健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

アロエベラ  (キュラソーアロエ) 、ケープアロエ [英]Aloe vera、 Cape aloe [学名]Aloe ferox Mill.、 Aloe africana Mill (ケープアロエ) 、 Aloe barbadensis Mill. (=A. vera L.) (アロエベラ)

概要

アロエベラ (キュラソーアロエ) 、ケープアロエは、アフリカ原産の多年生多肉植物のアロエ類のひとつである。ケープアロエは日本薬局方で規定された基原植物であり、アロエベラは主に食用、化粧品に利用されてきた。古代エジプト時代から使われ、中薬「芦薈 (ろかい) 」として葉の液汁の濃縮乾燥物が用いられてきた。俗に、「便通改善作用がある」「傷の治癒促進作用がある」「美肌効果がある」「ダイエット効果がある」などと言われているが、アロエベラが糖尿病に対して、アロエラテックス (葉から得られる液汁を乾燥させたもの) が便秘に対して有効性が示唆されているものの、その他の有効性に関する信頼できる十分な情報が見当たらない。安全性については、アロエゲルを短期間、適切に摂取する場合、安全性が示唆されている。アロエラテックスは、危険性が示唆されており、過剰摂取はおそらく危険である。妊娠中や授乳中の摂取は、危険性が示唆されているため避ける。痔核の人は禁忌。接触性皮膚炎や急性肝炎の被害も多数報告されているため注意が必要である。アロエ類のキダチアロエはこちらを参照。 その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・キュラソー・アロエ/ケープ・アロエの根と葉肉は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・アロエの葉液汁は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・第十七改正日本薬局方では「Aloe ferox Miller又はこれとAloe Africana Miller又はAloe spicata Bakerとの雑種 (Liliaceae) の葉から得た液汁を乾燥させたもの」をアロエ、アロエ末として記載している (101) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・アロエラテックス (アロエの葉から得られる液汁を乾燥させたもの) はアントラキノン (aloin、isobarbaloin、emodin) 、aloesin、樹脂を含む (94) 。
・アロエゲルは単糖類や多糖類、タンニン、ステロール、酵素(シクロオキシゲナーゼ、アミラーゼ、リパーゼ、アルカリホスファターゼ、カルボキシペプチダーゼを含む)、アミノ酸、サポニン、サリチル酸、アラキドン酸、脂質、ビタミン、ミネラルを含む (94) 。

分析法

・品質の指標として、barbaloinをUV検出器 (293 nm) 付HPLCにより分析した報告がある (PMID:4019374)
・aloenin、barbaloinおよびisobarbaloinをmicellar electrokinetic chromatographyにより同時分析した報告がある (PMID:11254203)
・アロエドリンク中のbarbaloinおよびaloe-emodinをLC/MSにより分析した報告がある (PMID:12238148)

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・健康な成人16名 (平均25±5歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、アロエベラ粉末1,200 mgを単回摂取させたところ、心電図や血圧に影響は認められなかった (PMID:21048211)


消化系・肝臓

一般情報
・アロエベララテックスは、便秘に対して有効性が示唆されている (94) 。
・アロエラテックスは、ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) で、便秘に対する使用が承認されている (58) 。
RCT
・過敏性腸症候群の患者110名 (18歳以上、イギリス) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、アロエベラ飲料60 mL×2回/日を5ヶ月間摂取させたところ、生活の質の自己評価 (GSRS、IBSQOL) に影響は認められなかった (PMID:21991499)

