健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

オオアザミ、マリアアザミ、オオヒレアザミ、ミルクシスル [英]Milk thistle [学名]Silybum marianum (L.) Gaertn.

概要

オオアザミは南ヨーロッパ、北アフリカ、アジアに広く生息する草丈約1 mの2年草で、夏に淡紅紫色の花をつける。ヨーロッパでは、全草や薬用部分である果実 (オオアザミ実) が使用されている。俗に、「肝臓によい」「膵臓によい」などといわれているが、消化不良、糖尿病に対して有効性が示唆されている。適切に摂取する場合にはおそらく安全であるが、まれに下痢や胃腸障害、アレルギーなどを起こすことがある。妊娠中・授乳中の使用の安全性については十分な情報がないため使用を避ける。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・オオヒレアザミ全草が「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に該当 (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・種子にはシリマリン (Silymarin) と呼ばれる4種のフラボノリグナン類 (flavonolignans) すなわちシリビニン (silybinin) (シリビン (silybin) とも呼ばれる) 、イソシリビニン (isosilybinin) 、シリクリスチン (silichristin) 、シリジアニン (silidianin)が含まれる。他に多量のリノール酸 (linoleic acid) 、オレイン酸 (oleic acid) 、ミリスチン酸 (myristic acid) などからなる不揮発性油を16〜18%含む (23) 。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・サラセミア (地中海貧血) 患者59名 (試験群29名、平均20.2±6.2歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、通常の治療に加えてオオアザミ製品 (80%シリマリン含有) 140 mg×3回/日を3ヶ月間摂取させたところ、肝ALTの低下、赤血球グルタチオンの増加が認められたが、血清フェリチン濃度に影響は認められなかった (PMID:19453758)


消化系・肝臓

<肝炎>
一般情報
・オオアザミの摂取はアルコール性肝機能障害、B型肝炎、C型肝炎に有効であるとの報告があるが、相反する情報もあるため、この現象についてはさらなる検証が必要である (94) 。詳細は下記の通り。
メタ分析
・2014年4月までを対象に、4つのデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験5報について検討したメタ分析において、C型慢性肝炎患者におけるシリマリンの摂取は血清HCV-RNA値 (2報) 、ALT値 (2報) 、QOL (SF-36) (2報) および副作用の発生リスク (4報) に影響は与えなかった (PMID:25247194)
・2007年2月までを対象に、18個のデータベースで検索できた盲検試験19報について検討したメタ分析において、肝疾患患者におけるオオアザミまたはシリマリンの摂取は、ASTの低下 (7報) 、肝硬変患者の肝疾患による死亡率の低下 (5報) と関連が認められたが、中毒性肝疾患、ウィルス性肝炎の治療効果 (4報) や、ALP、肝硬変患者の全死亡率 (5報) に影響は認められなかった (PMID:18334810)
・2003年12月までを対象に、4つのデータベースで検索できた無作為化比較試験13報について検討したメタ分析において、オオアザミにはアルコール性肝炎およびウィルス性肝炎 (B型・C型) による死亡率 (13報) 、合併症の発生率 (4報) 、肝臓の組織的・機能的変化 (13報) を低減する効果は認められなかった(PMID:15846671)
・1999年7月までを対象に、13個のデータベースで検索できた無作為化比較試験14報について検討したメタ分析において、オオアザミには肝疾患患者の死亡率 (4報) 、肝臓の組織的変化 (3報) 、肝機能の改善効果 (12報) は認められなかった (PMID:12427501)
RCT
・アルコール性肝硬変患者125名 (試験群57名、スペイン) を対象とした無作為化二重盲検比較試験において、シリマリンを450 mg/日、2年間投与したところ、アルコール性肝硬変の進展および死亡率に影響は認められなかった(PMID:9566830)
・肝硬変患者170名 (試験群87名、平均57±12歳、オーストリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シリマリン140 mg×3回/日を平均41ヶ月間摂取させたところ、4年生存率の上昇が認められた (PMID:2671116)
・慢性C型肝炎患者17名 (18〜65歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、オオアザミ600 mg/日または1,200 mg/日を12週間摂取させたところ、HCV-RNA、ALT、患者のQOL (SF-36) に影響は認められなかった (PMID:16460486)
・慢性C型肝炎患者177名 (平均44.1歳、試験群88名、エジプト) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シリマリン124.5 mg×3回/日を12ヶ月間摂取させたところ、症状や血液検査結果、QOLに影響は認められなかった (PMID:15571006)
・肝疾患患者97名 (試験群47名、平均35.2±15.2歳、フィンランド) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シリマリン420 mg/日を4週間摂取させたところ、ALT、ASTの低下が認められた (PMID:6753109)
・急性肝炎患者105名 (試験群55名、平均31±12歳、エジプト) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シリマリン140 mg×3回/日を4週間摂取させたところ、暗色尿、黄疸、強膜黄疸、間接ビリルビン濃度の減少が認められたが、直接ビリルビン、AST、ALTに影響は認められなかった (PMID:19303273)
・インターフェロン治療で効果が得られなかった慢性C型肝炎患者154名 (試験群102名、平均54歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シリマリン420 mg/日または700 mg/日を24週間摂取させたところ、ALT、HCV-RNA、QOLに影響は認められなかった (PMID:22797645)

