健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

トチュウ、杜仲 [英]Chinese gutta percha、Eucommia、Hardy rubber tree [学名]Eucommia ulmoides

概要

トチュウ (杜仲) は、中国中部原産の落葉高木で、日本には大正時代に渡来した。トチュウの中国語名は「杜仲」「木綿」「思仙」である。トチュウの樹皮が中薬として利用されてきた。近年、日本ではその葉が健康茶として知られるようになった。俗に、「血圧を調節する」「肥満を防止する」などと言われているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。安全性については十分に検証されていないが、適切に使用する場合に限り安全と考えられている。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・果実、葉、葉柄、木部は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される。樹皮は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・トチュウ葉を関与成分とし、「血圧が高めの方に適する」保健用途の表示ができる特定保健用食品が許可されている。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・樹脂約7%、及びイソプレンの長鎖重合体であるグッタペルカ2〜6.5%を含む。その他リグナン、アルカロイド、ビタミンCなど。
・杜仲葉の50%メタノール抽出物から、イリドイド配糖体のGeniposidic acid (GA) およびAsperuloside (AP) がほぼ年間を通じて検出されたという報告がある (2000112041) 。

分析法

・イリノイド化合物の一つであるゲニポシド酸が、紫外可視 (UV) 検出器波長 (232 nm) を装着した高速液体クロマトグラフィー (HPLC) 法により分析されている。

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・トチュウ葉を関与成分とし、「血圧が高めの方に適する」保健用途の表示ができる特定保健用食品が許可されている。
RCT
・正常高値血圧者及び軽症高血圧者85名 (平均年齢51.3歳、試験群41名、日本) を対象とした二重盲検並行群間試験において、杜仲葉配糖体1.0 g以上含む飲料を1日50 mL、12週間摂取させたところ、8〜12週後の収縮期血圧と、10〜12週後の拡張期血圧が低下した (2004202143) 。
・正常高値血圧者及び軽症高血圧者87名 (平均年齢54.6歳、試験群44名、日本) を対象とした二重盲検並行群間試験において、ゲニポシド酸85.05 mgを含む食品を1日1本、12週間摂取させたところ、8週間後のみ、収縮期および拡張期血圧が低値を示した (2006162873) 。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・長期投与により、また病態動物モデルで精巣重量増加作用がみられる (24) 。
・病態動物モデルでは、肝タンパク合成および糖代謝機能の改善が認められた (24) 。

安全性

危険情報

<一般>
・信頼できる十分な情報が見当たらない。
<妊婦・授乳婦>
・信頼できる十分な情報が見当たらない。
<小児>
・信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

・杜仲水抽出物がin vitro染色体異常試験で強い染色体異常誘発能を示したという報告がある (1996156498) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・樹皮:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・特定保健用食品では個別に製品ごとの安全性が評価されているが、その他ヒトでの安全性については信頼できる十分な情報が見当たらないが、。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・特定保健用食品では個別に製品ごとの有効性が評価されているが、その他ヒトでの安全性については信頼できる十分な情報が見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(24) 漢方薬理学 南山堂 高木敬次郎ら 監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(1996156498) 衛生化学.1995;41(6):463-9
(2000112041) 千葉県衛生研究所研究報告.1998;22:5-9
(2004202143) Health Sciences.2004;20(2):166-76
(2006162873) Health Sciences.2005;21(2):198-211

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.