糖尿病・
内分泌

一般情報
・アロエベラは、糖尿病に対して有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・2016年1月までを対象に11のデータベースで検索できた無作為化比較試験8報について検討したメタ分析において、アロエベラの摂取は、糖尿病前症の人では空腹時血糖 (3報) の低下と関連が認められたが、HbA1c (2報) に影響は認められず、II型糖尿病患者ではHbA1c (4報) の低下と関連が認められたが、空腹時血糖 (5報) に影響は認められず、いずれも試験によるバラツキが大きかった (PMID:27009750)
・2016年1月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験5報について検討したメタ分析において、糖尿病前症またはII型糖尿病患者によるアロエベラの摂取は空腹時血糖 (5報) 、HbA1c (2報) 、トリグリセリド (4報) 、総コレステロール (4報) 、LDLコレステロール (3報) の低下、HDLコレステロール (3報) の増加と関連が認められたが、インスリン濃度 (2報) に影響は認められず、いずれも試験によるバラツキが大きかった (PMID:27347994)
RCT
・脂質異常症のII型糖尿病患者60名 (試験群30名、平均56.8±10.7歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、血糖降下薬 (グリブリドおよびメトホルミン) による治療とともに、アロエベラゲル300 mg×2回/日を2ヶ月間摂取させたところ、空腹時血糖、HbA1c、総コレステロール、LDLコレステロールの低下が認められたが、トリグリセリド、HDLコレステロールに影響は認められなかった (PMID:22198821)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当らない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当らない。

免疫・がん・
炎症

一般情報
・アロエベラ成分のアセマンナンは、HIV/AIDSに対して効果がないことが示唆されている (94) 。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当らない。

発育・成長

調べた文献の中に見当らない。

肥満

一般情報
・アロエベラゲルを含む特定製品は、体重減少に対して有効性が示唆されている (94) 。

その他

調べた文献の中に見当らない。





試験管内・
動物他での
評価

・緩下活性の作用機作は1,8−ヒドロキシアントラセン誘導体による蠕動運動の促進、それに付随して起きる脂肪の吸収抑制である。さらに塩素の積極的な排出が促され、水と電解質の比率を上げる (58) 。
・マウスに紫外線を照射し、アロエ多糖/オリゴ糖の皮膚の免疫機能の変化に対する効果を検討したところ、遅延型過敏症 (DTH) 反応及びアロ抗原 (同種抗原) に対する免疫応答の抑制を阻害し、表皮におけるIL-10量を減少させた。また、表皮細胞に紫外線を照射し、その後アロエ多糖/オリゴ糖で処理をした細胞は、無処理の場合に比べてIL-10産生が約50%低下した (PMID:10048309)