<その他>
一般情報
・特定の、オオアザミを含む数種のハーブの混合製品は消化不良に対して有効性が示唆されている (94) 。
・ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) において、果実 (種子) の粗抽出物は消化不良への使用が、標準化製品は消化不良、慢性肝炎、肝硬変への使用が、それぞれ承認されている (58) 。
・オオアザミは肝機能障害を引き起こす毒キノコ (Amanita phalloides) による肝毒性に対し、静脈注射で有効性が示唆されたとの予備的な報告があるが、この現象についてはさらなる検証が必要である (94) 。
・トルエンやキシレンなどの有機溶媒による肝機能障害に有効であるとの予備的な報告があるが、この現象についてはさらなる検証が必要である (94) 。
RCT
・急性リンパ性白血病で治療中の子ども50名 (試験群24名、平均8.7±5.1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、体重に応じてオオアザミ80〜320 mg/日を28日間摂取させたところ、AST値の低下が認められた (PMID:20014183)

糖尿病・
内分泌

一般情報
・糖尿病に有効性が示唆されている (94) 。
詳細は下記の通り。
メタ分析
・2011年2月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験2報について検討したメタ分析において、II型糖尿病患者におけるオオアザミの摂取はHbA1c、空腹時血糖値の低下と関連が認められたが、試験によるバラつきが大きく、さらなる検討が必要である(PMID:21843614)
RCT
・II型糖尿病患者60名 (試験群30名、平均55.14±10.60歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、オオアザミ種子200 mg+セイヨウイラクサ葉200 mg+ニュウコウ200 mg×3回/日を3ヶ月間摂取させたところ、空腹時血糖値、HbA1c、血清トリグリセリド値の低下が認められたが、食後血糖値、他の血清脂質 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール) に影響は認められなかった (PMID:29228792)
・アルコール性肝硬変を併発している糖尿病患者を対象とした無作為化オープン試験 (試験群30名、平均63±4歳、イタリア) において、シリマリン200 mg×3回/日、12ヶ月間摂取させたところ、血糖値やHbA1cなどが低下したとの予備的な報告 (PMID:9126802)

生殖・泌尿器

RCT
・閉経前の女性40名 (試験群15名、21〜45歳、平均34.7±6.7歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ウコン100 mg、チョウセンアザミ100 mg、ローズマリー100 mg、オオアザミ100 mg、セイヨウタンポポ100 mg、チョウセンゴミシ50 mgを含有するカプセルを4カプセル×2回/日、4月経周期間摂取させたところ、卵胞期初期のデヒドロアンドロステロンが低下したが、他の性ホルモンに影響は認められなかった (PMID:17684134)
・シスプラチン (抗がん剤) による化学療法を受ける患者24名 (試験群12名、平均55.9±8.6歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シスプラチン21日間×3回の点滴投与開始24〜48時間前から投与終了まで、シリマリン420 mg/日を摂取させたところ、シスプラチンによる腎機能障害リスクに影響は認められなかった (PMID:25857366)

脳・神経・
感覚器

RCT
・強迫性障害の成人35名 (試験群17名、平均26±3.7歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化比較試験において、オオアザミ葉抽出物200 mg×3回/日を8週間摂取させたところ、フルオキセチン 30 mg/日の服用と同等の効果が認められたが、副作用の発症頻度にも差は認められなかったという報告があるが、この現象についてはさらなる検証が必要である (PMID:20035818)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当らない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当らない。

