厚生労働省と東京都が医薬品成分(抱水クロラール)を含む製品に注意喚起(080411)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文

厚生労働省と東京都が医薬品成分(抱水クロラール)を含む製品に注意喚起(080411)

2008年4月4日、東京都が「西班牙蒼蝿水(Spain Fly Water)」(右記写真)に医薬品成分である抱水クロラールが含まれていることに注意喚起しています。詳細は厚生労働省または東京都のウェブページを参照してください。西班牙蒼蝿水(Spain Fly Water)

今回の事例は東京都による買い上げ調査によって判明したものです。該当製品は英語または中国語で「腎臓・肝臓の機能を回復する」、「若さを回復する」などと記載されており、また、医薬品成分である抱水クロラールが検出されたため、「無承認無許可医薬品」に該当します。

抱水クロラール
日本で医薬品として承認されており、薬効としては鎮静、催眠作用及び抗痙攣作用がありますが、安全域が狭いため、抗痙攣の目的ではあまり使用しません。副作用としては冷汗、顔面蒼白、全身発赤などのショック、アナフィラキシー様症状、めまい、悪心、嘔吐、抑うつなどが知られています。また、過量になると心筋障害を起こす可能性があるため注意が必要です。

現在のところ、該当製品摂取との因果関係が疑われる健康被害は報告されていませんが、東京都は使用している人はすぐに中止し、体調に不安を感じている場合は医療機関を受診するように勧告しています。

最近、医薬品や未承認の薬物を添加したダイエット用食品、あるいは強壮・強精に関連した商品がインターネット等で販売される事例が増えています。これらを「食品」という認識で安易に利用すると、肝移植や死亡などの重大な健康被害を受ける可能性があり、大変危険です。厚生労働省が健康食品に関する注意事項を分かりやすくまとめた「健康食品や外国製医薬品、化粧品等と上手につきあうために(厚生労働省作成2006年版)」を公開しておりますので、利用される前に一度ご確認ください。

また、国内外では予防措置として積極的に健康食品に関する注意喚起情報が出されています。今回の製品のように、同じまたは類似している製品の情報が何度も繰り返し出されていることがありますので、これらの製品を利用される前に、「最新ニュース」にて製品情報をご確認ください。



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.