安全性

危険情報

<一般>
・アロエゲルは、短期間、適切に用いる場合、安全性が示唆されている(94) 。
・アロエラテックスの摂取は危険性が示唆されており、過剰摂取は危険である (94) 。
・アロエラテックスによる有害事象として、腹痛、さしこみを起こす可能性がある。長期間の摂取では、下痢 (ときに血便、ときに下血をともなう) 、低カリウム血症、アルブミン尿症、血尿、腎炎、体重減少、筋力低下を起こす可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中の摂取は、危険性が示唆されている。アントラキノンや葉抽出物により流産を誘発する可能性があるため、避ける (94) 。
・アロエ製品の授乳中の摂取は、危険性が示唆されている。アロエラテックスや葉抽出物中のアントラキノンが母乳に移行する可能性があるため、避ける (94) 。
<小児>
・アロエラテックスや葉抽出物は、危険性が示唆されている (94) 。
<その他>
・糖尿病の人は、アロエゲルの摂取により血糖値を低下させる可能性があるため、注意が必要である (94) 。
・胃腸炎の人では、アロエラテックスの摂取により腸閉塞や急性腸炎、潰瘍、腹痛、吐き気、嘔吐を起こす可能性がある (94) 。
・腎障害の人は、アロエラテックスの摂取により腎機能を悪化させる可能性がある (94) 。
・アロエが血糖値に影響を及ぼす可能性があるため、外科的手術の少なくとも2週間前には摂取を中止した方がよい (94) 。
<被害事例>
【接触皮膚炎に関する被害】
アロエ含有製品との因果関係が疑われる接触皮膚炎が報告されている。ただし、アロエの種類の記載がなく、接触性皮膚炎の報告が多いキダチアロエの可能性も考えられる。
・アトピー性皮膚炎の20歳男性 (日本) が症状増悪のため一般用医薬品のアロエエキス配合薬用スキンクリーム (アロエの種類は不明) を塗布後、皮疹が悪化した (2004172350) 。
・7歳男児 (日本) が口の周りの落屑性の発疹に対してアロエ葉肉 (アロエの種類は不明) を4日間塗布したところ、痒みや紅斑、丘疹、水腫性の発疹が出現した (PMID:6744846)
・47歳男性 (アメリカ) がアロエ葉肉を1日3回、3年間摂取し、さらに1年ほど顔や首に塗布したところ、全身に掻痒を伴う湿疹性発疹が出現した (PMID:7416761)
・65歳女性 (アメリカ) がケミカルピーリングを行った後、アロエベラの葉汁を鼻唇溝に塗布したところ、赤く腫れた (PMID:2022130)
・57歳女性 (スペイン) が、眉の傷口にアロエベラを湿布したところ、4時間後に湿布部を含む全身に湿疹が出現した (PMID:21055672)
・72歳女性 (ポルトガル) が末梢静脈不全の痛みを和らげるために自家製アロエベラ葉ジュースを脚に塗ったところ、脚に皮膚炎と眼瞼に紅斑を呈し、パッチテストでアロエの葉、アロエゼリーにアレルギー反応が認められたことから、アロエベラによる接触性皮膚炎と診断された (PMID:17868225)
・66歳女性 (カナダ) がうっ滞性皮膚炎の治療のためにアロエベラゼリーを使用したところ、首や腕、右足首に紅斑性鱗状丘疹と右下肢に静脈瘤が認められ、加療により回復した。パッチテストでアロエベラゼリーに陽性を示した (PMID:2962713)