発育・成長

調べた文献の中に見当らない。

肥満

調べた文献の中に見当らない。

その他

調べた文献の中に見当らない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当らない。

安全性

危険情報

<一般>
・経口摂取で適切に使用する場合はおそらく安全である。70〜80%シリマリン含有標準化製品は4年間まで安全であった (94) 。ただし静脈注射におけるオオアザミの安全性については、十分な情報が得られていない (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・安全性について十分な情報がないため使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・有害事象として下痢がある。非常にまれに吐き気や腹痛、鼓腸など胃腸への作用を引き起こすことがある。キク科の植物にアレルギーを持つ人は、まれにアレルギー反応を起こすことがある (94) 。
・オオアザミはエストロゲン様作用を持つので、女性ホルモン感受性のがんなどを持つ人は使用を避けること (94) 。
<被害事例>
・レボチロキシンを服用している69歳女性 (オランダ) がオオアザミを含むハーブ製剤 (詳細不明) を6〜15錠/日、6週間摂取したところ、吐き気や掻痒 (かゆみ) 、黄疸、白色便などの症状を呈した (PMID:8688761)
・57歳女性 (オーストラリア) がオオアザミを含む製品 (詳細不明) を2ヶ月間摂取したところ、吐き気や嘔吐、疝痛性腹痛、水様性下痢などの症状を呈した (PMID:10092919)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当らない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・25歳白人男性が、アスピリン75 mg/日とニンニク、オオアザミを含むタブレットを2週間併用したところ、鼻血が止まらなくなった (PMID:19451826)
・健康な成人12名 (平均25±3.0歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル無作為化比較試験において、オオアザミ175 mg×2回/日、28日間の摂取は、CYP1A2、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4に影響を与えなかった (PMID:15536458)
・健康な成人19名 (平均28±6歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル無作為化比較試験において、オオアザミ900 mg/日、14日間の摂取は、ミタゾラムの血中濃度 (CYP3A4で代謝) に影響を与えなかった (PMID:16432272)
・健康な成人10名 (平均34.5歳±7歳、アメリカ) を対象としたクロスオーバー試験において、オオアザミ製品175 mg (シリマリン153 mg含有) ×3回/日、3週間の摂取は、インジナビルの血中濃度 (CYP3A4で代謝) に影響を与えなかった (PMID:12013352)
・健康な成人10名 (平均32.5±10.0歳、アメリカ) を対象としたクロスオーバー試験において、シリマリン160 mg×3回/日、13日間の摂取は、インジナビルの血中濃度 (CYP3A4で代謝) に影響を与えなかった (PMID:12885100)
・健康な成人8名 (年齢不明、韓国) を対象としたクロスオーバー試験において、シリマリン140 mg×3回/日、5日間の摂取はロスバスタチンの血中濃度に影響を与えなかった (PMID:18236139)
・メタボリックシンドローム患者101名を対象とした無作為化プラセボ比較試験 (チェコ) において、シリマリン0.8 g/日とヤーコン2.4 g/日 (試験群15名、平均54.5±10.0歳) もしくはシリマリン0.6 g/日とマカ0.2 g/日 (19名、51.4±8.0歳) を90日間併用しても、有害事象は認められなかった (PMID:18054420)
・健康な成人9名 (平均26.5±2.7歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル試験において、オオアザミ抽出物175 mg×3回/日、14日間の摂取は、CYP1A2、CYP2C9、CYP2D6、CYP3A4/5の活性に影響を与えなかった (PMID:25028567)

<試験管内・動物>
・動物実験において、オオアザミに含まれるシリビニンがタモキシフェンの血中濃度を上昇させる可能性が指摘されている (94) 。
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、シリビニンはCYP3A4、CYP2C9活性を阻害した (PMID:10895987)
・in vitro試験 (ヒト肝細胞) において、シリマリンはCYP3A4、UDPグルクロノシルトランスフェラーゼ活性を阻害し、ミトコンドリア呼吸を減少させた (PMID:11038151)
・in vitro試験において、オオアザミ乾燥抽出物はCYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4を阻害し (ヒト肝ミクロソーム) 、CYP1A2、CYP2B6、CYP2C9、CYP2E1を誘導した (ヒト肝細胞) (PMID:20828605)
・in vitro試験 (ヒト結腸腺がん由来細胞) において、オオアザミ抽出物はPXRによるCYP3A4遺伝子発現誘導を阻害し、その作用はシリビニン、イソシリビニンによるものであった (PMID:23674609)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム、ヒトCYP3A4タンパク) において、オオアザミはCYP3A4活性をわずかに阻害した (PMID:24392691)
・in vitro試験 (スーパーソーム、ヒト肝ミクロソーム) において、オオアザミはCYP2C9活性を阻害した (PMID:24730468)
・in vitro試験 (ヒト腸ミクロソーム、ヒト腸酵素) において、シリビンA、シリビンB、シリビニン、シリマリンはラロキシフェン (選択的エストロゲン受容体調節薬) のグルクロン酸抱合を阻害した (PMID:26070840)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、オオアザミの水抽出物はCYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4活性に影響を与えなかったが、CYP2C9活性を阻害した。メタノール抽出物はCYP1A2、CYP2A6、CYP2C8、CYP2D6、CYP2E1活性に影響を与えなかったが、CYP2B6、CYP2C9、CYP2C19、CYP3A4活性を阻害した (PMID:20218935)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム、ヒト腸ミクロソーム) において、オオアザミ種子抽出物より精製した7種のフラボノリグナン類 (シルビンA、シルビンB、イソシルビンA、イソシルビンB、シリクリスチン、イソシリクリスチン、シリジアニン) はいずれもCYP3A4/5、UDP-グルクロン酸転移酵素活性を阻害した。また、イソシルビンAを除く6種のフラボノリグナン類はCYP2C9活性も阻害した (PMID:23673225)
<理論的に考えられる相互作用>
・エストロゲンと併用するとエストロゲンの排泄を早める可能性がある。また、グルクロン酸抱合を受ける医薬品、HMG−CoA還元酵素阻害剤との併用で、それら薬剤の排泄を遅らせる可能性がある (94) 。
・オオアザミはCYP2C9を阻害すると考えられるので、CYP2C9で代謝される医薬品との併用により、薬効に影響する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
オオアザミ抽出物を投与:マウス腹腔内681 mg/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
オオアザミ抽出物を投与:ラット経口18.3 kg/kg/2年、マウス経口36.5 kg/kg/2年 (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・種子:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・経口摂取で適切に使用する場合はおそらく安全である。
・妊娠中・授乳中の使用は使用を避ける。
・経口摂取で下痢を起こすことがある。また非常にまれに胃腸への作用を引き起こすことがある。キク科の植物にアレルギーを持つ人は、まれにアレルギーを起こすことがある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・糖尿病と消化不良に対して経口摂取で有効性が示唆されている。
・ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) において、果実 (種子) の粗抽出物は消化不良への使用が、標準化製品は消化不良、慢性肝炎、肝硬変への使用が、それぞれ承認されている

