健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

クスリウコン、ジャワウコン [英]Javanese Turmeric、 Java Turmeric [学名]Curcuma xanthorrhiza D.Dietr.

概要

ウコン類の一種。ウコン (アキウコン) とは別種で、マレーシア地域で多く栽培される。根茎をTemu Lawakと称し、食欲増進や、下痢、貧血、痔などの症状の改善に用いる。俗に、「肝疾患に効く」「消化性潰瘍に効く」「更年期障害に効く」などと言われているが、ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータは見当たらない。クスリウコンに含まれているクルクミンについては別項参照のこと。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

-

成分の特性・品質

主な成分・性質

・根茎にcurcumin、demethoxycurcumin、非フェノール性diarylheptanoid、揮発性精油、α-curcumene、xanthorrhizole、β-curcumene、germacrene、furanodine、furanodienoneを含む (94) 。

分析法

・テルペノイドおよびクルクミノイドについて、スペクトル解析およびGC-MSを用いて同定した報告がある (PMID:1484346)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

一般情報
・過敏性腸症候群に対して効果がないと考えられる (94) 。
RCT
・過敏性腸症候群患者106名 (対象群24名) を対象とした無作為化二重盲検比較試験において、クスリウコン抽出物を20 mg×3回/日、18週間摂取させたところ、症状の改善は見られなかった (PMID:16173134)

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・短期間、適切に摂取する場合はおそらく安全である (94) 。
・クスリウコン抽出物の20 mg×3回/日摂取で、18週間まで安全に使用出来た (PMID:16173134)
・大量の長期摂取により、胃の不快感、悪心が起こる可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については信頼できる十分なデータがないため、使用を避ける(94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性については信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・in vitro試験 (ヒト酵素タンパク) において、クスリウコンのエタノール抽出物はCYP2C9活性に影響を与えなかったが、CYP2D6、CYP3A4活性をわずかに阻害した (101) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・調べた文献に十分なデータが見当たらないため、妊娠中・授乳中の使用は避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献に十分なデータが見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(PMID:1484346) Yakugaku Zasshi. 1992 Nov;112(11):817-23.
(PMID:16173134) Scand J Gastroenterol. 2005 Aug;40(8):936-43.
(94) Natural Medicines
(101) Int J Pharmacol. 2010; 6(4):494-9.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.