・56歳男性 (日本) が筋肉痛に対してアロエの葉肉を外用したところ、前腕、指に発疹性病変が認められた。パッチテストが陽性であったため、アロエによる接触性皮膚炎と考えられた (2008072668) 。
【急性肝炎に関する被害】
・73歳女性 (アメリカ) が便秘改善を目的として、アロエベラ葉パウダー500 mg/カプセルを含む製品を1カプセル/2〜3日、5年間摂取していたところ急性肝炎を発症し、摂取中止により症状が改善した(PMID:17726067)
・アロエサプリメント摂取による急性肝炎が3例 (韓国) 報告されている。57歳女性がアロエタブレット (キダチアロエ250 mg+アロエベラ28.5 mg含有) を6ヶ月間、62歳女性がアロエパウダー (アロエベラ420 mg含有) を3ヶ月、55歳女性がアロエ抽出物を5ヶ月間摂取し、急性肝炎を発症した (PMID:20191055)
・21歳女性 (韓国) が、減量目的でアロエベラゲルのサプリメント製品を30 mL×2回/日、4週間摂取したところ、腹部の不快感、吐き気、微熱などを呈し、急性の中毒性肝炎と診断された (PMID:25073673)
・糖尿病、高血圧の既往歴があるブルキナファソ出身の68歳女性 (フランス) が、アロエベラ錠剤を数ヶ月間摂取していたところ、健康診断で肝機能マーカー (ALT、AST、γ-GTP) の上昇を指摘され、摂取中止により改善した。RUCAMによる評価が“probable”であったため、アロエベラの摂取を原因とする薬物性肝機能障害と診断された (PMID:27856182)
・肝疾患の既往歴がある57歳女性 (ドイツ) が4週間前からアロエベラ抽出物500 mgを含むサプリメントを摂取していたところ、1週間前から進行性黄疸と搔痒、無胆汁便通、右上腹部の不快感を呈し、摂取中止により改善した。肝生検により、炎症性細胞浸潤を伴う急性肝炎と診断された (PMID:15633238)
【その他の被害】
・6ヶ月前に食道切除を受けた53歳男性 (スペイン) が、アロエベラとハチミツの天然薬を3ヶ月前から摂取したところ、低酸素、嚥下障害、呼吸困難を呈し、受診。アロエベラによる植物性胃石が見つかり、加療により改善した (PMID:26094056)
・71歳女性 (日本) が自宅で栽培しているアロエ果肉を2年前から毎日摂取していたところ、数ヶ月前から慢性的な嘔気を経験。タール便排出後に意識喪失し救急搬送された。内視鏡検査により胃内に凝血塊と露出血管を伴う潰瘍が認められ止血。後日の検査で、胃体部にアロエ皮による5 cm大の胃石を発見、摘出した (2013125410) 。
・糖尿病の既往歴がある74歳男性 (韓国) が、消化不良に対する自然療法として、多量のアロエベラ (摂取量の詳細不明) を10日間摂取したところ、間欠的な腹痛と頻回の嘔吐を経験。絶食により寛解、再摂食により再燃し、内視鏡検査で小腸内にアロエベラ繊維の塊が発見され、除去によって改善した (PMID:28539037)
・56歳女性 (イタリア) が口腔角化症の治療のために11ヶ月前からアロエベラジュースを10 mL/日を摂取したところ、不快感と疲れを呈した。甲状腺トリヨードチロシンとチロキシンの低下が認められ、甲状腺の代謝障害と診断され、摂取中止により回復した (PMID:16099348)