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(PMID:15846671) Cochrane Database Syst Rev. 2005 Apr 18;(2):CD003620.
(PMID:9566830) J Hepatol. 1998 Apr;28(4):615-21
(PMID:8688761) BMJ. 1996 Jul 13;313(7049):92
(PMID:10092919) Med J Aust. 1999 Mar 1;170(5):218-9
(PMID:18054420) Food Chem Toxicol. 2008 Mar;46(3):1006-13.
(PMID:17684134) Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2007 Aug;16(8):1601-9.
(PMID:19451826) Eur J Emerg Med. 2010 Feb;17(1):17-9.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(PMID:9126802) J Hepatol. 1997 Apr;26(4):871-9.
(PMID:21843614) J Ethnopharmacol. 2011 Oct 11; 137(3):1328-33.
(94) Natural Medicines
(PMID:20014183) Cancer. 2010 Jan 15;116(2):506-13.
(PMID:10895987) Pharmacol Toxicol. 2000 Jun;86(6):250-6.
(PMID:16432272) J Clin Pharmacol. 2006 Feb;46(2):201-13.
(PMID:12885100) Pharmacotherapy. 2003 Jul;23(7):866-70.
(PMID:12013352) Pharmacotherapy. 2002 May;22(5):551-6.
(PMID:12427501) Am J Med. 2002 Oct 15;113(6):506-15.
(PMID:18334810) Forsch Komplementmed. 2008 Feb;15(1):9-20.
(PMID:20035818) Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2010 Mar 17;34(2):362-5.
(PMID:19453758) Fundam Clin Pharmacol. 2009 Jun;23(3):359-65.
(PMID:2671116) J Hepatol. 1989 Jul;9(1):105-13.
(PMID:16460486) J Gastroenterol Hepatol. 2006 Jan;21(1 Pt 2):275-80.
(PMID:15571006) Dig Liver Dis. 2004 Nov;36(11):752-9.
(PMID:18236139) Pharm Res. 2008 Aug;25(8):1807-14.
(PMID:11038151) Drug Metab Dispos. 2000 Nov;28(11):1270-3.
(PMID:15536458) Clin Pharmacol Ther. 2004 Nov;76(5):428-40.
(PMID:19303273) Phytomedicine. 2009 May;16(5):391-400.
(PMID:22797645) JAMA. 2012 Jul 18;308(3):274-82.
(PMID:20828605) Toxicol In Vitro. 2011 Feb;25(1):21-7.
(PMID:23674609) Drug Metab Dispos. 2013 Aug;41(8):1494-504.
(PMID:24392691) J Pharm Pharmacol. 2014 Jun;66(6):865-74.
(PMID:25028567) Drug Metab Dispos. 2014 Oct;42(10):1611-6.
(PMID:24730468) J Pharm Pharmacol. 2014 Sep;66(9):1339-46.
(PMID:25247194) Biomed Res Int. 2014;2014:941085.
(PMID:26070840) Drug Metab Dispos. 2015 Sep;43(9):1353-9.
(PMID:25857366) Phytother Res. 2015 Jul;29(7):1046-53.
(PMID:29228792) J Evid Based Complementary Altern Med. 2017 Oct;22(4):603-608.
(PMID:20218935) Xenobiotica. 2010 Apr;40(4):245-54
(PMID:23673225) Bioorg Med Chem. 2013 Jul 1;21(13):3919-26.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.