない。動物実験において、流産の危険性が報告されているため、妊娠中および妊娠を希望する人が摂取することはおそらく危険である。授乳中の安全性については十分な情報がないため、使用は避ける。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。