禁忌対象者

・痔核の人は、狭窄や血栓症、脱出症を起こす可能性があるため、禁忌 (94) 。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・左大腿部血腫の切除手術を受けた35歳女性が、入院前にアロエベラ含有錠剤を1日4錠、2週間摂取したところ、手術中にセボフルラン (麻酔薬) との相互作用と考えられる過度の出血を起こした。当該者には、手術前にプロポフォール110 mg、フェンタニル100μg、ロクロニウム35 mg、セファゾン1 gが投与されており、麻酔はセボフルラン (0.5〜1.3%) と亜酸化窒素で維持し、ロクロニウム (全量70 mg) 、モルヒネ (全量10.5 mg) が追加されていた (PMID:15292490)
・乳がん治療のためカペシタビン投与を受けていた59歳の男性 (白人) が、アロエベラ1 L/日 (詳細不明) を2週間摂取し、低カリウム血症を呈した (PMID:19654201)
・再発寛解型多発性硬化症でIFNβ-1aの筋肉内投与を10年間受けていた61歳女性 (スペイン) が、便秘の改善のためにアロエベラ182 mgを3年間摂取したところ、無力感、腹痛を生じ受診。肝機能マーカーが高値を示し、肝生検の結果、中毒性肝炎と診断された。IFNβ-1aおよびアロエベラ摂取の中止により改善した (PMID:26874569)
<試験管内・動物>
・アロエベラ抽出物は、動物実験 (ラット) においてシクロスポリン (免疫抑制剤:CYP3A4、P糖タンパク質基質) の血中濃度 (AUC) 、平均滞留時間を減少させ、in vitro試験 (ヒトCYP3A4タンパク質、ヒト結腸細胞) においてCYP3A4活性およびP糖タンパク質活性を促進した (PMID:28009901)
・in vitro試験 (CYP酵素) において、市販アロエベラジュース (2製品) の抽出物は、いずれもCYP3A4およびCYP2D6活性を阻害した (PMID:21842479)
・in vitro試験 (ラット腸組織) において、アロエベラ (Aloe Vera) のゲル粉末および葉抽出物は、薬物トランスポーターによるシメチジン (H2ブロッカー) 排出に影響を与えなかったが、アロエベラを原料とした多糖類、Aloe feroxやAloe Marlothiiのゲル粉末および葉抽出物は、シメチジンの排出を抑制した (PMID:24143044)
<理論的に考えられる相互作用>
・アロエベラと抗凝固薬、抗血小板薬、セボフルラン、抗凝固作用のあるハーブやサプリメントとの併用は、出血のリスクを高める可能性がある (94) 。
・アロエラテックスとワルファリンとの併用は、出血のリスクを高める可能性がある (94) 。
・アロエゲルと糖尿病治療薬、血糖低下作用のあるハーブやサプリメントとの併用は、低血糖のリスクを高める可能性がある (94) 。
・過剰量のアロエラテックスと強心配糖体を含むハーブや医薬品との併用は、毒性を増加させる可能性がある (94) 。
・アロエラテックスと利尿薬、刺激性緩下剤やホーステイルやリコリス、緩下作用のあるハーブとの併用は、低カリウム血症を起こす可能性がある (94) 。
・アロエラテックスと経口薬の併用は、吸収を減少させる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.TDLo (最小中毒量)
・アロエベラ葉ゲルを投与:マウス経口 350 mg/kg/2週 (間欠的) 、1,400 mg/kg/8週 (間欠的)、ヒト皮膚 70 pph/8週 (間欠的) (91) 。
・アロエベラ葉クロロホルム抽出物を投与:ラット経口 400 mg/kg、ラット腹腔100 mg/kg (91) 。
・アロエベラ葉水抽出物を投与:ラット経口 200 mg/kg、1,875 g/kg/15日 (間欠的) 、6.3 g/kg/21日 (間欠的) 、マウス経口 2.1 g/kg/7日 (間欠的) (91) 。
・アロエベラ葉エタノール抽出物を投与:ラット経口 6.3 g/kg/21日 (間欠的) 、456.25 g/kg/2年 (継続的) (91) 。
・Aloe barbadensis Mill.地上部水抽出物を投与:マウス経口 125 mg/kg、ラット経口 500 mg/kg/2日 (間欠的) (91) 。
2.LOAEL (最小毒性量)
・アロエベラ凍結乾燥粉末を投与:ICR雄ラット経口 120 mg/kg/日 (PMID:20077218)
3.その他
・主な成分のアグリコンやアロインは、バクテリアおよび哺乳類の試験において変異原性をもつという実験結果がある (58) 。
・アロエベラ葉の水抽出物125 mg/kgを受精10日後の妊娠ラット (8〜10週齢) に経口投与したところ、21.5%が流産した (PMID:1608272)
・動物実験 (ラット) において、アロエベラ抽出物を150 mg/kg体重または300 mg/kg体重、経口投与したところ、精巣重量、血清テストステロン濃度、精子数、生殖能力の低下と血清一酸化窒素濃度、ライディッヒ細胞における誘導型一酸化窒素合成酵素mRNA発現の増加が認められた (PMID:26730330)
・動物実験 (ヒヨコ) を用いた慢性毒性試験において、アロエベラ抽出物を0〜640 mg/kg体重/日、42日間、経口投与したところ、毒性は認められなかったが、急性毒性試験において、アロエベラ抽出物を0〜5,120 mg/kg体重、経口投与したところ、2,560 mg/kg体重以上で死亡率がわずかに増加した(PMID:26657577)
・アロエゲラ葉のエタノール抽出物を用いたin vitro (タマネギ) およびin vivo (マウス) の遺伝毒性試験において、染色体の構造異常は認められなかったが、異常染色体数と分裂指数の増加が認められた (PMID:21830935)
・in vitro試験 (ブラインシュリンプ卵を用いた毒性試験) において、アロエ (Aloe ferox Mill.) 葉の水、エタノール抽出物、根の水、エタノール、アセトン抽出物にわずかな細胞毒性が認められた (PMID:25730795)

AHPAクラス分類
及び勧告

・アロエベラの実質葉細胞からの粘液葉ゲル (アロエベラゲル) :クラス1 (22) 。
・アロエベラの葉の内鞘部を乾燥させた液剤 (アロエラテックス) :クラス2b、2c、2d (22) 。
https://hfnet.nibiohn.go.jp/usr/soza1/herbkyoukai/herbkyoukai12bcd.gif

総合評価

安全性

・アロエゲルは、短期間、適切に用いる場合、安全性が示唆されているが、長期あるいは過剰摂取はおそらく危険である。
・アロエラテックスは、危険性が示唆されており、過剰摂取は危険である。
・妊娠中の摂取は、危険性が示唆されており、アントラキノンや葉抽出物により流産を誘発する可能性があるため、避ける。
・授乳中のアロエ製品の摂取は、危険性が示唆されている。アロエラテックスや葉抽出物中のアントラキノンが母乳に移行する可能性があるため、避ける。
・小児のアロエラテックスや葉抽出物の摂取は、危険性が示唆されている。
・痔核の人は、狭窄や血栓症、脱出症を起こす可能性があるため、禁忌。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・アロエベラは、糖尿病に対して有効性が示唆されている。
・アロエラテックスは、便秘に対して有効性が示唆されている。
・アロエベラゲルを含む特定製品は、体重減少に対して有効性が示唆されている。
・アロエベラ成分のアセマンナンは、HIV/AIDSに対して効果がないことが示唆されている。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(24) 漢方薬理学 南山堂 高木敬次郎ら 監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(PMID:4019374) J Assoc Off Anal Chem. 1985 May-Jun;68(3):493-4.
(PMID:11254203) J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 2001 Mar 5;752(1):91-7.
(PMID:12238148) Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 2002 Jun;43(3):122-6.
(2004172350) 診療と新薬. 2004; 41(1):4-5
(PMID:6744846) Contact Dermatitis. 1984 Jul;11(1):51
(PMID:7416761) Arch Dermatol. 1980 Sep;116(9):1064-5.
(PMID:2022130) Cutis. 1991 Mar;47(3):193-6
(PMID:17726067) Ann Pharmacother. 2007 Oct;41(10):1740-3. Epub 2007 Aug 28
(PMID:10048309) Photochem Photobiol. 1999 Feb;69(2):141-7.
(PMID:1608272) J Ethnopharmacol. 1992 Apr;36(2):147-54.
(PMID:15292490) Ann Pharmacother. 2004 Oct;38(10):1651-4.
(PMID:19654201) Ann Oncol. 2009 Aug;20(8):1445-6.
(PMID:20191055) J Korean Med Sci. 2010 Mar;25(3):492-5.
(PMID:21048211) Am J Health Syst Pharm. 2010 Nov 15;67(22):1942-6.
(PMID:21055672) Ann Allergy Asthma Immunol. 2010 Nov;105(5):404-5.
(PMID:21991499) ISRN Gastroenterol. 2011;2011:206103.
(PMID:21830935) Drug Chem Toxicol. 2012 Jan;35(1):32-5.
(PMID:21842479) Phytother Res. 2012 Mar;26(3):445-51.
(PMID:22198821) Planta Med. 2012 Mar;78(4):311-6.
(PMID:24143044) Pharmacogn Mag. 2013 Oct;9(Suppl 1):S44-8.
(PMID:25073673) Korean J Gastroenterol. 2014 Jul 25;64(1):54-8.
(PMID:25730795) Pak J Pharm Sci. 2015 Mar;28(2):635-40.
(PMID:26094056) Int J Surg Case Rep. 2015;13:37-9.
(PMID:26730330) Iran J Basic Med Sci. 2015 Oct;18(10):967-73.
(94) Natural Medicines
(PMID:26657577) J Ethnopharmacol. 2016 Feb 3;178:40-9.
(PMID:27009750) J Clin Pharm Ther. 2016 Apr;41(2):180-8.
(PMID:27347994) Nutrients. 2016 Jun 23;8(7). pii: E388.
(PMID:27856182) Clin Res Hepatol Gastroenterol. 2016 Nov 14. pii: S2210-7401(16)30150-4.
(PMID:28009901) Food Funct. 2017 Jan 25;8(1):315-322.
(PMID:28539037) Korean J Gastroenterol. 2017 May 25;69(5):312-315
(PMID:26874569) Neurologia. 2017 Oct;32(8):546-547.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances(RTECS)
(101) 第十七改正日本薬局方
(2013125410) 日本老年医学会雑誌 2012 49(5) 666
(2008072668) 皮膚病診療 2007 29(Suppl.) 4-13
(PMID:17868225) Contact Dermatitis. 2007 Oct;57(4):278-9.
(PMID:16099348) Arch Med Res. 2005 Sep-Oct;36(5):608.
(PMID:2962713) CMAJ. 1988 Feb 15;138(4):336-8.
(PMID:15633238) World J Gastroenterol. 2005 Jan 14;11(2):303-4.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.